海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

シンガポールで働くには?シンガポール就職したい日本人が日系企業・外資系企業に転職するために

シンガポール就職

アジア経済の中心であり、海外就職先としても留学先としても人気が高いシンガポール。1人当たりのGDPは日本のそれを優に超え、ビジネスの街として担う国際的な役割の高さも急上昇しています。

今なお発展し続けるシンガポールで働く前に、シンガポールの電子機器部品会社での就職経験から知っておきたいことをまとめました。

シンガポール就職の5つのポイント

  • シンガポールの就職状況・特徴を知る
  • 中国語や英語などを勉強しておくと幅が広がる
  • シンガポールで働く自分をイメージする
  • 日本人向けの求人を探す
  • 転職サイトを活用する

すぐに求人を見たい方はこちら】

なぜ日本人にはシンガポール就職がおすすめなのか

シンガポール

シンガポールには日系企業が数多く進出しており、日本人にとってはとても就職がしやすいところです。

もちろん日系企業だけではなく、さまざまな国の企業がシンガポールに進出しているので、キャリアアップしたいという方には絶好の場所です。

  • キャリアアップを狙える
  • 多国籍の環境で働ける
  • 語学を活かした仕事ができる
  • 先進的な環境
  • アジアのハブで働ける

もちろん、ある程度の語学力(英語や中国語)は必要となるので、渡航前にできるだけ語学力を伸ばしておくと就職先の選択肢が増えます。

おすすめの転職サイト】

英語が苦手な人は日系企業を狙おう

日系企業ではあまり語学力は求められず、就職しやすいのがメリットです。しかし、その分語学力は伸びませんし、シンガポールの日系企業の体質はあまり日本と変わりません。

変化を求めている人は英語をどんどん勉強して外資企業を狙いましょう!

シンガポール就職の進め方

「シンガポールで働きたい!よし、日本の会社を辞めよう」と思っている方、少し待ってください。シンガポールへの就職を考えているなら、在職しながらの転職活動の方が有利です。

なぜなら、シンガポールの就職先がすぐに決まるとは限りません。就労ビザの問題や就職先の手続きなどで時間がかかることがあります。そういった場合に仕事を辞めてしまっていると、お金の心配をしなければなりません。

金銭的な問題を避けるためにも、在職したまま転職活動を始めましょう。

【海外転職】在職中の方向け!効率的な海外転職活動の進め方マニュアル」では転職の進め方がまとまっています。シンガポールでの就職を考えている方は、こちらの記事もあわせてお読みください。

シンガポールで就職することのメリット・デメリット

シンガポールで仕事をすることにはどんなメリットやメリットがあるのでしょうか?

まずメリットを見てみると、

  • 英語を使って仕事ができる
  • 多国籍なメンバー
  • スキルアップ
  • 交渉力のアップ

など、自分のキャリアアップに繋がることが多いです。

また、どんなデメリットがあるのかもあわせて確認しておきましょう。デメリットは、生活コストが高いということです。人によっては大したデメリットではないかもしれません。

シンガポールでの仕事経験は、グローバル化の進む日本でも活かせるようになるはずです。

シンガポール就職におすすめの求人サイト

シンガポール就職の求人サイト

シンガポールにある日系企業の求人とは

私は日本でも経験のあった電子機器部品の会社に運よく就職が決まりました。役員秘書の仕事を担当していました。

やはり、日本人が就職しやすいのは日系企業だと思います。日系企業では私が働いていたような電子機器系や、飲食店、カスタマーサービス、建設会社、人材派遣会社などの募集がありますが、金融やIT、カスタマーサービス系は比較的就職しやすいようです。

自分の経験と合致した会社を選ぶと、就職が決まりやすいと思います。

日系企業の主な業種

主な業種:メーカー、商社、金融、IT、サービス業、建設など

おすすめの求人サイト・転職エージェントとは

シンガポール就職においては人材紹介会社(転職エージェント)がたくさんあるので、それらを利用するとスムーズです。転職エージェントを使うメリットは、相談しながらシンガポールへの転職活動を進められる点です。

おすすめはJAC Recruitmentリクルートエージェントです。

安心してください!転職エージェントの利用は全て無料です。

初めての転職活動であればなおさら不安がつきものです。しかし、エージェントを使うことで気軽に求人について相談できますし、福利厚生のしっかりした求人を紹介してもらうことができます。

シンガポール就職でよくある不安

  • シンガポールでは給料はいくらなの?
  • 就労ビザはでるの?
  • 不法に労働させられないの?

