海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

【シンガポール求人】シンガポール転職を未経験でもねらえる!転職サイトまとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
シンガポール求人サイト・転職サイト

シンガポールで働きたいと思った時に思い浮かぶのは、シンガポールの求人を扱う転職サイトや転職エージェントについてではないでしょうか?

検索するとたくさんの転職サイトが出てくるので、どこのサイトがいいのか迷うものです。

今回は日系企業や外資系企業の現地採用、海外駐在員としてシンガポールで転職することを前提におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

また、シンガポールで実際に働くときに気になる給料や生活費など、シンガポール転職体験談をもとに声をまとめてみました。ぜひ参考になさってください。

記事の目次

シンガポール転職のはじめかた。シンガポール求人、英語・中国語や経験有利?

東南アジアの金融都市シンガポール。日系企業や外資系企業の多くが、ヘッドオフィスをここシンガポールに構えています。

シンガポールは日本語のみでの転職もありですが、待遇や給料など下がってしまうことも多いです。「英語・中国語」や「業務経験」、そして社会人経験があるとシンガポールでの転職もスムーズになります。

経験、知識、スキルを活かした仕事ができるのがシンガポール転職です。

シンガポールという好きな国で働きたいのはもちろん、それが今後のキャリアにもプラスになると安心です。そして、未経験からでもシンガポールに挑戦できるので安心してください。

【すぐに転職サイトをみたい方はこちら】

シンガポール求人を探せる、おすすめの転職エージェントとは

シンガポールへ転職するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。今後のキャリアを考えると、転職先はしっかりしたところが求められます。

より良い条件でシンガポール転職を成功させるためには、自分に合った転職サイトの利用は必須です。

大手の転職エージェントであれば、以下のようなメリットがあります。

  • 無料で利用できる
  • シンガポール向けの求人がある
  • 大手企業のしっかりした求人がある
  • シンガポール駐在(海外駐在員)の求人がある
  • サポートを受けられる
  • 経験が豊富である

また大手であれば、ローカルな求人サイトよりも転職トラブルなどのリスク回避にもつながります。しかも、転職エージェントの利用は無料で登録は3分程度です。

シンガポール求人を探せる転職エージェント、利用時注意点

転職エージェントによって扱っている求人も違いますし、得意な業界も異なります。

求人に対するアンテナを張って、「自分のやりたい仕事」を見つけてください。

ポイント

どの転職エージェントがいいか迷う人は2つ〜3つほど登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大切です。シンガポール転職の基本は、求人に関する情報を集めることです。 

今回は以下のポイントにそって転職サイト・転職エージェントを紹介していきます。

  • 未経験から幅広く求人を探す
  • 海外駐在員案件に強い
  • 外資系企業案件に強い
  • 大手企業からオファーを待つ
  • 複数の転職エージェント・サイトを比較する

それでは、各転職エージェントの特徴を解説していきます。

未経験でもシンガポール転職なら!:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント求人案件数や決定数が業界内でナンバーワンのエージェントです。これからシンガポールで働いてみたい!キャリアを積みたい!という方も安心して利用できます。

海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、シンガポール転職を考えている方はまず登録をしてみるのもよいでしょう。

大手のため数多くの転職コンサルタントが在籍しています。担当者によって考え方やサポートが異なることもありますので、Spring転職エージェント(アデコ)などと併用し比較しながら仕事探しをするとよいでしょう。全て無料で利用できます。

シンガポール駐在員をねらうなら!:JACリクルートメント

jacリクルートメント

  • おすすめ度:★★★★★
  • どんな人向け?:語学力がある、大卒以上、30代以上、年収600万円以上
  • ポイント:シンガポール駐在員、外資系企業に強く海外を目指すなら登録必須
  • 組み合せ:JAC Recruitmentビズリーチ

シンガポール駐在とは日本採用でシンガポール勤務をする会社員のことです。

シンガポールの求人を探すなら外すことができないのがJAC Recruitment。国内だけでなく、海外に8拠点を持つ海外転職エージェントです。

「社宅付き駐在」や「外資系企業」…実にさまざまな案件

外国語を使った仕事や外資系企業、シンガポール転職(シンガポール勤務・シンガポール駐在員)をしたいなら絶対にチェックしてほしい転職エージェントの一つです。「社宅付きのシンガポール駐在案件」から「外資系企業の案件」までさまざまな求人があります。

