海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

イタリア、ミラノでの就職活動~通訳がてら知人の就職活動を手伝ってみた~

  • 公開日:
料理人

今回ご紹介するのは、私が就活をした時の体験談ではなく、イタリアで知人の就職活動に同行した際の体験です。

私がお手伝いした知人は料理の修行に来ていました。彼女曰く、イタリア語は働きながら学べばよいからと言語の習得は後回しにしてきたとのことで、私が初めて彼女に会った時は簡単な挨拶をやっと喋れる感じでした。

実はこの様な職人業の修行で来る人達には、働きながら必要最低限のイタリア語を習得しようとする人は少なくはありません。もともと現場主義の世界だからでしょうか。

「知識として頭に入れたところでただの頭でっかちになるだけだから、現場で生きているコミュニケーションだけを学びたい」と彼女は言っていました。

そんな彼女の就職活動を何故料理の世界に関しては無知に等しい私が手伝うことになったのか、そのきっかけも踏まえてご紹介いたします。

料理人A子はこんな人だった

まず今回のエピソードをご紹介する前に、彼女(以下A子)について少しご紹介します。

A子は日本に住んでいた間は、雑誌にも取り上げられたことのある有名なイタリアンのレストランに勤めていました。前菜からドルチェ(デザート)まで一通りの部門は経験し、今回は特にドルチェを勉強したいと思いイタリアに来たと言っていました。

ミラノを選んだ理由

A子がミラノを選んだ理由は、留学経験のある先輩に「せっかくならイタリアのあちこちを回って色々なお店に触れるべきだ」とアドバイスされ、交通の便が良く、住みやすそうだったからだそうです。

特にどのお店で修行すると確約があるわけではなく、自分の足で歩いて、気に入ったお店を探して就活をするつもりだと話していました。

実はこのプランを聞いた時、私は正直驚きました。というのは、私にはA子の他にも料理関係で留学してきた知人がいましたが、A子の状況は彼らとは完全に異なっていたからです。

前述したように、イタリア語をあまりしゃべれなくても料理の勉強をしに来る人はいっぱいいますが、そういう人たちはたいてい、先輩のつてなどから就職する先が決まっていて、現場に入るだけだったのです。

つまり、最初からイタリア語でうまくコミュニケーションが取れなくても、作業を見よう見まねで覚えられる環境が彼らにはあったのです。

しかし、A子の場合、お店の人とコミュニケーションが取れなければ先には進めません。

一体この人はどうやって就活するんだろうと思っていたところ、「空いている時間があればでいいんだけど、ちょっと喋れるようになるまでリサーチについてきて通訳してくれない?」と頼まれたのが今回の体験のきっかけです。

3食ケーキもあり!?~素人にとって料理界の職場リサーチは幸せすぎる~

カフェ

こうして始まった私たちの就職活動ですが、まずはどのようなお店があるのか調べなければなりません。

街を歩いてPasticceria(パスティッチェリーア:お菓子屋さん)を見つけたらとりあえず入ってみて、まずは目でリサーチします。そして、気になるものがあったら全て買って実際に食べてみるのです。

私が普段ケーキを買ったとしても1つとか2つのことがほとんどなので、彼女がショーケースの片っ端からケーキを買う姿はなんとも気持ちがいいものです。更にそれらをテーブルの上に並べると、最早デザートビュッフェの気分です。

全てのケーキを半分ずつに切って、A子と分けて食べました。

いつもこんなに買うのかとA子に尋ねると、「一人の時はやっぱり食べられる限界もあるから、それなりの量しか買えないけど、今日は二人分だからお陰様でいろんな種類を試せる」と言っていました。

どうやら私は通訳としてだけではなく、たくさん買う為にも役立っているようです。

こんなにケーキを食べられて幸せだとA子に言うと、「これが3食続いたり、毎日繰り返したりすることは結構苦しいもんだよ」と返ってきました。

好きなことを仕事にするのは幸せなことだけど、仕事にした分、好きなことにもマイナス面が生まれてしまうとは正にこのことだなあと思いました。

私は自分の予定もあったので、毎日の様にA子にくっついてお菓子を堪能するということはなかったのですが、A子はお菓子屋さんだけでなく、レストランのデザートメニューも含め、気になるところや、Gambero rosso(日本で言うミシュラン)に載っているようなお店も含めて様々食べ歩いていました。

