海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツでパン職人として働いて知ったドイツの魅力

  • 公開日:
  • 更新日:
パン

どの国で生活し、仕事をするかの選択はとても大切で、海外就職を考えるなら最初に決めなければならないことです。でも、理想と現実が違うことも多いので、若いうちに旅行で訪れて気に入った国で就職することをおすすめします。

旅行と実際に住んでみることは確かに違い、新たな発見もあります。とにかくまず、その国の雰囲気をつかむことが重要です。

私は、日本人が住みやすいと言われているドイツのミュンヘンでパン職人として働いていました。その実体験からドイツの魅力をお伝えします。

ドイツは外国人にとって働きやすい国

ドイツ

社会が安定

ヨーロッパのほぼ中心に位置するドイツはEUの経済的中心であり、経済、雇用、治安ともに大変安定した国です。

道路や公共機関が整備され、都市部なら車がなくても日本と同じような水準で十分快適に生活することができます。

ビザが取りやすい

ドイツでは他のヨーロッパの国に比べてビザが比較的取りやすいのも、外国人である私たちにとってはありがたいポイント。以前より審査が厳しくなっていますが、それでも諸外国と比べると容易です。

ドイツのビザがあれば、EU圏内を自由に出入国できます。週末の休みなどに気軽に他の国へ行きやすいことも魅力です。

英語が通じる

ドイツ人は母語のドイツ語以外に幼少から英語教育を受けるので、英語を流暢に話す人も多いです。ドイツで英語?と意外に感じた私でしたが、移り住んだ当初はとても助かりました。

ドイツ人は日本人と似ている

ドイツ人と日本人はよく似ていると言われますが、本当にそう感じることが多いです。例えば、時間に正確でまじめです。

電車の時刻は掲示板に表示され、1分でも遅延がある場合はそれを見れば分かります。そして、職場では決められた業務を黙々とこなし、定時きっかりに帰ります。ここは、日本よりもしっかりしています。

また、挨拶で握手をすることはあってもそれ以上はありません。イタリア人のように愛を表現することはなく、自分の想いを表すことも苦手でシャイ、恋愛では内気なアプローチです。

ドイツでは多彩な食文化を楽しめる

ドイツではどの料理も素朴で、ビールに合う味の濃い料理が多いです。ソーセージやお肉だけでなく北の地域では漁業も盛んで、野菜や穀物などの生産も政府が奨励しているためとても発展しています。

また、ヨーロッパの国々と隣接しているので、ワインやチーズも日本に比べて安価です。それに、ドイツに移り住んできた多国籍のシェフがレストランを開いているため、食材やお店はよりどりみどりです。

海外で日本食シック、というのは聞く話ですが、ドイツなら食べ物に関しても日本人は苦労しないと思います。

ドイツの中でもミュンヘンの魅力とは

観光にも住むのにも理想的な環境

ドイツは州ごとに政策や法律を定めているので、一口にドイツと言っても地域によって雰囲気はまったく違います。

私が住んでいたミュンヘンは、ドイツの南にあります。都会ながら公園や自然も多く、有名なノイシュバンシュタイン城にも行きやすい大都市です。

また、世界で有名なオクトーバーフェスもここミュンヘンで開催されています。地元のお祭りムードを存分に楽しむことができます。

まるで大阪?見知らぬ人にも親切

ミュンヘンにはおせっかいな人が多く、一見、怖そうなおじさんでも困っているとすぐに助けてくれます。電車で隣に居合わせた人にもすぐに話しかけたりします。

私にはミュンヘンの方言が、くだけてざっくばらんとした話され方からまるで関西弁のように聞こえ、大阪のような雰囲気を感じていました。

ドイツで職人として働くメリット:一生使える国家資格

パン屋さん

私が就いていたパン職人という仕事、これは一生使える国家資格です。ドイツでの訓練経験と職務経験は将来どの国に行っても大きな武器になります

先にビザが取りやすいと述べましたが、ドイツには職業訓練を受けるためのビザがあります。こちらも外国人の私たちでも比較的取得しやすく、3年という訓練期間を保証されるので更新の不安がありません。

ドイツでは若者の大学進学人気がうなぎのぼりで、職人を目指す人材が不足しているのです。ドイツで職人になるのは、選択肢としてかなり狙い目だと思います。

まとめ〜まずはドイツでの目標を明確にすること

ドイツでは英語も通じますが、ドイツで働いて生活するならドイツ語の習得も必須です。ただ、最低限の基礎知識があれば、暮らしていく中で生きた言葉を学ぶこともできます

その国でたくさんの人と関わり文化に触れることで愛着がわき、語学を身につけたいというモチベーションにもつながるでしょう。

ドイツのどこで、どんな職業に就きたいのか。まずはしっかり目標を定めて情報収集し、ドイツ就職の夢をかなえてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ぽん

ぽん

投稿者プロフィール

大学卒業後、ドイツ・ミュンヘンで5年間生活。
食べること、お酒を飲むことが大好きで、最近は美味しいワインと合う料理やお菓子を作ることにハマっています。
趣味は旅行で、国内はもちろん海外は現在52カ国を訪れています!今は結婚して日本で落ち着いた生活をしていますが、日々何か新しいことや楽しいことを探しています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 楽天カード
  2. シティ
  3. リクルートエージェント
  4. グッドポイント診断
  5. 旅行バッグ
ページ上部へ戻る