海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン・メトロマニラ生活の5つの魅力!都会的なマニラ暮らしとは

  • 公開日:
マニラ

フィリピンといえばバナナ!と思う方がほとんどなのではないでしょうか。

フィリピンに住んでいるとよくそのように言われます。もしくは、治安が悪いのでは?大丈夫?とでも日本人がイメージしているほどではないように思います。

もちろん日本ほど安全ではありませんが、フィリピンの首都マニラには日本に負けない意外な魅力的スポットが満載なのです!今回はメトロマニラの魅力ををご紹介します!

マニラから休日にふらっとリゾート地へ!

リゾートエリア

フィリピンで有名なリゾート地といえばセブやボラカイですよね。

もちろんそれらもおすすめなのですが、マニラに住んでいれば、もっとお手軽に行けてしまうリゾート地があります。おすすめスポットは、「プエルトガレラ」です。

マニラから車で2時間+バタンガスから船で2時間のところにあるリゾート地ですが、土日に気軽に行けるダイビングスポットがたくさんあり、セブやボラカイほどメジャーではないので観光客も少なく、ゆったり時間を過ごせます

マニラからバスも出ているので、誰でも気軽に行けるダイビングスポットです。

プエルトガレラはなんといっても白いビーチが広がっており、海の透明度も高く、セブや、ボラカイにも引けを取らないほどのリゾート気分が楽しめます。ダイビングのライセンスを日本より格安で取得できますし、苦手な方はシュノーケルの貸出も各ホテル行っているので、気軽に楽しめます。

もしくは、海沿いにあるレストランでお酒を飲むのも良いですね!12〜3月までは比較的涼しい気候になりますが、年中夏ですので、時期を問わず行けるのも魅力的です。

都会的なグリーンベルトやBGCでショッピング

ショッピングセンター

マニラでショッピングといえば、グリーンベルトやグロリエッタ、BGCエリアがおすすめです。

飲食店や、映画館、ショップが立ち並び、とてもキレイに整備されたエリアです。

グリーンベルト

グリーンベルトはマニラの中でもマカティという経済特区内に位置し、比較的治安が良いエリアにあります。

中は、巨大なショッピングモールのような作りになっており、その名の通り、エリアの中心には池を取り囲むように植物がたくさん植えられ、とても気持よくショッピングができます。日本ではお馴染みの無印良品もありますので、私はとても重宝してます!

また1階には飲食店が多く、フィリピン料理はもちろん、タイ、イタリアン、中華、韓国料理などなど、幅広いジャンルのレストランがあるのも魅力です。

私はついつい日本食レストランばかりいってしまうのですが… グリーンベルトの横にはグロリエッタが連絡通路でつながっており、お手軽な洋服やフードコートが入っています。地下にはスーパーもあり、日用品からお土産品まで豊富に取り揃えられているため、現地に住んでいる人でも観光に訪れた方でも十分に楽しめるエリアです。

BGC(ボニファシオ・グローバルシティ)

BGC(ボニファシオ・グローバルシティの略)エリアなのですが、ここは特別きれいに整備されたエリアです。

ショッピングやレストランが立ち並ぶ通りでは、通りの真中が公園のような広場になっており、犬の散歩や家族で訪れる方が多く、日本よりも都会なのでは?と思ってしまうほどですが、程よいのどかさが感じられるところがまた魅力的なエリアです。

飲食店が立ち並ぶ通りにはテラス席が設けられ、様々な国の人たちが楽しく食事をしています。

こちらもイタリアンから和食まで幅広いジャンルのお店があり、おしゃれなお店が立ち並ぶ中、CoCo壱番屋もありますので、日本が恋しいときにも立ち寄れるおすすめスポットです。

マニラではプールとジム付き物件が当たり前!

プール

マニラの物件はプール、ジム付きが主流です。

特にプールがない物件は珍しいですし、プール付きでない物件は逆に家賃が高い、という話も聞きます。

平日仕事終わりにプールやジムで体を動かしてリフレッシュすることが、日本よりも簡単に、しかも無料でできてしまうのでとてもお得です!

また、コンドミニアムがほとんどですので、家具家電、食器まで備え付けられ(オーナーによりますが)、引越し費用が少なくて済むのはとても経済的ですし、気軽に入居できるのも魅力ですね。

英語圏なので、英語学校が豊富!

英語

フィリピンといえば語学留学で来られる方も多いのではないでしょうか。

私の周りでも語学留学でフィリピンを訪れたことがある友人が多いです。また、日本でサービスを展開しているオンライン英会話の先生もフィリピン在住の方が多いですよね。

実はフィリピンは第二母国が英語になっているほど、みんな英語がペラペラな国なのです。日本人が経営する語学スクールもあり、マンツーマンでレッスンを受けられます。

英語レベルもビギナー〜ビジネスレベルまでクラスを用意している学校がほとんどで、自分の英語レベルに合わせてスタートできるので、最初でつまづくことはまずないです。そして、なによりフィリピンに住んでいれば習った英語を、普段生活する様々なシーンで即座に実践できるので、

「習う→実践する→身につく」というサイクルが日本よりも早いです。習った英語が通じる実感を普段の生活で味わえるのでモチベーションも上がりますよね!

マニラは食材が安い!

スーパーマーケット

フィリピンは日本より物価が安いのでは?と思う人が多いと思いますが、実はマニラに限ってはそこまで物価の安さを感じることはありません

ただ、国内生産されている野菜や果物類はとっても安いですし、お酒類でもビールは40ペソ(90円程度)で購入可能です。フィリピンに行ってビールをたくさん飲んでしまっても、自宅にあるジムで帳消しにすればいいわけですから心置きなく飲めますね。

また、マンゴーも安くて美味しいです。1個100円しない程度の金額でスーパーで購入できます。

日本でマンゴーといえば高級果実なので、とってもお得な気分です。私も日本に帰るときは宅配サービスを使ってマンゴーを友達におすそ分けしています。

まとめ

マニラの生活には意外に知らない魅力がたくさんですよね。

実際生活してみると、日本とは全く違う文化に戸惑うことはあるものの、それ以上に日本に負けない充実した生活が送れます。バナナだけではない、マニラの魅力を知っていただければと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

菜々

投稿者プロフィール

フィリピン在住1年。27歳女性。
大学卒業後WEBコンサル会社に在籍し、広告プランナーの業務に主に従事している。英語は苦手なものの、フィリピンの生活に奮闘中。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. 海外就職求人サイト
  3. リクルートエージェント
  4. シティ
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る