さらにA子がイタリアに来て1、2ヶ月過ぎた頃には、ミラノ以外の地域のお店にも足を延ばしてリサーチをしていたみたいです。

いざ就職に向けて~イタリアの就職には履歴書がいるのか~

履歴書

食べ歩きリサーチの成果もあってか、修行したいお店の候補が絞られてきました。いよいよ就職に向けて準備を始めなければなりません。

そのお店にコネがあるわけでは勿論ありません。何回も通ったところで、そのお店にはよく来てくれる常連さんという認識しかされません。

そもそも、そのお店が従業員を募集しているかどうかもわかりません。大きなお店であれば、インターネットなどの求人情報に載っていることもありますが、A子が選んだお店はどうやら個人経営のお店でした。

まずはコンタクトをとって従業員を募集しているか聞く必要があります。私は電話で聞こうとしましたが、A子に「もし、募集していない場合は『募集していません』というだけの回答になるだけだから、直接行って直談判する」と止められました。

A子曰く、正式に募集していなくても会社とかじゃないから、経歴や熱意などに魅力を感じてもらえれば採用されるチャンスがあるとのことでした。さすがは現場主義の世界です。

さて、いくら直談判とは言え、素性のわかるものを何か持っていかなければなりません。

正式に就職のエントリーのための必要書類等が案内されているわけではないので、「興味があったら連絡して」という感じで名刺をポンと渡してくるのも良いみたいですが、お店にとっては見ず知らずの外国人が「採用してくれ」と訪ねてくるわけですから、名前と電話番号だけではさすがに弱すぎます。

紹介による就職の場合は、採用が決まってから会社などの書類に必要事項を記入させるスタイルをとっているところもありますが、基本的には、求人情報に載っている仕事の場合は、日本と同じように履歴書(Curricrum Vitae)の提出が求められます。

よって、まずはCurricrum Vitaeを作成することにしました。

Curricrum Vitaeの書き方

Curriculum Vitaeと検索すると、EU書式のひな形も調べることができ、フリーダウンロードができるページもあります。ここではCurricrum Vitaeに最低限書かなければならない事項をご紹介します。

  1. Nome/名前
  2. Codice Fiscale/個人納税番号(インターネット:http://www.codicefiscaleonline.com/で番号だけ調べることもできますが、携帯電話の手続きなどにも必要になるため、できれば税務署に行ってカード発行の申請を行うことをおすすめします。)
  3. Naizionalità/国籍 Giapponese
  4. Data di nascita/ il 日(数字) 月(アルファベット)
  5. Lugo di Nascita/生まれた都市、生まれた国
  6. Indirizzo(presente)/ 現在住んでいるところの住所
  7. Terefono/携帯電話の番号
  8. E‐mail/メールアドレス
  9. Tipo di Permesso di soggiorno/滞在許可証の種類、Valido fino a(有効期間) 日.月.年
  10. ESPERIENZE PROFESSIONALI/個人の経歴
  • 職業に関して卒業した大学や専門学校
  • 職歴
  • 今までの賞歴やとった資格など

以上を文章でまとめます。

ゲリラ作戦~履歴書をもって直談判~

お店

履歴書が出来上がり、いざ直談判です。事前に電話して断られたら怖いからと、ダメもとでお店に直接履歴書を持っていくことにしました。

A子が選んだお店はミラノの繁華街からは少し離れた地区のPasticceriaでした。ナポリ菓子を扱うお店で、リサーチの食べ歩きの時点からA子が大絶賛していたお店です。

まずお店に入ると、いつもの通りお客さんとしてお菓子を注文しました。そこはイートインのスペースもあり、お菓子を食べながらお店の人の手が空くのを待ちました。

食べにくる日本人は珍しいようで、お店の人もA子のことを覚えていて、「チャオ!また来たね!」と親しげに挨拶してくれました。

そしてお店の人の手が空き、履歴書を出して修業させてほしい旨を伝えると、最初は驚いたようでしたが、一応預かっておくと履歴書を受け取ってくれました

基本的にはA子が習いたてのイタリア語で交渉していましたが、私も最後に「もし、可能だったら採用可否にかかわらず連絡してあげてほしい」と言い、お店を後にしました。

お店から連絡がきた!~実際に働いてお給料をもらうまで~

虹

そしてその2日後、A子のもとにお店から電話が来ました。嬉しいことに、これが採用が決まった瞬間でした。もちろん、就学用の滞在許可証で働ける範囲での採用です。シフト制で週休2日制、まずはレジ係からとのことでした。

お給料は1週間ごとに支払われます。イタリアのお給料の受け取り方法は、日本のように銀行振り込みのところもあれば、手渡しのところもありますが、一番特徴的なのは、Tabacchi(タバッキ:タバコ屋さん)でお給料を受け取るシステムです。

