海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカのロサンゼルスで日系企業の営業職として働く一日のタイムスケジュール

  • 公開日:
  • 更新日:
ロサンゼルス

アメリカ・ロサンゼルスに住んで約10年、日系国際輸送業者のセールス担当として働く筆者の一日のタイムスケジュールをご紹介します。

日々、お客様を訪問し企業間の輸出入の手配、輸送に関するアドバイスを行うことを主な仕事としています。

セールス・マネージャーで部門の責任者を任されていて、部下にはアメリカ人・台湾人・フィリピン人・日本人がいます。営業エリアは、ロサンゼルス近郊だけでなく、近隣国のメキシコまで月に何度か足をのばします。

今回は、普段ロサンゼルスで営業活動をしているときのタイム・スケジュールをご紹介します。

6:30AM : 起床・朝食

ロサンゼルスは全米でも交通渋滞がひどい地域で知られていて、通常であれば20分ぐらいで会社へ到着するところを1時間以上かかることもあります。その状況を考えて少し早起きをし、家族と朝食をとります。

朝食と同時に地元の朝刊を読んで仕事に役立ちそうな情報を入手するのが日課です。      

 

8:30AM : 会社に到着・メールをチェック

会社は基本9:00AM始まりですが、仕事の役割によって、6:00AM出勤のメンバーもいるので、到着時は既に社内は活気があります。

週に何度か持ち回りでドーナツを買ってきていたりするので、コーヒー片手に皆で食べながら会話をするところから始まります。

机に座ったら、メールを開き、世界中から受信した輸出入貨物の情報をチェックし、各顧客へ情報をシェアします。

海外就職求人サイト
海外就職

9:30AM : メンバーの一日の予定を確認

スケジュール

各セールスマンの一日の行動予定と各案件の進捗状況を確認します。アメリカでの営業はほとんど外出している場合が多いため、メンバー全員と事務所で顔を合わせる機会も週に1~2回です。

そのため、メンバーと直接会って話をすることは重要な時間となります。

10:00AM : 顧客訪問

顧客は日本人だけでなくアメリカ人もいるため、日本語と英語を使いわけ、新規の顧客へは新しいサービスの提案、既存の顧客へは現行サービスについてのフォローアップを行います。

ロサンゼルスは日系企業の顧客も多いため、日本人とのやり取りが多いのも特徴です。そのため、サービス面も日本式のきめ細かいサービスを要求されるケースが多いです。

12:00PM:昼食

面談後、昼食を顧客と一緒に食べるときもあれば、一人でファーストフードで簡単に食べるときもあります。ロサンゼルスは日本食レストランが豊富にあるので、食事には不自由しません。

事務所で勤務しているときは奥さんが作ってくれた美味しい手作り弁当を食べます。

01:30PM:顧客訪問

アメリカ

ロサンゼルスの営業は車での移動となるので、次のアポイント時間を計算しながら移動。午後のアポイントも01:00AMでは昼食を済ませてオフィスに戻っていないときがあるので、午後のアポイントは01:30PMからにしています。

ただ、昼食の後のアポイントは眠気に負けないよう注意が必要です。

03:00PM:オペレーションスタッフとの打ち合わせ

事務所に戻ったら、顧客と打ち合わせした内容を元にオペレーションスタッフへ情報をシェア。オペレーションスタッフの多くは6:00AM出勤で4:00PMで帰宅するため、帰宅時間を気にしながら、打ち合わせをします。

4:00PM頃になると帰宅ラッシュが始まり、フリー・ウェイ(高速道路)は混雑し始めます。

04:00PM:見積もり書・プレゼン資料作成

資料作り

顧客訪問時に依頼を受けた内容に基づいて見積もり書を作成します。また、近々訪問予定の顧客に対してのプレゼン資料についても作成します。

06:00PM:業務終了

業務終了時間になるとほとんどの社員は帰宅します。日本と比較すると残業する社員の割合というのは低く、帰宅後の家族との時間を重要視します。

筆者自身もこの時間になると帰宅し、帰宅後のプライベートの時間をエンジョイします。

07:00PM:帰宅・ジョギング

帰宅してすぐに行うことはジョギングです。この習慣は健康を維持するために約7年程前から身につけました。7年前はメタボに近い体型で今より約20キロ増の80キロの体重がありました。

当初はダイエット目的で始めましたが、徐々にジョギングにはまりだし、最終的にはフルマラソンを走るまでになり、今では3時間41分で完走するまでになりました。

08:00PM:シャワー・夕食

ジョギング後は、シャワーを浴びます。日本と違って湯船に浸かることはほとんどなく、シャワーで一日の疲れを癒します。シャワー後は、家族で夕食。

一日の中で一番楽しい時間で家族と共に夕食を食べながら、お互いの一日の出来事を話し合います。

10:00PM:仕事メールをチェック

夜になるとアジア各国が動き出すため、急ぎで返答を要するメールに対しては即返答をします。国際輸送の仕事は世界中と仕事をする必要があるため、常に時差を気にしながら仕事の段取りを組むことを心がける必要があります。

11:30PM:就寝

おおよそ7時間睡眠をとって翌日に備えます。

まとめ

アメリカでは、仕事と私生活のバランスを重んじますので、日本での生活と比較すると帰宅時間が早く自分の時間を確保しやすいと環境と思われます。

また、車通勤のため同僚と一緒にお酒を飲むということもほとんどありません。そのため、家族と一緒に過ごす時間が増え、生活の質が向上していると感じます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る