海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

シンガポールで働こう!外資系・日系の求人と就職・転職する方法

シンガポール

最近、語学留学の場所として人気が高いシンガポールですが、ビジネスの街として担う国際的な役割の高さも急上昇しています。

観光以外での渡航といえば、仕事が理由の方が多いのではないでしょうか。今回は日本から派遣された駐在員としてではなく、シンガポールで就職・転職活動をする「現地採用」の仕事の探し方と日系企業の求人についてご紹介します。

日本人ならシンガポールへ行こう

シンガポール

シンガポールには日系企業が数多く進出しており、日本人にとってはとても就職がしやすいところです。

もちろん日系企業だけではなく、さまざまな国の企業がシンガポールに進出していますので、キャリアアップしたいという方には絶好の場所です。

もちろんある程度の語学力は必要となりますので、渡航前にできるだけ語学力を伸ばすことをおすすめします。

英語が苦手な人は日系企業を狙おう

日系企業ではあまり語学力は求められませんし、就職しやすいのがメリットです。しかし、その分語学力は伸びませんし、シンガポールの日系企業の体質はあまり日本と変わりません。

変化を求めている人は英語をどんどん勉強して外資企業を狙いましょう!

シンガポールでの就職先(求人)はどうやって見つけるか?

シンガポールでは人材紹介会社がたくさんありますので、それを利用するとスムーズです。

JACリクルートメント(シンガポール)

JACリクルートメントはシンガポールだけでなく、世界各国の求人情報に強い転職エージェントです。非公開求人がメインですが、シンガポールのさまざまな求人を見ることができます。

各分野・業界のプロフェッショナルがコンサルタントとして在籍しており、コンサルタントが直接企業を訪問して情報を得ているため、質の高いきめ細かな情報を提供しています。

ハイクラスの求人や高収入の求人情報が多く掲載されています。30代以降の一定の経験を積んだ方や、管理職の方が転職活動をする際に利用されることが多いようです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは専任のアドバイザーが付いて転職活動を徹底的にサポートしてくれます。転職活動時のアドバイスはもちろん、企業へのアピールも代わりに行ってくれる心強さが人気です。

海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみるのもよいでしょう。

利用者からは、アドバイザーの親切な対応が評判です。リクルートエージェントの提供する求人情報のうち、9割は非公開求人です。

リクナビNEXT

リクナビNEXTには20分程度でできる無料の「強み診断」機能があります。この機会に一度自分の強みを再確認しておくと良いでしょう。

ビズリーチ

国内最大級の会員制転職サービスを提供しているビズリーチ。会員制だからできる質の高いサービスが評判です。

国内外の優良企業や、ヘッドハンターからのスカウトを直接受けることもできます。会員登録自体は無料でできるので、まずは気軽に登録してみましょう。

登録後の流れ

登録後連絡が来ますので、履歴書等を持って(もしくは事前にメールで添付しておくとスムーズです)、エージェントの方と面談し、希望職種や条件などの相談をします。

ここで自分の希望する会社があれば斡旋→希望の会社に履歴書の提出→面接という流れになります。

すぐに見つからなくても心配はいりません。コンサルタントがあなたの希望に合った企業を探し、あなたに代わってアピールをしてくれます。

職務経歴書の書き方や、面接時での対応のポイントなどのアドバイスももらえるので、積極的にコミュニケーションをとり、二人三脚で内定をつかみましょう。

海外企業からのスカウトを待つなら

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxiでは、スカウトを始めました。プロフィールを詳しく記入してもらえると、企業からオファーが来ます。

自分で企業を探すのが面倒な場合や、自分に興味を持ってくれる企業の話を聞きたい場合など上手に活用してみてください。

日系企業で求人の多い業界

私は日本でも経験のあった電子機器部品の会社に運よく就職が決まりました。役員秘書の仕事を担当させていただいておりました。

やはり日本人が就職しやすいのは日系企業だと思います。日系企業は私のように電子機器系から、飲食店、カスタマーサービス、建設会社、人材派遣会社などの募集がありますが、金融やIT、カスタマーサービス系は比較的就職しやすいようです。

