Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

失敗しない!セブ島の交通機関の料金と利用方法(タクシー、トライシクルとジプシー)

フィリピン・セブ

フィリピンのセブ島へやってきたあなた。気温も暖かく、1年中常夏気分を満喫できる素敵な場所です。そんなセブに来る方たちに気を付けてほしいのが「移動手段・交通手段」です。

セブには電車もなければバスもなく、信号もほとんどありません。車が走る中道路を横切る人を見て驚くこともあると思います。

今回はセブの交通機関を紹介したいと思います。
(1ペソ=2.4円 / 2016年現在)

日本人や観光客の味方!タクシーの乗り方

セブでのタクシーの乗り方

セブで一番安全な乗り物は間違いなくタクシーです。初乗りが40ペソ(約96円)でメーター制で支払いをすることになります。

気持ちよく乗れた際はチップも弾んであげるとドライバーが喜びます。チップはだいたい料金の10パーセント程度で相場です。

タクシーはぼったくりが多いの?

安全は安全なのですが、フィリピンでは度々タクシードライバーからのぼったくり事件が起きています。タクシーに乗る際には必ずメーターを起動させているかを確認しましょう。

悪質な場合だと、メーター料金にプラスして追加料金を要求してきたり、メーター起動無しで運転し到着時に結構な金額を請求するドライバーもいます。

初めての観光で来た方はそのまま言い値で払ってしますことが多いようです。しかし、ぼったくり料金に対して「ノー」と言って、正規の金額を渡してさっさと下りれば問題ないでしょう。

欧米人の支払現場を見たことがある人は分かると思いますが、結構な勢いで文句を言って、金だけ渡して下りてますよね。あんな感じでいいと思います。あとは場の雰囲気を読んで上手いこと対応してみてください

すべてのドライバーがぼったくるわけではありません。日本人や観光客に親切な人も当然いますが、一部のドライバーのせいで嫌な気分になるのも避けたいですよね。

フィリピンに限らず東南アジアではぼったくりが多いので注意が必要です。備えあれば憂いなしです。

タクシーに乗るときに注意すべき点

ぼったくり料金以外にも、タクシーを利用するときに注意したいポイントがいくつかあります。

まず、乗るときにドライバー以外の人が乗っていないかよく確認しましょう。ドライバーと共謀して、発車後に姿を現し、武器などで脅して貴重品を奪っていくというケースも発生しているからです。

また、大きなお札で支払いをするとお釣りがないと言われる場合もあります。100ペソ札を多めに準備しておくか、乗車前にお釣りがあるか尋ねてから乗るなどの対策が必要です。

カラーによって違いはあるの?

空港から市内に向かう時に利用するのがイエローのタクシーです。通常、エアポートタクシーとして利用されています。

目的地まで正確に送り届けてくれる安心感があり、初乗りは70ペソと少し高めの値段設定ですが、外国人は大抵こちらを利用します。

ホワイトのタクシーは、地元の人も使う一般的なタクシーです。サービス面では上述のイエローのものと変わりませんが、値段は安めで初乗りは40ペソからです。

空港から市内に向かう際にも、出口から少し歩きますがホワイトのタクシーに乗ることができます。

出口を出て右に歩いていきましょう。

空港やショッピングモールのタクシー乗車場では、乗車前に係員がタクシー会社名、登録ナンバーを記したクレーム対応フォームを渡してくれます。

もし何かしらのトラブルが生じた場合は、担当する役所に連絡ができるというものです。トラブルの予防のためにも、忘れずに受け取りましょう。

住民が一番使う乗り物!ジプニーの乗り方

セブのジプニー

セブ住民にとって一番身近な乗り物がジプニーです。ジプニーはバスのような乗り物ですが、停留所などはなく、道端で手を挙げて乗り、降りるときは自己申告制で降りる乗り物です。

天井をたたいたりドライバーに声をかければジプニーを止めてくれます。

1回の料金は?

ジプニーは距離や時間は関係なく1回7ペソでドライバーまたはドライバーのアシスタントに料金を払うシステムです。

支払いのタイミングは個人の自由になっています。ジプニーは「04L」「13B」などとルート別に走っているので、車に行先を確認して乗ってみましょう。

やっぱりスリが多い?

とても安くて便利なのですが、ひったくりやスリなどのトラブルが多発しています。深夜の利用や一人での乗車などには十分注意しましょう。(日本式で財布などを後ろポケットにいれないように)

ジプニーは数多く走っているため、長時間待たずに乗ることができます。どこまで乗っても7ペソという格安な点が魅力的ですが、椅子がかたく20分も乗っていると腰が痛くなります。あまり衛生的でもないため、用途に合わせて使うことをおすすめします。

セブ島のバイクタクシー

日本ではあまり見慣れないバイクタクシーですが、タクシーよりも安く、ジプニーが走っていない場所や混雑しているところでも気兼ねなく利用できるところが人気のポイントです。

料金は?

距離により値段は違いますが、基本的に交渉制となります。

外国人が利用する場合、タクシー料金の半額~70%程度が目安のようです。市内を5分程度移動するときに40~50ペソで話を決めることができれば、交渉がうまくいったと考えていいでしょう。

ドライバーの後ろに乗るため荷物が多い方や天気が悪いときには不便ですが、どこでもつかまえやすいので地元の人たちにはとてもポピュラーな乗り物です。

いいところは?

観光スポットであるTOPSにはバイクタクシーでしか行くことができません。また、辺鄙なところに行く際もバイクタクシーは早くて便利だと思います。

バイクタクシーはしつこいぐらい営業力が半端ない

バイクタクシーはモールやオフィス街など人の集まるところには必ずいます。呼び込みがとてもしつこいので、街を歩いていたりするとバイクで追いかけてきたりします。

しつこい勧誘にははっきり断るようにしてください。曖昧な返事をするとどこまでもついてきます

はっきりと「ノー」と言うことが大切です。

ドライバーは一人でも多く、少しでも多く稼ぎたいので、バイクタクシーを利用をする場合は必ず料金を確認しましょう。中には観光客を狙って高めの料金(俗にいう観光地価格)をふっかけてくる人もいます。

注意した方がいい点は?

乗車する際はヘルメットをしないでバイクに乗る場合が多いので、心配な人は乗らない方が無難です。

現地の人はかなりスピードを出すため、乗車前にゆっくり走るようにお願いする方がいいと思います。

セブ島のトライシクル

セブ島のトライシクル

セブ島のマクタンでは多く見かけることのできるトライシクル。トライシクルとはバイクに荷台・シートがついた乗り物です。乗客はそのサイドシート、またはドライバーの後部座席に乗ります。

料金は?

セブ市内ではあまりみることができませんが、こちらも生活をする上では欠かせない乗り物です。1回7ペソで最高6人までが乗ることができます。

のんびり移動したい人向け

人数が集まると発車をします。逆に人数が集まらないと動かないので、どちらかというとのんびり移動したい人向けの乗り物です。こちらも降りる際は自己申告制です。

アミューズメントパークにあるアトラクションに乗ってるような気持ちになれる乗り物です。あまり長距離の移動はできませんが、安さが魅力の一つです。

まとめ

セブ島は電車がなければ時刻表もないので日本人にとってはギャップを感じることが多いかもしれません。帰宅時のラッシュや週末の夕方などに渋滞がよく起きるので時間やお金の条件を考えてうまく乗り物選びをしてみてください。

日本円にすればどれも数十円から数百円など本当に安いものばかりです。上手に安全に利用して楽しいセブ生活を送ってくださいね。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る