とにかく早いレスポンス

特にお問い合わせに対してのレスポンスの速さは際立っています。問い合わせすれば24時間以内に回答あるのが基本なので、情報収集に役立ちます。

ページへ進むと「転職コンサルティング申込」と書いてありますが、面談必須ではなく通常の会員登録です。登録は3分程度、すべて無料で利用できます。

【JACリクルートメントの海外拠点】

  • イギリス
  • シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア
  • 韓国、中国、香港
  • その他地域にもグローバルに多数の案件

シンガポールで外資系企業!:Spring転職エージェント(アデコ)

spring転職エージェント

シンガポールの外資系企業へ転職をねらうなら、ぜひ登録しておきたいのが、Spring転職エージェント(アデコ)です。

Spring転職エージェント(アデコ)は世界展開をしているエージェントです。世界中に拠点があり、その数は5,100拠点にも及びます。

外資系の案件も多く、多数の非公開求人を扱っています。

シンガポール、即戦力としてオファーを待つなら:ビズリーチ

bizreach

  • おすすめ度:★★★★★
  • どんな人向け?:語学力がある、大卒以上である、30代以上である
  • ポイント:職務経歴書まで詳しく記入することで大手企業からオファー
  • 組み合せ:ビズリーチJAC Recruitment

ビズリーチは自分で求人を探すハイクラス転職サイトです。

シンガポール勤務、外資系企業、専門職や管理職など、豊富な求人があります。シンガポール転職と聞くと「給料アップ」や「高待遇」での案件は、なかなかないというイメージが強いかもしれません。ですが、ビズリーチでは他のエージェントと比べると高額な好条件の案件が多数あります。

また、良いオファーを待つなら「職務経歴書を詳細に書く」ことをおすすめします。

職務経歴書の記入は5〜10分程度で済み、詳細であるほど大手企業や優良企業からの注目され、年収アップにつながります。

収入アップやキャリアアップを目指したい方におすすめの求人サイトです。

あわせて登録おすすめの転職エージェント

リクナビネクスト

リクナビネクスト

  • サブで登録したい:★★★★★
  • ポイント:スカウト登録、グッドポイント診断が非常に便利

転職サイトとしては日本一の会員数のリクナビNEXTは非常に信頼度が高いです。リクナビNEXTは匿名で気軽に転職活動を始められ、自分で求人を選んで申し込めるという点がポイントです。

他の転職サイトと併用しながら、リクナビNEXTを利用する方が数多くいます。

また、スカウト登録が非常に便利です。積極的な転職活動が難しい状況であればスカウトを待ち、いい条件の時だけ転職するという利用の仕方もおすすめです。また、無料で自己分析できるグッドポイント診断などの転職サービスも上手に使うのがポイントです。

海外求人マッチングサイトGuanxi(グアンシー)

海外求人マッチングサイトGuanxi

海外求人のみに特化した「海外求人サイトGuanxi」は、充実したスカウト機能が大きな特徴です。プロフィールを詳細に記入すると、興味を持った企業からオファーがきます。

登録も1分程度なので、登録だけしておき海外の企業からスカウトのオファーを待つという使い方がおすすめです。

シンガポール転職、まず希望や譲れない条件をはっきりさせる

転職サイトに登録すれば、あとは待つだけ?そうではありません。転職サイトのエージェントを使う目的は、理想の求人(理想に近い求人)を見つけてもらうことです。

まずは自分の譲れない条件、希望の条件を箇条書きでもいいので書き出してみましょう。

自分の希望(例)

  • シンガポールで働きたい
  • 日系企業よりも外資系企業がいい
  • 英語を使って働きたい
  • 労働環境の良い現地採用で働きたい
  • ビザサポートは必要
  • 年収は700万円以上を希望
  • 社宅付き

などなど希望の条件はあるはずです。

エージェントもあなたの希望がわからないことには、求人の紹介ができません。まずはどんな希望であっても正直に伝えることが大切になります。

シンガポールの転職エージェント・サイトよくある疑問
 

ガンコちゃん
求人サイトと転職エージェントとの違いは何ですか?
ガンバくん
求人サイトは、求人情報の掲載を行い、具体的な転職サポート(履歴書の添削や求人の紹介)はないんだ。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーが担当者としてサポートを行う。無料で相談ができるし、求人の紹介、履歴書の添削、スケジュール管理、面接対策などのサポートもしてくれる。サイト上には掲載されていない非公開求人の情報を教えてもらうこともできるよ。