そんな不安を解消すべく、大手のエージェントに話を聞き、就職情報を蓄えていきましょう。話を聞くだけでもシンガポールで働く自分の姿がイメージでき、より具体的に何をすべきかが見えてきます。

登録したからといって求人に応募する必要はありません。「とにかく情報を集めること」これが重要なのです。

より詳しく転職サイトを知りたい方は「【シンガポール求人】未経験でもシンガポール就職を狙える転職エージェントまとめ」の記事もあわせてお読みください。

サクッと転職サイトを知りたい方は以下へお進みください。

外資系企業を狙うならJACリクルートメント(シンガポール)

JAC Recruitmentはシンガポールだけでなく、世界各国の求人情報に強い転職エージェントです。非公開求人がメインですが、シンガポールのさまざまな求人を見ることができます。

各分野・業界のプロフェッショナルがコンサルタントとして在籍しており、コンサルタントが直接企業を訪問して情報を得ているため、質の高いきめ細かな情報を提供しています。

日系企業の海外駐在員・外資系企業を狙うならぜひ登録したいエージェントです。

対象:30代以上で語学力のある方におすすめです。

日系企業を狙うならリクルートエージェント

リクルートエージェントは、専任のアドバイザーが付いて転職活動を徹底的にサポートしてくれます。未経験の方はリクルートエージェントの利用がおすすめです。

転職活動時のアドバイスはもちろん、企業へのアピールも代わりに行ってくれる心強さが人気です。

海外求人数が一般の転職エージェントの数倍あるため、海外就職を考えている方はまず登録をしてみるのもよいでしょう。

利用者からは、アドバイザーの親切な対応が評判です。リクルートエージェントの提供する求人情報のうち、9割は非公開求人です。

【おすすめシンガポール求人】

まずは仕事探しからシンガポール就職が始まります。

リクナビNEXT

リクナビNEXTには20分程度でできる無料の「強み診断」機能があります。この機会に一度、自分の強みを再確認しておくと良いでしょう。

転職サイト登録後の流れ

登録後、連絡が来るので、履歴書等を持って(もしくは事前にメールで添付しておくとスムーズです)エージェントの方と面談し、希望職種や条件などの相談をします。

ここで自分の希望する会社があれば、斡旋→希望の会社に履歴書の提出→面接という流れになります。

すぐに見つからなくても心配はいりません。コンサルタントがあなたの希望に合った企業を探し、あなたに代わってアピールをしてくれます。

職務経歴書の書き方や、面接時の対応ポイントなどのアドバイスももらえるので、積極的にコミュニケーションを取り、二人三脚で内定をつかみましょう。

海外企業からのスカウトを待つなら

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxiでは、スカウトを始めました。プロフィールを詳しく記入してもらえると、企業からオファーが来ます。

自分で企業を探すのが面倒な場合や、自分に興味を持ってくれる企業の話を聞きたい場合など上手に活用してみてください。

シンガポールの外資系企業へ就職するには

シンガポールの有名企業には、以下のものがあります。

  • 通信のスターハブ
  • 倉庫業のグローバル・ロジスティック・プロパティーズ
  • 病院のラッフルズ・メディカル・グループ
  • 郵便のシンガポール・ポスト
  • 不動産のUOLグループ
  • メディアのシンガポール・プレス・ホールディングス
  • 金融のDBSグループ

日本で専門的な職業経験やキャリアがある方は、外資系企業でキャリアアップを狙った方が、日本に帰国することになった時にもメリットが大きいです。

英語力(中国語)を鍛え、交渉力・マネジメント能力を向上させ、キャリアアップを狙いましょう。とにかくシンガポールで働きたいなら日系企業、自分の実力を試したいなら外資系企業と分けて考える方法もよく聞きます。シンガポールで働くからには、スキルアップ・キャリアアップはぜひ目指したいところです。

外資系企業を狙うには、専門知識+英語力があると有利です。経験や能力・語学力を活かした仕事をしたいのなら外資系企業を狙いましょう。

シンガポールの外資系企業を狙うなら、サポートもしっかりしていて「無料」で使える大手の転職サイトの活用がおすすめです。転職サイトごとに扱っている非公開求人も異なるので、複数登録し求人の比較をしてみましょう。

