海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【保存版】失敗しない!初めてのシェアハウス探しinオーストラリア

  • 公開日:
  • 更新日:
オーストラリア

オーストラリアは物価が高いとよく聞きますよね。実はそれって物価に限った話ではなく、家賃までもが日本に比べて割高な傾向にあります。

そのため、オーストラリアでは一人暮らしよりも一軒家や広いアパートに複数人で住むシェアハウスの方が一般的。

そこで、オーストラリアでシェアハウスを探す方法から、下見の申し込み方、契約時の注意までをまとめましたので、参考にしてください!

オーストラリアでの部屋探しとは

留学やワーホリでまず最初に苦労するのが家探しですよね。日本で探すのだって大変なのに、慣れないオーストラリアで部屋を探すのはかなりの労力を使います。

家賃は高め

オーストラリアは一人暮らし用の物件があまり多くなく、日本に比べてアパートの家賃は少し高めな傾向にあります。

シドニーやメルボルンだと1DKのアパートが安くても月$1,200くらいするので、学生やワーホリにはなかなか手が届ないのが現状です。

家賃を抑えるためにシェアハウス

でも実は、家賃の出費を抑えたい気持ちは現地のオーストラリア人も同じ。

そのため、この国では一軒家や広めのアパートを他人とシェアする、いわゆる”シェアハウス”という文化が浸透しているんです。

日本でシェアハウスを借りる場合は、シェアハウスを取り扱っている運営会社などを通して借りるのが一般的ですが、ここオーストラリアでは個人間で貸借りする方がまだまだ一般的。

それではまず、この国でのシェアハウスの探し方からご説明します。

オーストラリアでのシェアハウスの探し方

シェアハウス

オーストラリアでシェアハウスの部屋を探す方法は主に次の3つ。

Gumtree(https://www.gumtree.com.au/)、在豪日本人向けウェブサイト(https://sharehouse.in/)、そしてスーパーやバッパーにある掲示板です。

それではそれぞれの特徴について説明していきます。

Gumtree

Gumtreeはとても便利な掲示板サイトで、これ一つで部屋も仕事も中古車も見つけることができます。オーストラリアではこのGumtreeから部屋を探すのがメジャーです。

日豪プレスなどの日系ウェブサイト

オーストラリアで有名な日本人向けのウェブサイトは日豪プレス、チアーズ、Jams TVの3つ。

それぞれのサイトにはフラットメイトを募集できるページがあり、現地の駐在さんや永住者の方が「空き部屋貸します」と書き込みしていることが多いです。

英語力に自信がない方は、最初の数ヶ月は日本人の方から部屋を借りると安心でしょう。相場より安い物件もよく見かけますので、値段重視の人は日系サイトを駆使してみてください。

スーパーなどの掲示板

オーストラリアのほとんどのスーパーには掲示板があって、フラットメイト募集やベビーシッター募集などのチラシをよく見かけます。

パソコンが苦手な家主さんがこういった掲示板に手書きの貼り紙をする事が多いです。買い物に行った際は是非チェックしてみて下さい。

シェアハウスの下見を申し込もう!

気になる部屋が見つかったら、とにかくまずは下見の申し込みをしましょう。

下見は英語でInspection(インスペクション)と言います。日系サイトでは略してインスペと呼んでいますね。

実際にメッセージを食ってみよう

下見を申し込む際は下記の例文を参考にして、広告主に連絡してみて下さい。

件名:

I saw your ad on (広告を見たサイトの名前)

本文:

Dear Mr./Ms.(広告主の名前)

Hi, my name is(自分の名前), Japanese, (自分の年齢), Female/Male, student/worker.

I saw your ad on(広告を見たサイトの名前), and I’m very interested in this room.

If it is still available, can I come for inspection?I can come on any day after 5pm, if it’s ok for you.

I really hope to hear from you soon!

Best regards,

-(自分の名前)

と、こんな感じの簡単なメールで構いません。

たまに、実際に会う前に「部屋を押さえておくからこの口座番号に手付け金を振り込んでください」と言ってくる人がいます。

ちょっと考えてみてください。これ詐欺です!よくある手口なのでくれぐれもお気をつけください。

ちなみに、シドニーで部屋を探しているなら、日曜日に数件まとめてインスペするのがおすすめ

シドニーにはOpalカードというSuicaみたいなカードがあり、それを使うと日曜日は公共交通機関(バス・電車・トラム・フェリー)が1日$2.5で乗り放題になるんです。ありがたいですね!

シェアハウス下見当日

オーストラリア

下見の際は、下記の10項目を必ず確認しましょう。

また、後々トラブルに巻き込まれない為にも、やりとりの際の会話は全てスマホなどで録音した方が身の為です。

確認事項

  • 契約書は書面でもらえるか
  • 家賃の領収書は発行してもらえるか
  • 光熱費、水道料金は家賃に含まれているか
  • ネット回線は使い放題か
  • 退去の場合は何週間前に通告すべきか
  • 冷蔵庫のスペースは十分にあるか
  • 前に住んでいた人の退去理由
  • 家具や家電は付いているか
  • 契約期間内に退去した場合の違約金(でもこれは違法)
  • ボンド(保証金)は退去当日に手渡しで返金なのか、後日銀行振り込みなのか。振り込みの場合は退去後何日以内に振り込まれるのか

契約書は必ず用意

オーストラリアでは契約書を作らず約束だけで部屋を貸す人も多く、後々金銭面でのトラブルがおこりがち。契約書さえあればトラブル解決の際に役立つので、必ず用意してもらいましょう

もし相手が契約書を渡してこないようなら、自分で書いて相手にサインを書いてもらうのもアリです。

インターネット使用量の確認

また、オーストラリアでは未だにADSL回線を使っている家庭が多く、一ヶ月の使用量の上限が決められている場合もありますので、ネットの使用量は必ずチェックしましょう。

ちなみに筆者宅は1ヶ月5人で5ギガでした。これでは一日1時間程度しかネットできません。動画サイトや地図なんて見たら即アウトです。

ネットが使えるか否かは大事なポイントですので、下見の際に「Is internet unlimited?(ネットは使い放題ですか?)」と必ず確認しておきましょう。

そして晴れて部屋が決まったら、下見後に直接、もしくは後日改めて貸主にメールや電話で部屋を借りたい旨を伝えます。

部屋を抑えられることになったら、貸主にボンド(保証金)を支払います。これは礼金とは違うので、退去の際何も問題がなければ通常は全額返金されます。

いざシェアハウスへ引越し

部屋が決まったら、次は引越しの準備です。

留学やワーホリなど、短期で来ている場合は日本大使館に在留届を出す必要があります。住所が決まり次第(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/)から提出しましょう。

荷物が多くて車じゃないと引っ越せない!という方はuberを使うと便利。uberは、タクシーみたいに車を手配できるアプリ。

英語が苦手でも、目的地を入力すれば近くにいる車が来てくれるし、料金はuberのシステムが乗った距離に応じて自動的に計算してくれるから、ぼったくられる心配もありません。

まとめ

オーストラリアでも最近では管理会社が運営するシェアハウスも増えてはいますが、やはり個人間で空き部屋を貸し借りする方がまだまだ一般的

筆者も個人間で契約しましたが、退去時に光熱費のことで揉め事になって大変でした。

後々トラブルにならないためにも、契約内容は最初にしっかり確認しましょう。快適なシェアハウス生活が送れるか否かは、この一手間にかかっていますよ!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
WIMO

WIMO

投稿者プロフィール

オーガニック・エコフレンドリーな情報や、海外生活について発信しています

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る