ガンコちゃん
転職時期がはっきりと決まっていないけど、利用してもいいですか?
ガンバくん
もちろん問題ないよ。将来的な転職も含めて、少しでも気になったら登録して、担当者に転職に関する相談をしたらいいよ。話をしながらご自身のキャリアプラン・ライフプランを考えられるし、いい機会になると思う。
ガンコちゃん
複数のエージェントに登録してもいいですか?
ガンバくん
もちろん!エージェントは複数利用しよう。多すぎても登録がめんどうなので、2つか3つ程度が良いかな。

エージェントにも特徴があるし、とりあえず登録。そして、しっくりくるエージェントをメインに使えば効率よく転職活動が進められるよ。

ガンコちゃん
転職が決まるまで、どれぐらいかかりますか?
ガンバくん
早い人で2週間程度、長いと3ヶ月程度の期間が目安かな。転職活動を始める前に転職エージェントから情報収集をしておくと、転職期間も短くできるよ。

シンガポール求人探し、転職エージェントを使うメリット

パソコン

転職コンサルタントに相談できる

シンガポール向けの転職サイトを利用するメリットは、まず何と言っても担当の転職コンサルタントに相談できることです。特に初めてのシンガポール転職だとわからないことがたくさんあります。そんな時に気軽に相談できる転職コンサルタントは力強い味方になるはずです。

面接の対策や合格傾向などを把握することができますし、一人では何かとつまずきやすくなる転職活動も心細くなりません。

給料の交渉を任せられる

自分自身で給料や年収、待遇の交渉をするのは大変です。特に仕事開始前に自分から要求し気まずくなるのは避けたいところ。転職サイトを使えば、面倒な給料交渉も行ってもらえます。

もちろん、思い通りにいかない場合や交渉できないケースもありますが、自分でやるよりもプロのエージェントに任せる方が安心できます。

非公開求人に応募できる

大手企業には転職サイトのみに公開し、一般には非公開の求人があることはめずらしくありません。

世に出回っていない求人に応募することができるのも転職サイトを利用するメリットといえるでしょう。

予定の管理が楽になる

転職サイトを利用すると多くの求人の予定管理をしてくれます。

仕事をしながらの転職活動はスケジュール管理がなかなか大変です。しかし、転職エージェントが行ってくれることで心に余裕もでき、転職活動により集中することができます。

無料で利用できる

リクルートエージェントなどの転職エージェントは、すべてのサービスを無料で利用できます。タダで転職サービスを使えるというのは大きなメリットです。

上手にサービスを活用し、最大限のメリットを享受してください。

メリットまとめ

  • 転職コンサルタントに相談できる
  • 給料の交渉を任せられる
  • 非公開求人に応募できる
  • 予定の管理が楽になる
  • 無料で利用できる

シンガポール求人探し、転職エージェントを使うデメリット

転職エージェントは一人でも多くの人に採用通知を渡すのが仕事です。

学歴や経験などから判断され。応募できる会社が絞られてしまうケースがあります。エージェントを利用する場合は担当者の話を聞きながら、自分にとって最適な提案なのかを見極める必要があります。

採用成果を優先し、合格できそうな求人をすすめられる場合もあります。

自分にとって何が大切かを考えながら対応していきましょう。

転職エージェントによって得意分野が異なる

転職エージェントは会社によって得意分野が違います。その得意分野を基本にした求人先の提案になるので、利用者の希望とうまく重なれば順調に採用まで決まります。

デメリット

  • 担当者によって提案の当たり外れがある
  • 転職サイトによって得意分野が異なる

こういったデメリットを避けるために選択肢を広げて、複数の転職サイトに登録するようにしましょう。

シンガポール求人向け転職エージェント、上手な使い方

シンガポール転職の場合も、一般的な国内の転職サイトと利用方法は変わらないことがほとんどです。日本にいながらシンガポールの会社へ応募ができる、それが転職エージェントの何よりの強みです。

未経験でも転職コンサルタントに相談をしながら、希望の業界や職種などを決めることができます。

スカイプやメールで自由に相談

転職エージェントとメールやスカイプやラインなどの方法で相談をすることが可能です。現在仕事をしている場合だと、時間を割くのはなかなか難しいはず。これなら、出向く必要もなく時間を有効に使うことができます。

スケジュール管理を任せる

ご自身で行っている面接スケジュールなども、担当スタッフに情報を共有しましょう。そして、せっかく担当スタッフがいるのですから、CV作りなども意見を聞きながら作るのがおすすめです。

上手にエージェントを利用することで、転職への不安がなくなります。また、時間を効率的に使えるので、エージェントが代行してくれることはどんどんリクエストするのが望ましいです。