おすすめ転職サイト】

シンガポールで現地採用として就職した場合の給料相場

シンガポール

一般的に現地採用の給料はそこまで高くありません。それでも現地のシンガポール人と比べれば割高ではあります。

就労ビザを取るための最低賃金は3,000シンガポールドル(約24万円)

シンガポールの就労ビザを取るためには、最低賃金は3,000シンガポールドルといわれており、これを日本円にすると約24万(1シンガポールドル=80円※2017年1月16日現在)ほどです。

2018年の給料相場*Guanxi Times調べ

  • 営業:SGD3,000〜6,000(約24万〜48万円)
  • マネージャー:SGD6,000〜12,000(約48万〜96万円)
  • 事務・アシスタント:SGD3,000〜4,000(約24万〜32万円)
  • 経理:SGD3,000〜3,900(約24万〜31万2,000円)
  • 編集:SGD4,000〜6,000(約32万〜48万円)
  • カスタマーサポート:SGD3,000〜5,000(約24万〜40万円)

大手の転職サイトで求人広告を出している企業では、問題なくビザを取れることが多いです(時間がかかることもあります)。

面接で「ビザは出るのか」「ビザ取得のサポートはしてもらえるのか」の確認も忘れないようにしましょう。

住宅手当はない場合が多い

また、現地採用の場合は住宅手当等もないことがほとんどなので、住宅に関する費用はすべて自分での負担です。

シンガポールは家賃が高いことでも有名なので、家賃を抑えられるシェアハウスを選ぶことが一般的です。

住宅手当がある場合とは

JAC Recruitmentリクルートエージェントなど日本の大手転職サイトを利用し転職をした場合には、住宅手当がつくことが多いです。

大手のサイトだけあって求人の質も高く、福利厚生がしっかりしています。

使う転職サイト次第で、待遇面に大きな差があります。転職サイトを上手に活用しましょう。

保険は会社が負担してくれる

保険については会社がカバーしてくれるので、安心できると思います。私の場合は、入社後すぐに健康診断がありました。その費用は会社がカバーしてくれました。

シンガポールでは新卒でも就職できるのか

結論からいうと非常に「難しい」です。どうしても新卒からシンガポールで働きたい場合は、就職とは少し違いますがワーホリを狙いましょう。

そこで働いた企業が必要な人材と判断すれば就職する道も出てきます。新卒よりもある程度の業務経験がある方が、シンガポールで就職する上では有利になります。

シンガポール駐在員として転職するには

スキルアップをしたい、キャリアアップをしたい、給料も欲しいとなると、狙うべきはシンガポール駐在員です。

海外駐在員は日本の企業から現地の子会社に駐在する社員のことで、現地で責任ある立場につくことが多いです。シンガポールにいながら、日本の給料+駐在手当がもらえるので、現地採用よりも給料が高くなります。

シンガポール駐在の給料は?

シンガポール駐在員は給料が高いです。友人のシンガポール駐在員たちは、会社負担の社宅に住み、貯金もかなりしています。

業務経験があり、マネジメント力に自信があれば、ぜひ海外駐在を狙ってみてください。シンガポール駐在員は年収500万円〜1,200万円の求人が多いです。

シンガポール駐在員になるには?

シンガポール駐在員を募集している求人に応募するか、自社のシンガポール駐在枠を狙うという流れになります。

自社の駐在枠がない場合は、転職するしか方法がありません。シンガポール駐在案件ならJAC Recruitmentを活用してみましょう。30代以上、語学力がある方におすすめです。

シンガポール駐在員は待遇が良く給料も良いため倍率が高く、根気よく求人を探す必要があります。まずは転職サイトに登録し求人情報を探してみましょう。

シンガポールでの就労ビザ取得について

シンガポールで就労ビザ(Employment Pass = EP)を取得するのは難しいといわれています。国土や人口が限られる中、外国人を誰でも受け入れるわけではありません。

鍵となるのは学歴と年齢です。有名大学出身で、若い人ほどビザを取得しやすい傾向にあります。

EPビザの他、もう少し緩和された基準で取得できるS-Passというビザもあります。ただし、こちらは発行できる企業や数が限られているので取り合いになりがちです。

シンガポールで日本人の多い地域

シンガポールでは、クイーンズタウン周辺やオーチャード周辺が日本人に人気のエリアです。

また、ウエストエリアには工業団地があり、日系企業も進出しています。家賃を抑えたい人やローカルを満喫したい人の中には、ノースエリア、イーストエリアなどに住む人もいます。

  • クイーンズタウン周辺
  • オーチャード周辺
  • ノースエリア
  • イーストエリア

シンガポールで就職した場合の生活費は?

