海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン就職を目指すなら知っておきたい、フィリピンならではの労働事情・労働環境

  • 公開日:
  • 更新日:
フィリピン

海外就職が珍しくなくなってきた今、フィリピンで働きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

海外の就職事情は当然、日本のそれとは異なり、フィリピンにもフィリピンならではの状況や特徴があります。そうした事情を知っているのと知らないのとでは、就職活動や就職してからの結果が大きく変わってくるでしょう。

フィリピンで就活し、現地採用社員として働く私から、フィリピン就職を目指すなら知っておきたいことをご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

フィリピンでは日本人向けの業種が限定されている

私がフィリピンで仕事を探している時に一番苦労した点は「業種が限定」されてしまうことでした。

その土地にはその土地特有の産業・仕事があります。例えば、セブ島では英語学校とコールセンターが多くあります。したがって、セブ島で仕事を探すとなるとその2つが求人の大半を占めていて、他の業種はなかなか見つかりません

フィリピンでこれがしたいという仕事が心にある人は、業種の制限にはかなり苦しむと思います。特に海外で働くことが初めての場合、余計に選べる仕事の種類が減ってしまいます。

フィリピンで仕事を見つけるにはコネクションが必要

都市

海外就職にはコネクションがかなり役に立ちます。全くコネクションがない場合、就職活動はコネクションを作るところから始めなければいけません

私は最初、フィリピンでインターンシップをしました。そこでフィリピンの現地法人に営業に行ったり、人に会ったりしてコネクションを作る努力をしていました。そして、その中の一人から今の会社を勧めて頂き、就職することとなりました。

コネクションがあれば、先に紹介した「業種の制限」もクリアできます。海外には求人広告を出さない会社が多くあり、しかもそれらの仕事は条件の良いものが多いです。

より良い仕事を見つけるためにも人とのコネクションは重要です。

フィリピンの現地採用社員の給料は日本より安い

フィリピンの物価は日本の3分の1であると言われます。現地採用者の給料は物価に沿って決まるので、当然日本よりも低い金額となります。

これはフィリピンだけでなく、特に発展途上国で働く場合に共通することです。

私も現地採用なので、フィリピンの物価に合わせた給与です。就職活動している時に給与の低さは覚悟していたため、金額自体は気にしていませんでしたが、将来どこまで給与が上がるのかはかなり重要視して求人を見極めていました。

海外就職への憧れのみで就職してしまうと、こういった給与額などの現実にぶち当たり、結局日本に帰ってしまうケースもあります。理想と現実をしっかり区別しないといけませんね。

フィリピンでは若い日本人が重要なポストに就く可能性が高い

発展途上真っ只中のフィリピンで活躍する日本人は若い人が多いです。20代でカフェを経営している人や、30代でフィリピン法人の代表を務める方など、若くして重要なポストに就いている人が多くいます。その背景には人材不足があります。

日本人が十分にいない中で、若い人がトップに立たなければいけない状況なのです。これは、評価してもらえるチャンスでもあり、逆に重大な責任を背負わなければいけないリスクでもあります。

20代で100人の部下を持つ?

私が今の会社に入社した時に、社長に言われた言葉が印象的でした。

「1、2年もしたら、100人以上のフィリピン人のトップに立たなければいけないよ」

人手が足りず、若い人が重要なポジションに立つ現状があることは知っていましたが、この言葉でその現実を再認識しました。

何となくの気持ちで海外に行ってしまうと経験が十分でなく、トップに立った時に自分の力不足で部下の能力を引き出せないなんてことも起こり得るのです。

フィリピンで働くなら最低限の英語力は必須

会議

言葉の壁は避けては通れない問題です。

海外就職では、入社時の英語力は不問とする会社もあります。逆に、ある程度の英語力がないと雇ってくれない会社があるのも事実です。実際には、フィリピンで仕事をするにあたって英語が話せないと何もできない場面は必ず出てきます

私もフィリピンに来る前には必死で勉強しました。私の上司も言っていましたが、最低でもTOEIC600点はないと厳しいようです。

まとめ~自分にとっての目標を明確にする

慣れない土地で仕事を探すことには色々な苦労があります。私もストレスを感じながら就職活動していた記憶があります。何となくの憧れから海外就職しようとすると、思ってもみない壁にぶつかり、後悔してしまうかもしれません。

就職を目指す国の事情を知ることももちろん大事ですが、まずはなぜ日本ではなく海外で働きたいのかを明確にしてから動き始めることをお勧めします。そうすれば、どんなハードルも乗り越えることができ、自ずと良い仕事も見つかると思いますよ。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピン就職・転職しよう!フィリピンの現地採用の給料や日本人向けの求人について

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る