海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

昼も夜も魅力が満載!エンターテイメントな街「ラスベガス」の楽しみ方

  • 公開日:
  • 更新日:
ラスベガス

留学中に学校に通って英語の勉強をするだけでなく、勉強した英語を実際に使用するのも大事なことです。

休暇をとって旅行することで、自分の英語力の変化を実際に感じる事もできます。なにより旅行でストレス発散もできるので、時間を作って行くのが良いでしょう。

私はカナダのバンクーバーに留学していて、アメリカに行くのには日本からよりも断然近かったため、学校の休みをとってアメリカへ旅行に行きました。

場所はロサンゼルス、サンフランシスコ、そしてラスベガスです。他の時期にシアトルにも行きました。

すべてバンクーバーと同じ北アメリカ大陸の西側に位置しているので、移動時間も短くとても行きやすかったです。シアトルに関してはバスで4時間ほどです。

今回はその中でも、私が一番楽しめたラスベガスの旅行について、おすすめの場所、お昼の観光などを記述していきたいと思います。

昼間もラスベガスを楽しもう!

ラスベガスといえば夜のイメージが強いですよね。ギャンブルやお酒、ネオンといったイメージが強く、観光名所も夜が綺麗なところが多いです。

なので昼間にすることがないように感じますが、実は昼間に楽しめるところも多いです。有名なグランドキャニオンもありますが、今回はダウンタウンから気軽に行ける範囲でのおすすめを紹介します。

ラスベガス

ラスベガスのメインの観光スポットはストリップ大通りと呼ばれる通りに沿って集まっています。なので観光に出かける前に、まずはここを往復しているバスの1日券を買うと良いです。

またここを走るバスはダウンタウンまで行くので、ダウンタウンにホテルがある場合は移動が楽です。一回券(2時間以内なら何度でも使用可)が6ドル、一日券は8ドルです。

サーカス・サーカス

まず紹介したいのが、とても有名な巨大施設”サーカス・サーカス”です。ここはホテルと併設していますが、ホテル宿泊者でなくても無料で入れます!

室内にはカジノとアミューズメントパーク、そして室内遊園地があり十分な時間を楽しめます。

特におすすめなのが、無料で小さなサーカスが30分おきに楽しめる点です。毎回同じ内容ではないので何度か繰り返し観て楽しめます。

室内遊園地も充実しており、山梨県の富士急ハイランドにある高飛車のような角度で落ちるジェットコースターも小さいながらありました。なにより涼しい室内は、砂漠の暑さから逃れられるので助かりました。

基本情報

  • 名称:サーカス・サーカス・ホテル & リゾート
  • 住所:2880 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Slots-A-Fun」もしくは「Circus Circus」で下車。
  • 営業時間:深夜まで営業*施設により異なる
  • 電話番号:+1 800-634-3450
  • 公式サイト:circuscircus.com

ファッションショーモール

ラスベガスのホテルには外見がインパクトあるものが多いですが、ショッピングモールの建物もとても豪華です。

”ファッションショーモール”というショッピングモールは、内装が本当に綺麗です。それでいてカジュアルなレストランもあるので、食事にも便利な場所です。

ファッションショーモール

さらなる見所は、室内で噴水ショーを行っていることです。もちろん無料で見られます!無料なのに迫力満点です。プロジェクションマッピングを使った演出もあります。ここも是非立ち寄りたい観光スポットの一つです。

基本情報

  • 名称:ファッションショー モール
  • 住所:3200 S Las Vegas Blvd #600, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Fashion Show Dr」で下車。
  • 営業時間:夜11時
  • 電話番号:+1 702-369-8382
  • 公式サイト:thefashionshow.com

コンテナー・パーク

3つ目はちょっとイレギュラーではありますが、”コンテナー・パーク”という公園です。ダウンタウンから徒歩でいける距離にあります。

コンテナー・パーク

建物がコンテナーを積み重ねているような作りになっていて、とてもユニークです。雑貨、ドリンク、ファストフードなどを扱っている個性的なお店が入っていました。

ギャンブルやショーなどのイメージのあるラスベガスの雰囲気とはまったく違い、静かでゆっくりできる公園なので是非立ち寄ってみてください。

基本情報

  • 名称:ダウンタウン・コンテナー・パーク
  • 住所: 707 Fremont St, Las Vegas, NV 89101 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りから徒歩10分
  • 営業時間:金〜土:夜1時 日〜木:夜11時
  • 電話番号:+1 702-359-9982
  • 公式サイト:https://downtowncontainerpark.com/

