海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカの労働ビザ取得!想定外のハプニングも乗り越えてE-1ビザを取得した体験記

  • 公開日:
  • 更新日:
パスポート

外国籍保有者がアメリカに滞在するには、非移民ビザ、もしくは永住のための移民ビザが必要となります。

移民ビザとはいわゆるグリーン・カード(永住権)のことですが、非移民ビザは特定の目的を達成するために特定の期間のみ滞在が認められるビザで、観光客、学生、ビジネスマンが利用します。

筆者もアメリカへの赴任当初は非移民ビザを取得し滞在資格を得ましたが、アメリカで転職することになり、新たにビザの取得が必要になりました。ここでは、いかにしてそのビザを取得したのかをご紹介します。

※この記事は筆者の体験に基づくものです。最新の情報とは違っている可能性があるためご注意ください。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

アメリカで転職を決意、新たにビザが必要

ビジネス

非移民ビザにも種類がいろいろとあり、学生用のF-1ビザ、特殊技能者用のH-1Bビザ、企業内転勤者用のL-1ビザ、そして駐在員用のE-1・E-2ビザなどがあります。これ以外にもまだまだ非移民ビザの種類は存在します。

筆者が10年前に渡米したときは日本からの出向社員だったため、企業内転勤者用のL-1ビザを持ってアメリカへ入国しました。その後、数年たってアメリカ国内で転職の機会があり、ある会社へ入社する意思を固めました。

ビザ申請は会社サポートを受けながら自分で

アメリカ国内で外国籍保有者が転職するときは、転職先の会社がビザサポートをしてくれることが大前提となります。

出向社員として赴任するときは会社がしてくれたビザ申請手続きを、今度はすべて自分で行うことになります。また、ビザ申請費用に関してもすべて自腹です。

アメリカのE-1ビザ取得申請準備

転職先の会社からビザサポートを受けられることが確定し、E-1ビザを申請することになりました。

E-1ビザは駐在員用ビザで、基本的に5年ごとの更新が必要です。ただ、ほぼ無期限で更新でき、ミニ永住権と言われるほど優遇されたビザとして有名です。

日本への一時帰国と面接練習が必要

E-1ビザの取得には、在日アメリカ大使館(領事館)での申請手続きと面接が必要なので、アメリカ滞在中の筆者は日本への一時帰国が必要となりました。

基本的にE-1ビザの申請は移民弁護士を通して行います。必要書類はすべて移民弁護士が作成し、必要箇所のみ本人が記載するという流れになります。

ビザを取得する上で必要書類の提示以外に重要な手続きは面接です。当日、面接で領事から聞かれるであろう質問などは事前に移民弁護士からレクチャーがあり、予行練習のシミュレーションも行ってくれました。教わった後もしっかりと復習はしておいた方が良いです。

もちろん、移民弁護士から教えられた以外の質問も飛んでくるので、十分準備をしておいてください。

海外就職求人サイト
海外就職

アメリカのE-1ビザ申請中に想定外のトラブル発生

アメリカ

面接当日、必要書類を持参して在日アメリカ大使館を訪れました。開門前の早朝から並んだにも関わらずすでに長い列が正門前にできており、みな開門を今か今かと待ち続けていました。

しばらくして順番に大使館の中へ入ることになりましたが、またまたそこから順番待ちとなりました。そして待っている間、携帯電話でメールをチェックしていたとき、びっくりするような内容が目に飛び込んできたのです。

帰りの便にビザ発給が間に合わない?

メールの発信元は筆者が依頼している移民弁護士でした。ビザ発給システムに問題が発生し、回復するまでしばらく時間を要すると記されています。

ビザを取得するためにアメリカから一時帰国していたため、帰りの便もすでに予約済み。日本での滞在期間は約10日間と決まっていました。

面接も無事終了しましたが、ビザがいつ発給されるか分からないため、不安を抱えたまま大使館を後にしました。

アメリカのE-1ビザが無事に手元に届いた!

日本滞在期間も残すところあと3日、日々不安が増すばかりでした。それを過ぎてしまえば事前予約していた航空券が使えなくなります。費用面でさらに負担になる状況だけは避けたい……。

そんな風に緊張しながら過ごしていたところ、外出中に実家から電話があり、アメリカ大使館から何か郵便で届いているとのこと!中身を確認するまでもなくE-1ビザだと分かり安堵したことを覚えています。

そして予定通りのフライトで日本を飛び立ち、無事アメリカの大地を踏みしめることができました。

まとめ〜法改正にも気をつけながら慎重に準備を

ここ最近は、L-1ビザもE-1ビザも審査が厳しくなってきていると聞きます。そして、アメリカの移民法はたびたび更新・改正されます。

これからアメリカで働くことを目指す方、アメリカのビザ申請を予定している方は、常にチェックするようにしてください。そして、信頼できる移民弁護士を見つけて事前確認し、抜かりなく準備するようにしましょう。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】アメリカ就職を未経験からでもねらえる!転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る