海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツの就職活動で苦労した経験から就活のポイントをご紹介します

  • 公開日:
ドイツ

「ドイツで就職してみたい」そんな気持ちはあるけれど、実際何から始めていいのかわからない、どんなことが起こるのか想像がつかない、そんな風に思っている方もいらっしゃると思います。

気持ちはよくわかります。

「もし事前に少しでも情報があったら準備できるのに……」そんなあなたが少しでも心構えができるように、私がドイツでの面接や就職活動のために行った対策、大変だったことや感じたことから就職活動のポイントをご説明したいと思います。

ドイツの就職活動前の準備

準備

就職活動を始める前に、応募に必要な書類を準備します。まず私は、最初に日本語とドイツ語の履歴書2種類を用意しました。顔写真付きのものです。

日本のように既存の履歴書フォームはないので、ワードで書き上げたものをpdfにしておきました。英語の履歴書も用意しておけばよかったのかもしれませんが、結局作成しませんでした。

ドイツの企業では履歴書の決まりはない

ドイツの企業では、特にオフィシャルに何語の履歴書が必要という決まりはありません。ドイツ企業に送る場合はドイツ語の履歴書だけで充分です。

日本語とドイツ語の履歴書を用意

ドイツの日系企業に履歴書を送る際は日本語の履歴書だけで充分な場合もあります。私はドイツ企業に送る時はドイツ語のみ、ドイツの日系企業に送る時はドイツ語と日本語の両方を送りました

例え面接官が日本人だとしても、ドイツの企業ならドイツ人関係者がいるだろう、と考えたからです。そういう意味では履歴書は日本語とドイツ語の二つで充分です。

3ケ国分の履歴書を作成しておくと便利

ただ、まれにドイツの企業が日本人母国者を募集する場合「履歴書は英語」と記載されている場合があります。

初めから3ケ国分の履歴書を作成しておいて、その都度使い分けるのが一番いいと思います。

履歴書以外で費用なもの

求職用の資料として、ドイツでは履歴書の他に、職歴証明書や資格証明書を用意します。ドイツでの職歴がない場合は存在しませんが、ドイツ企業で就職した人は、退職時に職歴証明書を受け取ります。

通常はドイツ語のみですが、あなたが日系企業に就職希望であれば、できればドイツ語と英語併用で書いてもらいましょう。私の場合は資格証明書として、ドイツの大学の卒業証明書を用意しました。

2010年前後に行われた大学制度の変更後、ドイツでは大学進学率が以前より上がりましたが、それでもまだ50%強です。

そのうえ単位取得や卒業試験までの道のりが厳しく(同じ試験に2度落ちると失格など)、最終的に大学卒業できるのはそのうちの6-7割なのです。

そのような背景のためか、ドイツでは大学を卒業することが、スキルの一つとして認知されています。

ドイツでの就職活動の進め方

ドイツ

ドイツで求職活動を始めるにあたって、私はまず最初にドイツの日本商工会議所の求職欄に自分のプロフィールを送りました。こちらには求人・求職両方からの募集が行われています。

自分の方から、興味を持った企業にコンタクトを取ることもできますし、逆に私の経歴に興味を持った企業があれば、連絡が来る仕組みになっています。

内容は、ソフトエンジニア、事務員、営業等さまざまですが、多くは日系企業もしくは日本と取引があるドイツ企業からの募集ですので、一般のドイツ企業に応募するより面接までこぎつけるチャンスが高いです。

私も実際、何社からか、オファーを頂きました。

エージェントに依頼する

仲介業者に頼むという方法もあります。

いくつかありますが、例えば私は在欧日系企業向けのリクルート会社「キャリアマネジメント」に自分の履歴書を送って、実際何度かコンタクトがありました。

その他、ドイツで唯一ともいえる日本語で書かれたドイツ情報誌『ドイツニュースダイジェスト』などの求人募集欄を常にチェックしていました。少しでも興味を持った企業に積極的に応募しました。

私が実際に仕事の内定をもらったのは、このサイトからです。

その他、ドイツのインターネットコミュニティサイトのMixb(ミックスビー)のサイトでもたくさんの募集がありますので、こちらのサイトをチェックするのもいいと思います。

募集内容は他のサイトに比べて飲食系が多いのが特徴ですが、他の職種も募集しています。

ドイツでの就職活動で苦労したこと

手帳

私は自分の日本での前職とドイツの大学時代に培ったドイツ語力を合わせ、事務職を探しました。その際に苦労したことは、そもそも自分のスキルに合う求人が少ないということでした。

大手企業の多くの日本人は日本からの駐在員で、現地採用をしているところはわずかです。

ドイツで働くには英語力が必要になる

まったく求人がないわけではありませんが、社内の公用語は英語で、ほとんどの場合ビジネスレベルの英語のスキルが求められます。”英語必須・ドイツ語できれば尚良し”といった求人が多いのです。