無料で楽しめる2大噴水ショー

ラスベガスは街全体がエンターテイメントです。観光客をもてなす施設が充実しています。中でも私の印象に残っているのは噴水ショーです。それも無料のです。かつては3つあった噴水ショーですが、今は2つとなっています。

ベラージオ

いちばん有名な噴水ショーは”ベラージオ”というホテルの前にある巨大な噴水で行われるショーです。なんと水柱が50メートルにも達すると言われている、迫力満点のショーです。

噴水ショーで使用される音楽は毎回違い、それに伴って水の動きも変わってきます。夜の方が綺麗ではありますが、昼のショーも違う動きをしますので何度も見て損はありません!

噴水ショー

ショーは夜12時に終わりますが、それまでの間は夜が15分おき、昼間は30分おきにやっています。もしかしたらスケジュールは変更になる場合もあるので、気になる方は調べてみてください。

基本情報

  • 名称:ベラージオ・ホテル・アンド・カジノ
  • 住所:3600 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Bellagio」で下車。
  • 電話番号:+1 888-987-6667
  • 公式サイト:https://www.bellagio.com/

ミラージュ

2つ目の無料噴水ショーは”ミラージュ”というホテルにある噴水で行われるショーです。特徴は、水と炎を使った演出だということです。

規模はベラージオのものと比べると小さいのですがこちらも人気が高く、見る場所はすぐに埋まってしまうので早めに良い場所を確保しましょう。

噴水ショー

日曜日〜木曜日は8時と9時の1日2回、金曜日と土曜日は、それに10時を加えた3回です。炎は結構熱いので、炎側の最前列にずっといるのは辛いかもしれませんのでご注意を。

基本情報

  • 名称:ミラージュ
  • 住所:3400 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Mirage」で下車。
  • 電話番号:+1 702-791-7111
  • 公式サイト:https://www.mirage.com/en.html

ラスベガスの3大ホテルめぐり

ラスベガスのホテルの外観はとてもユニークで、ホテルを見て回るのも一つの観光になります。たくさんあるのですが、その中でも特に有名なホテル3つをご紹介します。

パリス ラスベガス

これはフランスの写真ではなく、ラスベガスです。”パリス ラスベガス”というホテルの外観です。フランスの観光名所を詰め込んだ外観になっていて、内装も味があって綺麗でした。

ここのホテルで一番の魅力は、エッフェル搭に登れるということです。ここからの夜景は、私がこれまで見た夜景で最も美しいものでした。

ラスベガスの夜景

なんとここから、前述したベラージオの噴水も見降ろせるのです。とても贅沢な夜景が堪能できるので、絶対に行くべきおすすめスポットです。

ラスベガスの夜景

基本情報

  • 名称:パリス ラスベガス
  • 住所:3655 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • 電話番号:+1 877-796-2096
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Bellagio」で下車。
  • 公式サイト:https://www.caesars.com/paris-las-vegas

ニューヨーク・ニューヨーク・ホテル・カジノ

もっとも有名なホテルはこちらではないかと思います。自由の女神とホテルを周るジェットコースターが特徴的です。

ニューヨーク・ニューヨーク・ホテル・カジノ

ジェットコースターは14ドルで乗ることができます。昼は空いていて待ち時間がないこともありますが、夜は混んでいる時は30分以上待つこともあります。

それでも夜に乗ることをおすすめします。なんといっても夜景が綺麗だからです。少し高いですが、乗ってみる価値はありますよ!

基本情報

  • 名称:ニューヨーク・ニューヨーク・ホテル・カジノ
  • 住所:3790 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Monte Carlo」で下車後、徒歩3分。
  • 電話番号:+1 702-740-6969
  • 公式サイト:https://www.newyorknewyork.com/en.html

ルクソール

3つ目のホテルは”ルクソール”という、古代エジプトをモチーフにしているホテルです。ピラミッドの上から空に向かって光が伸びていて、遠くからもはっきり確認できます。

ルクソール

ホテルの形がピラミッドの形になっていてエレベーターが斜めに上がっていくというユニークな作りになっています。他の観光地からは少し離れたとことにありますが、行ける距離なので是非行ってみましょう。

基本情報

  • 名称:ルクソール
  • 住所:3900 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89119 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Luxour」で下車。
  • 電話番号:+1 702-262-4000
  • 公式サイト:https://www.luxor.com/en.html

食事はリーズナブルにおいしく食べよう!