自分の経験と合致した会社を選ぶと、就職が決まりやすいと思います。

日系企業の主な業種

主な業種メーカー、商社、金融、IT、サービス業、建設など

転職でキャリアアップを目指すなら断然外資

日本でも専門的な職業や、すでに確固たるキャリアがある方は外資系でキャリアアップを狙った方が日本に帰国することになったときもメリットが大きいと思います。

シンガポールでの現地採用の給料は?

一般的に現地採用の給料はそこまで高くはありません。

それでも現地の人と比べれば割高ではあります。シンガポールの就労ビザを取るためには、最低賃金は3,000シンガポールドルといわれており、これを日本円にすると約24万(1シンガポールドル=80円※2017年1月16日現在)ほどです。

事務職での現地採用の場合、3,000ドル~4,500ドルほどが相場ですが、就労ビザの条件は年々厳しくなっています。

現時点で求人広告の出している企業では問題なくビザを取れることが多いです。(時間がかかることもあります)ビザは出るのか確認も忘れないようにしましょう。

住宅手当はない場合が多い

また、現地採用の場合は住宅手当等もない場合がほとんどなので、住宅に関する費用はすべて自分での負担です。

シンガポールは家賃が高いことでも有名なので、家賃を抑えられるシェアハウスを選ぶことが多いです。

保険は会社が負担してくれる

保険については会社がカバーしてくれますので、安心できると思います。私の場合は、入社後すぐに健康診断がありました。その費用は会社がカバーしてくれました。

シンガポールで働く時のタイムスケジュール

シンガポール就職・転職をするときにどのようなタイムスケジュールで仕事を行うのか知りたいですよね。例えば、シンガポールのローカル企業の場合は午前9時〜午後6時までが一般的です。

また、シンガポール人はスロースターターなので、午前中はゆっくりとした仕事になることが多いです。

シンガポールで働くなら知っておきたいシングリッシュ

シンガポールには独自の英語方言のシングリッシュがあります。ビジネスの取引の場で使われることは少ないですが、友人同士での会話などで使われる言葉です。

こういった言葉を理解しておくと、シンガポール人に親近感を持ってもらえることも多く、仕事でもプライベートでもサポートしてくれます。。英語は話せば話すほど伸びるので、シンガポールへ行ったら臆せず英語を話すようにしましょう。

シンガポールで就職・転職活動をする前にするべきこと

ここまで読まれた読者の方はシンガポールでの就職・転職に心を踊らせているのではないでしょうか。実際に就職活動をする前にいくつかやっておくべきことがあります。

履歴書の作成だったり、転職エージェントへの登録であったり、英語の勉強であったり…。以下の記事で準備の段階でやっておくべきことがまとまっているので、あわせてご確認ください。

まとめ

シンガポールでは、日系企業には比較的就職しやすい傾向にあります。また、「転職=キャリアアップ」という考えがあるので、どんどん転職し、キャリアアップして行きましょう。

日本も近年は変わってきてはいますが、日本のように転職にネガティブなイメージはシンガポールにはないようですので、数年働いて実績を積んだらポジションアップを狙って転職活動を始める人も多いようです。

現地採用のまま同じポジションでずっと働き続けるのはキャリアアップにはつながりませんので、さらなる高みを目指す方には是非覚えておいて頂きたいと思います。

海外就職・海外転職の悩みはプロに聞け

海外就職の悩みはプロに聞いてみましょう。JAC Recruitmentリクルートエージェントでは無料でカウンセリングを受けることができます。

カウンセリングをしたからといって、必ずしも転職する必要はありません。自分の可能性の幅を広げましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

初めての海外就職!効率よく就活するための8の手順

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る