海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツで生活しよう!ドイツで生活するなら知っておきたい生活費

  • 公開日:
  • 更新日:
ドイツの自宅からの眺め

ドイツは日本に比べて物価の安い国です。もちろん住む地域によって多少の差はありますすが、全体的に見ての物価は、イタリアやフランスなどのヨーロッパ近隣諸国と比べてもグッと安くなります。

私は仕事の都合でスイスからドイツに移り住んだとき、生活費の安さに歓喜しました。この記事ではそんなドイツの片田舎で細々と独身ライフを送る私の、月々の生活費の割合をご説明します。

ドイツの家賃

私のアパートの家賃は月々260ユーロです。日本円にすると3万円強といったところでしょうか。

この中には水道代、暖房費、建物全体の管理費などの合計50ユーロが含まれており、一年に一度6月ころに、払い込んだ分の料金と実際にかかった分の料金が精算されます。

間取り

間取りは1Kで広さは20平米ほどです。キッチンが少々狭くは感じますが、立地と居心地は上々です。最初の2年間はこの年に一度の清算で、超過分の100ユーロほどを払い込んでいました。

ですが、スポーツジムに通い始めてほぼ毎日ジムでシャワーを浴びるようになってからは、ほとんど超過しなくなりました。ドイツは水道代が高いと言われているので、家でシャワーを毎日使うかどうかは大きな差になるようです。

ドイツでかかる交際費

スーパーで買える花々

※スーパーで買える花々

友人との付き合いでは、外に食事に行ったりするよりはホームパーティーに招かれる割合の方がずっと高くなります。ドイツの片田舎の私の町では、美味しいレストランを見つけることが困難です。

長期間美食の国イタリアで生活をしたことがある私には、不味いものにお金を払うという行為が苦痛になります。そのため、ホームパーティーの文化があってよかったなとつくづく思います。

誰かの家に招かれるたびに簡単な手土産を買っていきますが、スーパーで果物を買ったり、簡単な花束を見繕ったりと、気持ち程度の手土産で充分なので、その際の出費は3ユーロ以下です。

その他、友人や同僚の誕生日の度にプレゼント代としていくらか徴収されたり、友人とカフェに座って雑談したりする程度の交際費がかかります。月に換算するとだいたい30ユーロといったところです。

ドイツでかかる携帯電話料金とネット料金

携帯料金

私はプリペイド式のスマホを使っているので、チャージをしない月は携帯電話料金はゼロです。家にいるときも職場でもお気に入りのカフェでもWi-Fi環境が整っているので、スマホにネットはつけていません。

無料通話アプリでだいたいの用は済んでしまうので、チャージを行うのは数か月に一度、15ユーロ程度です。海外に行くときに、ドイツの携帯会社のチャージが現地ではできないので、念のためにチャージしてから出発するのが習慣になっています。

ネット料金

ネット料金は月々39.99ユーロを支払っています。

ドイツでかかる光熱費

電気代は今のところ月々23ユーロです。こちらも一年に一度、実際に使った料金と払った料金とが精算され、翌年の月々の振込額が決まります。私は仕事柄、家を空けることが多いので、年々支払額が減って23ユーロにまで下がりました。

ガスは使っていません。

ドイツでかかる食費

カフェ

※よく行くカフェ

自炊生活

私は基本的に一日三食自炊しています。美味しいレストランが周りにほとんどないことも大きな要因ですが、節約のためでもあります。外食は、ふと気が向いたときに朝ごはんを町中のカフェで食べる程度です。

ドイツでは野菜や果物がとても安く売られているので、季節ごとの食材を使って料理を楽しみます。食費は月々100ユーロ前後で済みます。

ドイツでかかる日用品費

コイン

※洗濯機と乾燥機に使うコイン

ドイツのアパートではよくある形態なのですが、アパート全体でひとつの洗濯機と乾燥機を共用で使います。専用のコインを投入して稼働するようになっていて、このコインは管理人さんから購入する必要があります。

このコインにかけるお金が月々20ユーロ程度です。その他日用品にかかるお金と合計して、ここでは月々50ユーロとします。

その他

飛行機

※飛行機移動はLCCで

私はオペラ歌手をしているため、ドイツ各地はじめヨーロッパ内でのオーディションに行くのに交通費がかかります。ドイツは鉄道のチケットも安いので、近場ならば大した出費にはならないのですが、遠出するときには宿泊費もかかります。

月に何度も出かける時期もあれば、まったく動かない時期もあります。12か月で平均すると、毎月の出費は100ユーロ程になると思います。また、趣味で服を作ったり絵を描いたりするので、その材料を買うのに少額ですが出費があります。

洋服は買うことも多いので、合計して月50ユーロとします。その他、スポーツジムに毎月39.90ユーロを払っています。

銀行の口座維持費も月々5ユーロかかります。

まとめ

このような内訳で、毎月の生活費は合計で697.89ユーロ(約9万725円)となりました。残りのお金は夏のバカンスや、年に一度の日本帰国のために貯金しています。

その他イレギュラーな出費などもありますが、私はお酒を飲まないこともあって、人よりお金を使わない方なのかもしれません。

ですが、ドイツ政府奨学金の学生への月々の支給額は750ユーロ程度ということなので、この記事で紹介した内容が、節約しながらの一人暮らしの平均的な生活費と言えると思います。※1ユーロ130円

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Azuceninaライター

投稿者プロフィール

オペラ歌手・メッゾソプラノ 2013年よりドイツ・トリーア市在住 イタリア、フランス、ドイツを中心に活動中

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. リクルートエージェント
  3. 旅行バッグ
  4. グッドポイント診断
  5. シティ
ページ上部へ戻る