Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

シンガポールでの銀行口座の開設方法(DBS銀行)

シンガポールでの銀行口座開設あ

今回はシンガポールで就職、そして給料を受け取るにあたり必要な銀行の口座開設方法をご紹介します。日本でいえば郵貯のような存在のDBS銀行での口座を開設方法です。

シンガポール国内でもATMが圧倒的に多く、セキュリティもしっかりしているので、とても使いやすい銀行です。シンガポールで銀行口座を開く予定の方は参考にしてみてくださいね!

シンガポールで銀行口座を開設するメリットって?

シンガポールで生活していくには口座開設がマストですが、シンガポールに住んでいない方からもそのメリットが注目されているのです。

主要通貨のキャッシュカードを作れる

銀行にもよりますが、外国人が口座を作るよう銀行は、世界中に展開している大きな銀行がほとんどです。シンガポールの口座に入っているお金を、日本で日本円で引き出すことも可能です。

もちろん海外旅行に行ったときも、その国の通貨で引き出せるキャッシュカードを発行しておけば、現地でサクッと現地通貨を引き出すことができます。

投資家に有利な税制

シンガポールでは、利息収入に対する源泉徴収税が存在しません。利息はそっくりそのまま口座に振り込まれます。また、株式などの金融商品の売却益、不動産の売却益も非課税です。

よって、効率よく資産形成スピードを加速させることができます。もちろんシンガポールに居住していないのであれば、居住している国の税制に沿った申告が求められますが、それでもこの税制の違いは大きいといえるでしょう。

世界的な金融大国である

シンガポールは、金融大国として世界でも主要な地位を維持しています。そして、その地位は今後もさらに強まっていくことが考えられます。

以上の理由から、世界中の投資家からも熱い注目を浴びているシンガポール。口座を開設するにはどんな手順が必要なのか早速見ていきましょう。

アクセスが便利(非居住者)

銀行口座の開設の際には、シンガポールに赴くことが必要です。その点、日本からシンガポールへのアクセスはとても便利で、直行便も多く、時差もたったの1時間。

口座開設後はシンガポールに赴く必要はありませんが、何かトラブルがあった時にすぐに行ける距離、というのが利点の1つと言えるでしょう。

銀行口座開設をしてみよう

DBS銀行

まずは最寄り(もしくは一番使いやすい場所の)DBS銀行に行き、インフォメーションカウンターで口座を開きたい趣旨を伝えます。

この際特に予約等は必要ありませんので、ビジネスアワーに合わせて銀行へ行き、必要書類さえ満たしていれば問題なく口座開設は可能です。

まずは整理券を取り順番を待ちます、そして番号が来たらカウンターへ行く、この流れは日本と同じでなので安心して行えますね!

DBS銀行の支店一覧

支店一覧はこちらです。

DBS銀行の地図

参照:http://www.dbs.com.sg

シンガポール内にたくさんあります。通常のATMで引き出しをするだけであれば手数料等はかからないので、そこまで支店にはこだわらなくて良いかと思います。一番便利なところで開いてみてください。

整理券の受け取り方

日本での整理券のように、発券機のボタンを押して出てきた紙に番号が書いてある……だととても便利なのですが、DBS銀行の場合、支店によってはSMSで整理番号を受け取るケースもあります。

まず、支店内の看板などに書かれている番号に”Q”とSMSを送ります。支店ごとに番号は異なりますので、直接確認しましょう。

返信が返ってくると、いくつかの選択肢が書かれています。個人の口座開設の場合は、「Account Opening-Personal」を選択し、該当する番号を返信しましょう。

再度返信が返ってくるので、その中に書かれている整理番号をチェックし、番号がコールされたカウンターに行けばOKです。

必要書類

  • パスポート
  • シンガポールで発行されたIDカード(Employment card)
  • 郵送されたオフィシャルレター
  • デポジット(現金1000SGD以上)

郵送されたオフィシャルレターはMOM(Ministry of Manpower/ シンガポールの労働省)から届いた手紙などを持っていきましょう。この他には光熱費の請求書や電話、クレジットカードの請求書でもいいそうです。

DBS銀行は、インターネットで振込を行う際でも必ずTAN認証が設けられているので、アジア、オセアニアの中でもきちんとしたセキュリティシステムを持つ銀行です。

1,000SGD持って行くのがポイント

もちろん、きちんと必要書類を持っていけば、簡単に口座開設ができるところも魅力です。口座開設時にデポジットが必要となりますので、この点だけは注意が必要です。

1,000SGD程度持って行くのがおすすめです。これは1,000SGDないと口座が開設できないわけではなく、維持費がかかってしまうためです。

その他の銀行について

シンガポールではDBS銀行の他にもPOSBという銀行も人気です。他にもUOB、OCBCがシンガポールの銀行、その他はオーストラリア系のANZ銀行、英国系のHSBC、日本の銀行もシンガポールには多数進出しています。

インターネットバンキングが普及したことにより、日本在住の方もシンガポールに口座を開設される方も多く、投資目的など活用方法は多岐に渡るようです。

公用語が英語、セキュリティがしっかりしている、金融商品が豊富、などの理由から注目を浴びています。

まとめ

シンガポールはさすがにビジネスの街だけあって、銀行口座の解説手続きを始め、さまざまな手続きがスムーズです。今回は基本的な銀行口座の開設方法についてご紹介しました。

シンガポールでの銀行口座の解説は特に難しいことはないので、必要資料を持って行ってみてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

シンガポールで海外就職しよう!日系企業の求人と仕事の探し方

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る