Tabacchiにお店からもらった領収書のようなものを持っていくと、現金化することができます。

このシステムは、銀行口座を持っていなくてもお給料を受け取ることはできますが、Tabacchiで一度に支払える金額は限られているため、週ごとの支払いをしているなど利用できる職種が限られています。

A子が採用されたPasticceriaはこのTabcchiを通してお給料を払うというシステムをとっていました。

しかし、なぜA子はそのPasticceriaに採用してもらえたのでしょうか。お店の人曰く、実は特に人手を募集していたわけではなかったけれど、将来的なビジョンとして日本出店に興味を持っていたことが一番の理由でした。

これを機会に日本人とつながりが持てると思ったということです。

また、A子はいくつかのスイーツのコンクールで入賞経験がありました。そのことは勿論履歴書に書いていたのですが、それらの経歴を見て、採用には申し分ないと判断されたようです。

注意!!面接官が合格を出しても人事部がNGの場合がある

握手

最後に一つ、注意事項としてA子のある体験をご紹介します。

実は、今回就職できたお店を決める前に、A子にはあるホテルの調理場への就職の話がありました。イタリアでの仕事の確約は持っていなかったとはいえ、短期で開催される料理イベントのスタッフとしての仕事をもともと紹介されていました。

そのイベントでの仕事が終わった後のこと、主催のホテルのシェフからスカウトされていたのでした。

後日改めて面接したいとのことで約束の日に履歴書をもって面接に行くと、例のシェフが待っていました。

そこでは採用のための面接というよりは、もう働くことが決まった前提で「ひと月1500ユーロだけどよいか?」というような就業条件の説明をされたそうです。

ところが、就職が決まったと喜び勇んで帰ってきた翌日、今度はホテルの人事部から電話があり、「採用は見送らせていただきます」と言われたそうです。

調理場のトップとは採用に関して合意しているのに、とパニックになったA子から電話を代わり事情を聞くと、どうやら滞在許可証の問題で採用できないということらしいです。

当時、A子が持っていた滞在許可証は語学学校の就学用の滞在許可証でした。

料理の修行でイタリアに来ていますが、調理場で働けても学生アルバイト程度しか稼げないと思っていたこと、また、語学学校にも通って働きながら必要な言語力を身につけたいと思っていたことなどから、学生としてのビザで入国していたのでした。

もし初めから就職ビザで入国しようとした場合は、就職先の確約がビザ申請時に必須となります。よって日本出国時に就職先が決まっていなかったA子は、そもそも就職用のビザを取得できなかったのです。

しかし、イタリアには就学用の滞在許可証を就職用に変更する手続きを行える機会が定期的にあります。特に外国人がイタリアの大学を卒業して、そのままイタリアで就職する際などに利用される制度です。

各事業者毎に申請できる枠が決まっていて、彼女が就職しようとしたホテルの今期の枠は埋まってしまっているとのことでした。

今回シェフから提示されていた就業条件では、就学用の滞在許可証の就業規則を大きく反れてしまいます。逆に、就学用の滞在許可証の就業規則に合わせて働きたいとも交渉してみましたが、そういった形態では雇っていないと断られました。

現場主義のA子には「シェフは採用を認めた」と何回もホテルに電話して交渉するように頼まれました。しかし、法律として決まっている以上は交渉の余地がありませんでした

A子は「これだからイタリア人は自由すぎる」と怒りの矛先を、採用できないにもかかわらず採用決定みたいな言い方をしたシェフに向けていましたが、シェフ自身はもしかしたら、A子が持っている滞在許可証の種類をよく確認していなかったのかもしれません。

または、手続き関係は事務員、現場はシェフがまとめるというように仕事分けがされていたのかもしれません。

どちらにしても、滞在許可証の種類によっては希望の職種につけないこともあるということを覚えておかなければならないことは教訓として得られました。

まとめ

今回ご紹介したイタリアでの就職活動は料理人という特別な職種でのものでしたが、他の職種ではまた違った就職の仕方があります。

基本的に、大きな会社になればなるほど、採用情報を見てアポイントメントをとってから履歴書を提出し、面接などが行われるといったような、日本と同様の形になります。

しかし、どの方法で採用されたにしても重要視されるのは滞在許可証の種類です。どれだけ働いて良いかが持っている滞在許可証で決まるので、雇い主側には必ず明確に伝わるようにしましょう。

また、お給料の支払いの際には、税金を引かれた金額が支払われることがほとんどです。その際にはCodici Fiscaleの番号が必要になるので、必ず提出しましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. シティ
  3. リクルートエージェント
  4. 旅行バッグ
  5. 楽天カード
ページ上部へ戻る