シンガポール転職、「なぜシンガポールに?」を再確認しよう

転職エージェントを利用する際に大事なのは、「なぜシンガポールに転職をしたいのか?」を明確にすることです。転職コンサルタントは、プロフェッショナルです。職務経験を見ただけで、その人の働きぶりまでわかる方もいます。

また、なぜ仕事を辞めたのか、辞めるのかなども重要です。シンガポールへの転職を目指す人の多くが、転職エージェントサービスに登録をしています。ライバルたちの一歩先へいくためにも、目的やビジョンをしっかり持つことが大事です。

「本気で転職をしたい人」がサポートを受けて転職をしていきます。

転職エージェントの登録前に、シンガポールでどんなことがしたいのか考えてみることが大切です。

シンガポール転職、メリットとデメリットは?

ここで、シンガポールで仕事をすることのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

メリット

  • 1. ビジネス英語ができるようになる

シンガポールのビジネスシーンでは英語が原則。実践で使い続けることで、英語力の向上も期待できます。

  • 2. 世界と繋がりができる

シンガポールには、海外から移住した富裕者や有名人がたくさんいます。小さな国なのでこれらの人と自然に繋がりができ、将来仕事に役立つことも。

  • 3. アメリカに移住するチャンスもある

支店をシンガポールに置くアメリカ企業に転職し結果を出せば、アメリカ本社に異動できる可能性もあります。

デメリット

  • 1. 起業するのが難しい

シンガポールは学歴が重視されるキャリア社会です。起業するよりも転職を通して待遇アップを目指す傾向が強いです。

  • 2. 日系企業の場合キャリアアップできないこともある

現地採用として日系企業に勤務する場合、基本的には駐在員の下で働くことになります。グローバルな環境を希望するなら、外資系企業の方がよいでしょう。

  • 3. 雇用契約が終了するとビザが失効する

会社との雇用契約が切れればビザが失効し、滞在することが不可能になります。

  • 4. 日本に適応するのに苦労する

グローバルな環境に慣れると、日本の感覚に合わせることが難しくなります。

シンガポールへの転職、なぜ人気?なぜおすすめ?

アジアの中でもシンガポールへの転職が人気の理由は4つあります。

1. キャリアアップしやすい

世界の大手企業が東南アジアのハブとして、シンガポールに拠点を置くケースがめずらしくありません。本社への異動が実現しやすい環境であり、また他社からヘッドハンティングされる可能性もあります。

2. 英語と中国語でビジネスができる

シンガポールで働くなら英語が共通語です。そしてシンガポールに住む華僑も多く、中国語が必要となることもあります。英語と中国語のスキルを身につけ、世界のどこへ行っても求められる人材としてステップアップできるといえます。

3. 優秀な人材とコネクションができる

ビザの壁を乗り越えて海外で働くためには、人脈も大切です。将来どこかで転職や起業することも描いているなら、シンガポールに住む華僑や投資家と繋がりをつくっておけば、将来役立つかもしれません。

4. 住みやすい

英語が通じる、交通機関が整備されている、治安が比較的良い、日本食があるなど、住みやすい環境が整っています。

英語力いかんで就きやすい職種も変わりますが、一般的には日本のビジネス習慣を理解していることが求められる仕事が多いです。

シンガポールで働く、現地の生活費が知りたい!

仕事が決まり、次に気になるのは生活費。シンガポールの日系企業に現地採用された20代女性社員の1ヶ月の例を「シンガポールで生活!滞在者が物価や生活費、家賃から外食費まで全部教えます」からご紹介します。

  • 家賃:800シンガポールドル〈以下ドル表記〉(約6万5,000円)
  • 食費:160ドル(約1万3,000円)
  • 交通費:100ドル(約8,100円)
  • 電話代:30ドル(約2,500円)
  • インターネット:0ドル(家賃込み)
  • 光熱費:0ドル(家賃込み)
  • 生活費合計:1,090ドル(約9万円)

日本円にすると合計10万円内に収まっていますが、人によっては交際費がプラスされるかもしれません。

シンガポールで生活するにあたり、もっともネックとなるのが家賃で、東京並みと考えておいた方がいいです。また、レストランで食事をした場合も高くつくため、自炊中心にすれば上記の金額に抑えられます。