シンガポールはアジアの中でも物価が高いことで有名です。

特に家・車・お酒が高価だといわれていますが、車に関してはプライベートではほぼ必要ありません。公共交通機関やタクシーで十分便利に移動できます。また、洋服の買い物や公共交通機関での移動、ホーカーでの食事は安価に済ませることができます。

  • シンガポールで一人暮らしをした場合

2,500SGD(約18.7万円)で生活し、残りを貯金するというライフスタイルを「【お金の話】シンガポール生活する30代現地採用の女性のお金事情」にて紹介しています。また、貯金の中からやりくりして近隣の国へ年に数回旅行に行ったりすることも可能です。

シンガポールで就職した場合のタイムスケジュール

シンガポール就職・転職をするときに、どのようなタイムスケジュールで仕事を行うのか知りたいですよね。

例えば、シンガポールのローカル企業の場合は午前9時〜午後6時までが一般的です。「30代からシンガポール転職へ!シンガポールの外資系企業で働く私のある1日」にて30代の女性がシンガポールの外資系企業で働いているスケジュールを紹介しています。

また、シンガポール人はスロースターターなので、午前中はゆっくりとした仕事になることが多いです。

シンガポールで働くなら知っておきたいシングリッシュ

シンガポール

シンガポールには、独自の英語方言シングリッシュがあります。「シンガポール独自の英語シングリッシュとは」では、シングリッシュについて紹介されています。

ビジネスの取引の場で使われることは少ないですが、友人同士での会話などで使われる言葉です。

こういった言葉を理解しておくと、シンガポール人に親近感を持ってもらえることも多く、仕事でもプライベートでもサポートしてくれます。英語は話せば話すほど伸びるので、シンガポールへ行ったら臆せず英語を話すようにしましょう。

シンガポールで就職・転職活動をする前にするべきこと

ここまで読まれた読者の方は、シンガポールでの就職・転職に心を踊らせているのではないでしょうか。実際に就職活動をする前にいくつかやっておくべきことがあります。

  • 履歴書の作成
  • 転職エージェントへの登録
  • 求人を探す
  • 英語の勉強をする

シンガポールで仕事探しをする前に日本でできる4つのこと」では、準備の段階でやっておくべきことがまとまっているので、あわせてご確認ください。

シンガポールで就職する前に将来の自分について考えてみる

想像してみましょう。

「今の会社であと10年働く」ということを考えたことはありますか?

海外へ行くチャンスは昔に比べていくらでもありますが、チャンスをふいにし行きそびれた人もたくさんいます。

「若いうちに海外へ行きたかった」と話す40代50代も数多くいます。

将来、「あの時シンガポールへ行っておけばよかった……」と人生の後悔をすることがないように、自分の将来をイメージしながら考えていきましょう。思い立ったが吉日です。

まとめ

シンガポールでは、日系企業には比較的就職しやすい傾向にあります。また、「転職=キャリアアップ」という考えがあるので、どんどん転職し、キャリアアップしていきましょう。

日本も近年は変わってきてはいますが、日本のように転職にネガティブなイメージはシンガポールにはないようなので、数年働いて実績を積んだらポジションアップを狙って転職活動を始める人も多いようです。

現地採用のまま同じポジションでずっと働き続けることはキャリアアップにはつながらないので、さらなる高みを目指す方には是非覚えておいて頂きたいと思います。

シンガポール就職・シンガポール転職をするには

シンガポール就職の状況は絶えず変化しています。今すぐのシンガポール就職を考えていなくても、気軽に転職サイトの求人をチェックしてみましょう。

いざ転職したいときに「興味のある求人」に出会えないこともあります。事前に登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事なのです。もちろん、〇〇についての「話だけ聞きたい!」という使い方も可能です。

以下のサイトは日系の大手転職サイトです。「求人」「待遇」「サポート」がしっかりとしているので、不安の多い海外転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。

転職成功者のほとんどが下記サイトを利用しています。登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。いい条件のスカウトが来た時だけ転職するなどして、自分の可能性を広げましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る