海外旅行で迷うことの一つは食事じゃないでしょうか。ラスベガスにはビュッフェのお店がたくさんあります。もちろん高いところはクオリティが高いのですが、リーズナブルに美味しいものを食べられれば嬉しいですよね。

ガーデンコートビュッフェ

私がおすすめするのは“ガーデンコートビュッフェ”という所です。観光名所が集まる場所から離れているので、混んでおらず入りやすいです。ストリップ大通り沿いのバス停から徒歩で行ける距離です。

ランチは8.99ドルで食べ飲み放題と、リーズナブルなのに美味しいので驚きです。

基本情報

  • 名称:ガーデンコートビュッフェ
  • 住所:200 N Main St, Las Vegas, NV 89101 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Fremont Street Experience」で下車後、徒歩5分。
  • 営業時間:金〜日:夜22時 月〜木:夜22時
  • 電話番号:+1 702-387-1896
  • 公式サイト:http://www.mainstreetcasino.com/

シェイクシャック

2件目は世界中で人気のある、とても有名なハンバーガーショップ”シェイクシャック”です。お値段もお手頃で、カジュアルに食べる事ができます。ハンバーガーはもちろんですが、セットのポテトがクオリティ高いです!

ニューヨーク・ニューヨーク・ホテルのすぐ近くにあります。

基本情報

  • 名称:シェイクシャック
  • 住所:3790 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
  • アクセス:ストリップ大通りを通るバスに乗車。バス停「Monte Carlo」で下車後、徒歩3分。
  • 営業時間:夜2時
  • 電話番号:+1 725-222-6730
  • 公式サイト:https://www.newyorknewyork.com/

ラスベガス観光における注意点

ラスベガスの観光地にはパフォーマーが道端に沢山います。フレモント・ストリート・エクスペリエンスという観光名所と、ホテルベラッジオの前は、特に多かったイメージです。

スプレーで美しい宇宙の絵を描く人、お客さんの顔をその場で彫刻する人、マジックをする人など様々です。

彼らの傍にはお金の入っている箱があって、観光客はチップとしてパフォーマーにお金を渡します。これは義務ではなく、楽しませてくれてありがとうという気持ちで渡すものです。

ほとんどのパフォーマーは、私たちを楽しませようと本気でパフォーマンスをしてくれます。そして何より彼らはとても楽しそうに私たち観光客を歓迎してくれます。しかしその中で、少し怖い思いもしました

我慢して写真を一緒に撮ると…

ホテルベラッジオの前を歩いていたら、人気キャラクターの着ぐるみを着た二人がいました。私と友人はそのキャラクターにハイタッチをして前を通り過ぎましたが、その時に腕を掴まれ、一緒に写真を撮ろう!と言われました。

人混みの中だし特別写真を撮りたいとも思わなかったのでそのままスルーして行こうとしましたが、半ば強引に撮ろう撮ろう!と誘われ、写真を撮りました。

強引だけど愉快だな〜としか思っていませんでしたが、直後にチップを求められました。

私は、こっちが遠慮したのに強引に写真を撮った上にお金を取るなんて詐欺みたいだと思ったので、その要求は飲まずに友達と逃げようとしましたが、人混みでうまく逃げられず捕まりました。

彼らは着ぐるみの頭をはずして、睨みつけるようにお金を要求してきました。私はそのとき運悪く10ドル札しかもっていなかったのでそれをすぐ渡して逃げました。

話によると20ドルとられたという方もいたので、もしかしたらラッキーだったのかもしれませんが……。

こういった気分の悪くなるような事はおそらくまだまだあると思います。

レモント・ストリート・エクスペリエンスでは上半身裸の女性が、写真撮らない?と誘ってきます。おそらくそれも、写真を撮ってしまえばチップは強制でしょう。写真を撮りたくて撮ったのなら払うべきですが。

彼らにとってはそれが商売ではありますが、こちらは騙された気分になりますよね。私に予防知識がなかったのも原因ですが、そういうパフォーマーもいるので気を付けましょう。

まとめ

ラスベガスはギャンブルのイメージが強いですが、ギャンブル以外にもたくさんの魅力が詰まった街です。昼間も時間を余すことなく充実して過ごせます。

観光名所に行かずとも道端にはたくさんのパフォーマーがいますので、ただ歩いているだけで本当に楽しめる街です。

砂漠にあるので、日本ではあまり体感しないような温度です。水分補給はしっかりし、サングラスと帽子は必須でお出かけをしましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る