インターネット代や光熱費は、家賃に含まれているかどうかを必ず事前に確認するようにしましょう。やりくり次第では、貯金も可能です。

シンガポール現地採用社員・駐在員の給料と暮らしぶり

実際にシンガポールで働いたら、どのくらいお給料がもらえて、どんな生活になるのでしょうか。

現地採用と駐在員、かなり差が開く給料事情

日系ベンチャー商社で海外営業職兼シンガポールオフィス設立サポートのセールスマネージャーをしていた社員の場合「シンガポール就職!日系商社で働くなら知っておきたい現地採用の給料」、月給3,800ドル、約30万円でした。※1シンガポールドル=約80円(2017年6月)

この額は、現地採用としては一般的です。この記事の方は新卒採用のため、経験者であればより高くなるでしょう。

駐在員として勤務する場合は約10,000ドル(約80万円)を前後の方も多いため、社会人経験やスキルのある方は駐在員ねらいがおすすめです。

少しのやりくりで旅行や貯蓄も十分可能

現地採用社員の場合は交通費や家賃の補助はなかったものの、住居費と食費を抑えれば十分やりくりできます。また、週に一度お手伝いさんに掃除や洗濯をお願いするゆとりもあったそうです。

また、一年を通して常夏のため服飾にかかるお金も少なく、月々の貯金額は10万円ほど。毎年、日本への一時帰国や東南アジアへの旅行も楽しめていたので、むしろ余裕のある生活と言えるかもしれません。独身なら、現地採用でも十分に暮らしていけそうです。

シンガポールでの働き方は?

シンガポールの外資系企業で働く社員の1日「30代から転職へ!シンガポールの外資系企業で働く私のある1日」をご紹介します。

出勤

朝は7時に起床し、公共交通機関で通勤。シンガポールはMRT(地下鉄)やバスがきちんと整備されているため、車通勤の人は少数です。

職場近くに到着すると、定番のカヤトーストなど朝食を買ってオフィスへ。9時に始業しますが、朝ごはんを食べたりコーヒーを淹れたりとロースタートです。ただ、これが有意義な情報交換の時間だったりもします。

ランチタイム

12時になると、同僚と周辺の食事処でランチ。オフィスへ戻った後、お互いに「ご飯食べた?」と声を掛け合うことが定番です。

午後は2時から、残業もなし

午後は、全員ランチが確実に終わっている2時から本格稼働。来客対応や他社訪問もこの時間から始まります。午後4時を過ぎると、オフィス全体が静かに。終業までに終わらせようとみんな作業に集中するからだそうです。

そして午後6時には一斉に退社。少し残って作業していると、早く帰るよう促されます。

終業後、それぞれの時間を大切にするのが当然

仕事が終われば自由時間。運動したり、友人と飲みに出かけたり、まっすぐ家に帰ったりと、それぞれの時間を大切にしています。その時間があることで、仕事への集中力も高いんだそうです。

シンガポールへ転職するためのビザについて

シンガポールの就労ビザは、大きく分けて2種類

  • EP:月額固定給与3,600ドル以上で、主に大学卒業以上の人が対象
  • SP:月額固定給与2,200ドル以上で、専門学校、短期大学と同等またはそれ以上の学歴の人が対象

ただし、これらのビザは取得が厳しいため、シンガポールの企業が目を付けたのがDP(家族ビザ)です。

EP・SP保持の配偶者や21歳以下対象の家族ビザ

DPは、シンガポールで働く配偶者を持つ人のためのビザです。採用する企業側からすると、採用対象者がビザを持ちシンガポール在住者であること、採用される側としては勤務先が労働申請手続きをしてくれる、という双方にメリットがあります。

しかし、配偶者のビザが切れたり、配偶者が転勤などのために他国へ出たりした場合には無効になります。

日本語を話せる条件求人もねらいめ

シンガポールの日系企業では、日本語を話せる人材の需要がまだまだ高く求人も多く見られます。

直接、企業へアプローチすることもできますが、人材紹介会社を利用するのも便利です。

シンガポールでは、会社に対する帰属意識が薄く転職率も高いため、職場を変えながら徐々にスキルアップを目指していくことも不可能ではありません。

まとめ〜転職エージェント活用でシンガポール転職成功を!

シンガポールは在住する日本人も多く、転職や移住に対する心理的なハードルが比較的低いのも人気の理由です。物価が高い印象ですが、実際に働いている人たちの例を見ると、それは先入観にすぎないともいえます。

海外就職未経験だけど挑戦してみたい、英語を使って仕事をしてみたいという方にはぴったりではないでしょうか。加えて経験や知識があれば、シンガポールへ挑戦するというのは非常に有利になります。

ぜひ先輩たちのアドバイスを参考に、シンガポールでの新しい生活を成功に導いてください!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る