海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツの日系ベンチャー企業で働くことにした理由【自分を試してみたかった】

  • 公開日:
ドイツ

「もうすぐ30歳。日本で自分なりにキャリアアップをしてきたし、今の状況も悪くないけど、一度海外で自分を試してみたい。だけど見知らぬ土地に行って、果たして自分はやっていけるだろうか……」

そんな不安を持つ人も多いのではないでしょうか。

私もドイツへ出発する前は同じように思っていました。しかし、何事もやってみなければわかりません。私のドイツでの仕事経験をお話しすることで、そのような不安が少しでも取り除ければ嬉しいです。

ドイツに来る前に日本でしていた仕事

ドイツの風景

私は海外に行く前に、地元企業で10年ほど働いていました。所属は経理課です。10年も働けば、経理の仕事は一通りできるようになります。

伝票入力から決算までできるようになった後、いつしか「どこか全然違う場所に行って、ステップアップしたい」という気持ちが湧いてきて、退職を決意しました。1999年のことです。

その当時、日本では今より強く永久雇用の考えが残っており、キャリアアップのための再就職は今ほどチャンスがありませんでした。そして私の仕事のスキルや学歴はごくごく平凡で特別なものではありません。

それでどうせなら「一度日本とは全然違う海外に出て、自分がどこまでできるか試したい」という気持ちが強くなったのです。

「もし海外でダメでも日本に戻ってきて経理の仕事を探せば、何かは見つかるだろう」自分の中でそのように思えるようになったことも、海外に行くという気持ちを後押ししてくれました。

ドイツを滞在場所に選んだきっかけ

ドイツの風景

私の場合は、必ずしも海外で働くことが目的ではなく、「できるだけ日本と違う環境に行って自分の限界を試したい」というのが目的でしたので、候補地はアジア圏でないところが希望でした。

加えて、せっかくだから学生時代習った英語ではなく、全然違う言語の国に行きたいという思いもありました。それでヨーロッパが候補になったのです。

その中で実際いくつかヨーロッパ諸国に旅行に行って、”ドイツなら長期間住める”と感じたというのが決め手です。

行った町の雰囲気や物価などの情報ももちろん助けにはなります。でも最終的な決め手は理屈ではなく「ここが好き」という感情的なところも大きかったので、理論的に説明するのはなかなか難しいです。

ただ、どんなに憧れていた国でも、実際に来てどうしても性に合わなくて病気になってしまったり、帰国してしまう人もいるのは事実です。

ですから、海外に出ることを検討している人は、本当に決定する前に、試しに一度候補地に行ってみることをおすすめします。

ドイツでやったこと、そして仕事はどのように探したのか

「海外で働くこと」を目標にしていたわけではないので、最初は南ドイツの大学町に語学学校生ビザで入国しました。2000年のことです。

語学学校でドイツ語の勉強をしたのち、ドイツの大学に入り、学士・修士課程を卒業したあとに、ドイツで就職したのです。仕事を始めたのは2010年でした。

就職活動ですが、2009年にドイツの大学を卒業後、そのまま大学で短期の助手としてアルバイトをしながら、一般企業でのフルタイム職を探しました

希望の職種は日本で経験のある経理、そしてこちらで学んだドイツ語と日本語の翻訳通訳などの事務系です。

ドイツにある日系商工会議所に登録したり、ドイツの日系サイトなどを見ながら何社か面接に行きました。

ドイツで就職するまでの期間と苦労した点

ドイツの駅

ドイツの大学卒業後、仕事を探し始めてから、北ドイツのある企業に決まるまで10か月ほどかかりました。一番のネックは、英語力の不足でした。

ドイツで就職するにあたり、私の強みは”日本語・ドイツ語ができること”と、”日本での経理の知識”の二つなので、日系企業かドイツ系で日本との取引がある企業でないと自分の強みが生かせません。

しかし日系企業ですと、日本からの駐在員はドイツ語ができないため、ドイツ人との共通言語は英語です。ドイツ人と日本人と個々に話すときはドイツ語・日本語で話せばいいのですが、共通の会議となるとやはり英語が必要になります。

私の場合はドイツの大学を卒業したのでドイツ語はもちろんビジネスレベルに達していますが、英語はせいぜい中級レベルで、ビジネスレベルはなかなか厳しいものがありました。

ドイツでドイツ人と働き、彼らの本音を感覚的にすばやく理解するためにも、ドイツ語習得は必須ですが、会社の規模が大きく、インターナショナルになると英語のスキルもどうしても必要になってきます。

しかし、実際はドイツで3か国語をビジネスレベルで話せる日本人はとても少ないのです。ドイツ滞在の長い日本人はドイツ語習得に時間がかかるので、どうしても英語力は弱くなります。

逆に日本からの駐在で来ている日本人は最低限のビジネス英語はマスターしていますが、ドイツ語はできません。ですから日本人で社会人経験があり、ドイツ語も英語もできる人材であれば引く手あまたで就職にはまったく困りません。

