海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

イタリアで働きたい!日本人向けの求人とイタリアで就職する方法

イタリア就職

イタリアの経済成長率は2012年から2014年まで3年間続けて悪化し、国全体が不景気です。2015年にはわずかに上方修正されましたが、それでも2015年6月時点でのイタリアの失業率は12,7%で日本の約4倍です。

その中でも15歳から24歳までの若年者の失業率は、なんと44,2%と全体の失業率に対して大変高い割合を占めており、大きな問題となっています。

このような厳しい状況の中、イタリアにはどのような仕事があるのでしょうか。

今回はイタリアでの日本人向け求人の現状をご紹介します。

イタリアで多い求人は?

イタリア

イタリアでは働くなら外資系企業か日系企業かのどちらかになります。

  • 営業
  • 事務
  • エンジニア
  • 貿易関連
  • 通訳・アテンド

などの仕事をする人が多いです。しかし、イタリアで仕事を見つけるのはなかなか苦労します。少ないチャンスをものにするためにも、日頃から求人サイトのチェックを怠らないようにしましょう。

日本語教師として働く

イタリアなど海外で仕事をしたいと考える日本人ならば、真っ先に思いつくのが日本語教師なのではないでしょうか。

しかし、イタリアでは日本語が話せたら誰でも日本語教師になれるというわけではありません。

正しい日本語を話すことができることはもちろん、その文法をイタリア語で分かりやすく説明できる能力、日本語教師歴などがなければ、イタリアで日本語を教えることはできないのです。

イタリアの日本語教師の募集では、420時間の日本語教師養成講座の修了を条件にしているところがほとんどです。

イタリアで日本語教師になるには

  • 日本語教師養成講座を修了しておくこと
  • 日本語能力教育検定試験に合格しておくこと
  • イタリア語で日本語の文法を説明できる程度のイタリア語レベルがあること

上記を満たすことが条件となります。日本語教師をやるのも楽ではありません。

イタリアで在宅で通訳や翻訳の仕事をする

イタリア

在宅での仕事(例えば、インターネットを通したお仕事)は、いつも仕事があるわけではないため、定期収入として見込むにはとても不安定だということです。

イタリア語を話す日本人は、英語を話す日本人に比べて少ないですが、その分、仕事数も英語に比べて圧倒的に少ないです。そのため仕事を得るための競争率が高く、なかなか仕事を取れないというのが現状です。

根気強く求人や仕事を探す必要があります。

イタリアの外資系企業で働く

イタリアで仕事

日本人向けのみではないですが、外資系企業でも求人を見かけます。イタリアの外資系企業で働くという選択肢です。

しかし、フルタイムまたは正社員としての雇用となるので、学生ビザでは働けません。

よく見かける条件は、「日本語を母国語程度、イタリア語、英語ビジネス程度、中国語ができればなお歓迎」というもので、日本語とイタリア語の他にも英語が必須な場合が多いようです。

最近はトリリンガルでないと仕事が取れないという、厳しい状況になっているのです。イタリアで仕事をするには、まず語学(イタリア語+英語)を身につける必要がありそうです。

イタリアの日本料理屋さんでのアルバイト

イタリアの日本料理屋さんの中には、イタリア語を話せなくても大丈夫という条件のところもあります。

しかし、このようなお店では、時給が500円ほどしかもらえない場合もあります。イタリアの生活費の高さを考えると、この仕事だけで十分な収入になるとはいえません。

また、レストランは営業時間が9時〜13時までと17時〜22時までというのが一般的で、14時から17時の休憩時間は自宅待機になってしまいます。

そのため日本料理屋さんでアルバイトをするならば、自宅から近くのお店を探すことをおすすめします。

イタリアにある日系企業の海外駐在員を狙う

とはいえ、仕事が全くないかというとそうではありません。

イタリアで働くためには、求人を見つけるタイミングが重要になってきます。タイミングによっては英語のみで働ける求人もあれば、少しのイタリア語で働ける求人もあります。専門知識が豊富であれば、知識が期待される仕事につくこともできるでしょう。

まずは、イタリアで海外駐在員の求人のある転職サイトに登録してみましょう。

おすすめの転職エージェント

まずは仕事探しからイタリア就職が始まります。

イタリアの外資系企業を狙う

少しレベルが上がりますが、外資系企業の社員として、イタリアで働くという手段もあります。

英語やイタリア語などの語学力があることは必須になってきますが、海外での仕事経験は大いに役立つはずです。

また、ヨーロッパ内で転職する際も、海外未経験よりも海外での仕事経験者の方が採用されやすくなります。キャリアアップを目指すならやはり外資系企業は狙っていきたいところです。

まとめ

イタリアで仕事を見つけ、働きながら生きていくことは残念ながら簡単なことではありません。しかし、このような状況下でもたくましく自分の力で生きている日本人もいるので、不可能というわけではないのです。

「悩んでいても仕方ない。前向きに探したら道が開ける。なるようになるよ。イタリアって国は、強さと前向きな姿勢があるとなんとかなるんだよ。」

イタリアに長く住む日本人は、新しくイタリアにやってきた人を、そう勇気づけたりします。外国で生きていくには、強い精神力を持っていることがとても大切だと言えそうですね!

上手にイタリア就職・イタリア転職をするには

2018年現在もイタリア就職の状況は絶えず変化しています。効率よく転職活動を進めるには、転職エージェントの利用がおすすめです。

イタリアへの就職を進める上で大事なことは「情報収集」と「行動力」です。

そのため、転職エージェントを使い、気になる求人情報をストックしておくことが大事なのです。情報収集が進めば、より具体的にイタリアで働く自分をイメージできるはずです。

以下の転職サイトは待遇がしっかりとした求人が多いので、不安の多い海外転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。

登録したからと言って必ずしも転職する必要はありません。上手に転職サイトを活用し自分の可能性を広げ、人生を豊かにしましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る