日本人でドイツ語も英語もビジネスレベルで操れる人はそう多くありません。私の場合もドイツ語はビジネスレベルに達していましたが、英語は中級レベルでした。

英語の勉強も少し始めていたものの、急にビジネスレベルに上達するわけではないので、かなりハードルが高かったです。

ですからもっぱら、主にドイツ語を必要とするところに応募していました。逆に英語が得意で就職活動しようと思うのであれば、ドイツ語が少しできれば就職にはかなり有利だと思います。

ドイツでの面接の心構え・注意点

ビジネス

就職活動中、実際いくつか面接に呼んでいただいたのですが、その際10分くらい前に到着すること、念のため応募書類を持参することを心がけました

服装

服装はドイツ企業に応募する場合は必ずしもスーツではなくてもいいと思いますが、日系企業の場合はスーツかそれに準ずる服装がいいと思います。

面接時の注意

面接中気を付けたことは、できるだけ正直に話すことです。

具体的に言うと、できることははっきり言う、そしてできないことは無理してできる、といわないことを心掛けました。

ヨーロッパ人が面接でよくすることですが、実際できないことでも面接の場でできるということが多いのです。

もちろん内定をもらえないと自分の実力を発揮する機会もないので、気持ちはわかりますが、実際できないことをできると言って入社しても、自分が後から苦しくなるだけです。

もちろんただできないというだけではなく、勉強してマスターする意欲はあることは伝えました。

面接用の答えを考えておく

面接で一番困ったのは、抽象的な質問をされた時です。

例えば「日本とドイツの違いがたくさんあって、いろいろ大変だと思いますが大丈夫ですか」などです。

大丈夫だと思われる具体的なエピソードを挙げればいいのでしょうが、あまりにもたくさんありすぎて何を言ったらいいか迷ったのを覚えています。

ドイツでの就職活動で気が付いたこと・対策

パソコン

英語の重要性

実際就職活動を行って感じたのは、英語力の不足でした。一度面接で英語の自己紹介をするように言われ、しどろもどろになったのを思い出します。

その後あわてて英語の自己紹介文を作成しましたが、結局披露するチャンスはありませんでした。逆にドイツ語に関してはほとんどチェックされませんでした。

ドイツで日本人に期待されているのは即戦力なので、これまでの職歴プラス言語が必須です。

ドイツで生活するにはもちろんドイツ語が一番で、英語は必要ありませんが、就職にあたっては英語のスキルは重要だと実感しました。

エンジニアやマーケティングなどの専門スキルに加え、英語(できれば多少ドイツ語ができれば完ぺき)のスキルがあれば、就職はそう難しくはありません。

英語やドイツ語ができなければ業界が限られる

逆に日本語だけしかできない場合、ドイツでの就職はほとんど飲食業界に限られてしまいます。飲食業界は労働時間が長く、肉体労働できつい仕事です。

仕事をしながらドイツ語を習得しようとしても気力が続かずほとんどの人が習得できないのが現状です。

私が飲食店を経営した際には、そのような職場は避けたかったので、きちんと時間内の労働を心掛け、従業員には語学学校にも通ってもらいました。それでも正社員全員に語学学校に通ってもらうのは難しかったです。

もともとドイツに日本食を広める目的で来た人はいいのですが、働きながら言語を身に着けるのに適した環境ではありません。できれば就職活動前に、英語かドイツ語を習得しておくのが望ましいです。

まとめ

ドイツ

ドイツでの就職活動の際、実際に私が行ったこと、そして気が付いたことをまとめました。少しは参考になったでしょうか。

ドイツで就職する際には、あなたの言語スキルと過去の職業経験が大きく左右されます

英語かドイツ語のどちらかを使って就職活動をする場合、実際に就職活動を開始する前に苦手な方の言語のレベルアップをしておくと就職のチャンスが大きく広がります。

トイック(TOEIC)やドイツ語検定など企業に通用する証明書を持っておくことも、客観的な目安になるので就職活動に役立つと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Fujiko

Fujiko

投稿者プロフィール

プロフィール 札幌出身。2000年よりドイツ在住。語学知識ゼロからドイツ語を始める。2009年南ドイツの大学にて修士課程卒業。2010年北ドイツのIT企業に就職、のちに代表を務める。本業のIT業務のかたわら社内ベンチャーにて、2015年当時都市で唯一の専門飲食店を立ち上げ繁盛店にする。現在はフリー。趣味はテニスと読書。ブログ等でさまざまな方向からドイツ情報を発信しています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 楽天カード
  3. シティ
  4. リクルートエージェント
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る