ドイツの日系ベンチャー企業へ就職

ドイツの風景

このように、英語以外を公用語とする国での日本人の就職はなかなか難しいのですが、逆に企業のニーズにピタッとはまれば、他の人がマネできない成果が出ることもあります。

2010年に、10か月の就職活動ののち、私は北ドイツの日系ベンチャー企業に就職しました。自作パソコンのパーツの開発・販売をする会社です。

その会社は、ちょうど新しい日本人社長がドイツに来る時期で、社長の秘書兼ドイツ語の通訳、そして会計の知識がある日本人を探していたのです。しかもその社長は、日本語と英語のバイリンガルだったため、英語の通訳は必要ありませんでした。

私が面接に行ったところ、相手が求めている条件にぴったりだったので、面接の場で内定をもらい、そのまま就職が決まりました。

社長以外は全員現地人で、新入社員の私の労働ビザの取り方もわからなかったので、私が自分で自分の労働ビザの手配をしました。そして新しい社長の労働ビザ取得が私の初仕事となりました。

社長以外の日本人がいないので、会社の共通語はドイツ語だったのも幸いでした。

自分の持っているスキルと、会社から私に求められているものがピッタリあったので、働いていて楽しかったです。10年というブランクを経て、久しぶりに社会人に復活できたのも新鮮で楽しく、バリバリ働きました。

給与も最初は平均的なものでしたが、最初の数年でどんどん上がっていきました。さらに、私はみずから提案して一人で社内ベンチャーまで立ち上げてしまいました。IT関連の会社なのに、なんと異業種の飲食業界です。

ベンチャー企業で自由な社風だったので、好きなようにやっていいと許可をもらい、知識なしで意欲だけで始めました。

以前の仕事が減るわけではないので、もちろん仕事は増える一方です。しかも成功するとも限らない状況でよく始めたと自分でも思いますが、絶対いいアイデアだという自信と、自分のアイデアで楽しくやっていたので仕事だと感じていませんでした。

その結果、問題が山積みで数年間かかりましたが、ドイツでは珍しい180万人の人口がいる北ドイツのハンザ都市(ハンザ都市というのは、中世後期に発生した、北海とその周辺にある、商業的に栄え”法的自治”を持った都市のことです)に、初のラーメン店を開業することに成功したのです。2015年の3月になります。

おかげ様で今は行列のできる店となっています。

それだけではなく、2015年の1月から、私は会社の代表にもなりました。2010年に私の入社のきっかけとなった、日本から来た社長が5年経って日本に戻ることになったのです。

入社したときには、まさか自分の発案でこの都市で初めてのラーメン店を開業するとは思ってもいなかったですし、しかも会社の社長になるとは想像したこともありませんでした。

なる時は、望む望まないに関わらず、自然の摂理のようにそこにすっぽり収まるものなのですね。

代表になったことによる気づきと成長

会社が未来へ向けて常に前進を目指す以上、完ぺきな状態というのは存在しないのですが、代表就任後もそれまで通り、自分のできる限りのことをやっていきました

会社の大小に関係なく、社長というのは、本当にすべての代表だということ、意思決定機関でもあり、イレギュラーが起きたときのトラブル処理係でもある。

そして決定するまでは誰かの手助けがある場合もありますが、決定する瞬間はひとりで孤独でもあるということ。

それまで4年間同じ会社で働いていたのに、まるで違う会社かと思うほど新しい気付きがありました。知識として知っていることと、当事者になることの違いの大きさ。これらの経験は、例え望んだとしても決して誰もができることではありません。

そして3年たった2017年の末、私はその会社を退職しました。また次のステップに行く時期だという気持ちが強くなったのです。

決めるまではもちろん悩みましたが、決めた後はすぐさま、社内の調整や書類関係も整え、無事に会社を次世代に引き渡すことができました。 あっという間の7年でした。

これから先のことに不安がまったくないわけではないですが、ドイツに来た当初と同じ気持ちで、これからも楽しみながら新しいステップを歩いています。

まとめ【海外で就職希望の人に大切なのは” 最初の一歩”】

海

目の前のことを一生懸命やっているうちに、いつの間にか長い年月が過ぎていました

私は決して最初から、ドイツで大学を卒業して、就職して社内ベンチャーを立ち上げて、社長になる、と決めていたわけではありません。逆に最初からラーメン店を経営したいと思っていたとしたら、決してITの会社には入らなかったでしょう。

新しい経験を積んで、日本では会うはずのなかった人たちと知り合い、視野も広がりました。ドイツに来てよかった、と心から思います

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Fujiko

Fujiko

投稿者プロフィール

プロフィール 札幌出身。2000年よりドイツ在住。語学知識ゼロからドイツ語を始める。2009年南ドイツの大学にて修士課程卒業。2010年北ドイツのIT企業に就職、のちに代表を務める。本業のIT業務のかたわら社内ベンチャーにて、2015年当時都市で唯一の専門飲食店を立ち上げ繁盛店にする。現在はフリー。趣味はテニスと読書。ブログ等でさまざまな方向からドイツ情報を発信しています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 海外就職求人サイト
  2. グッドポイント診断
  3. 旅行バッグ
  4. リクルートエージェント
  5. シティ
ページ上部へ戻る