海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツで日系IT企業と飲食店経営の二足のわらじで仕事をする私のスケジュール

  • 公開日:
ドイツ

多くのヨーロッパ諸国でもそうであるように、ドイツでも従業員の労働条件はかなり手厚く保護されています。残業ほぼなし、年休25~30日、病欠の義務という日本ではなかなか難しい労働条件が実現されています。

しかし、経営者はその労働条件の保護に含まれません。むしろ労働者の権利を守るために自分がその分カバーしなくてはなりません。

弁護士や会計事務所の所長も流石に休暇は取りますし、事務所に代理人や秘書もいますが、休暇中でも緊急時には本人が最低限の判断はできるようになっています。

今回はドイツの日系IT企業と飲食店の経営者としての私のタイムスケジュールをご紹介します。

ドイツの朝は7時起床

ドイツ

朝の起床時間は7時前後と比較的ゆっくりです。ドイツでは渋滞がほとんどありません。私の場合は自宅から会社まで6~7km離れていますが、高速を使って通勤時間10分ほどです。

朝シャワーを浴びて、ヨーグルトとパンとコーヒーの軽い朝食をとり、8時半ごろ家をでれば始業時間の9時に充分間に合います。

他のほとんどの社員は9時ちょうどに会社に来ますが、私は事務所で唯一の日本人として日本との連携があります。時差の関係上、なるべく日本がまだ就業時間中に連絡が取れるよう少し早く会社に行っていました。

会社到着は8時40分ごろ

ドイツ

毎日会社に到着するのは8時40分くらいです。IT関連の会社ということもあり、インターネットなしには仕事が成り立ちません。まずはメールのチェックから始まります。

アジア向けの仕事

アジアからのメールが多いので、できるだけアジアの終業時間が終わるまでに処理します。アジアとのやりとりはほとんどメールで、場合に応じてスカイプ会議になります。週に1度の購買会議は日本と台湾とドイツでスカイプを使用しながら行っていました。

その他会社の経営状況やITの商品関係、アジアからドイツへ向けての商品出荷スケジュール調整などを行います。出荷スケジュールはドイツの毎週の売り上げに合わせて、直前まで微調整します。

ドイツ国内向けの仕事

それが終わるとドイツ国内の仕事に入ります。予定していた業務をしながら、ちょこちょこ社員から入ってくる質問への指示を行います。

ドイツでは各個人が自分の専門の仕事をします。会計、倉庫、営業、WEB、サポートに分かれているので、ルーチン化していることや、一つの部門単独でできることは彼らが責任を持って行います。

しかし複数の部署が関係する場合、誰が何を担当するかの調整は私が行います。郵便物の処理もあります。毎日の郵便から、私が判断しなくてはいけないもの、急ぎのものを処理します。

小さい会社だったので、総務や秘書部門がありません。私は代表であると同時に総務秘書部門の仕事も引き受けます

役所や銀行からの規則変更の連絡やアンケート調査、給与関係、お金に関することや、外部からの電話も、判断が必要なものは全て私に回ってきます。

単純なことも判断に迷うこともありますが、どちらにしても数が多いとそれなりに時間はかかります。

お昼はみんなが食べ終わった14時以降

ドイツ

午前中は、アジアとのやりとり、そして昨日予定していた自分の仕事、郵便処理と社員からの質問に答えているうちにあっという間に終わってしまいます。社員がお昼休みを取る12時から14時くらいになると、少しゆっくり自分の仕事ができます。

IT関連の仕事の他に、2店の日本食レストランを経営していましたので、そちらからの連絡もメールで入ってきます。

売上や給与関係の事務処理はレストラン分も私たちが事務所で行っていますが、レストランのフルタイムの従業員は全員日本人であまりドイツ語ができないので、大家さんとの連絡、住民さんとのやり取り、修理が必要な時の業者とのやり取り、トラブルや改善の相談等々、私が聞いて処理をすることになります。

ITの社員は日本語ができませんし、仕事も分かれています。ドイツ語と日本語ができて、状況を把握しているのは私一人だけなのです。役所とのやり取り、新規社員のビザ取得なども私の仕事です。

大抵の必要なやりとりは電話かメールで済ませましたが、もちろん必要に応じて、お店の方に出向くこともあります。大きなトラブルではなくても、毎日何かしら起こるものです。

14時過ぎになると比較的落ち着くので、昼食に出ます。近くにあるのはアジア軽食か、ドイツカフェか、トルコケバブの三択なのでその中から気分によって食べたいものを選びます。

この時間に少し落ち着いて、目の前にある仕事だけではなく、仕事全体のことなどを考えます。

終わりは未定

ドイツ

会社の終業時間は18時です。毎日17時過ぎにお客さんへの出荷作業が終わるので、部門によっては17時半には終業ムードです。

しかし、私の仕事は終わりが読めません。というのは大抵の社員が、終業時間直前に何か言ってくることが多いからです。

内容によりますが、明日その社員が会社に来た時にフィードバックしておいた方がいいことであれば、それが私の今日の課題になります。

仕事は毎日流れていきますので、やろうと思えば切りがありません。私も初めのうちは22時とか23時まで働くことも珍しくありませんでしたが、長い間そのように働いていては体が持ちませんし能率も落ちます。

ドイツ人はその点時間の使い方が非常にうまく、仕事は終業時間までに終わらすという考えが徹底しています

私があまり長時間働いていると、会計事務所や弁護士、社内からも「働きすぎはよくない、次の休暇は予定しているのか」などと心配されました。

人生仕事も大切ですが、仕事だけではありません。私も後半は割りきってできるだけ20時には会社を出るように心がけました

もちろんアクシデントが起こった時は別ですが、通常業務で起こる範囲の仕事で締め切りのないものはうまく時間調整するようになりました。自己管理も仕事のうちです。

夜や週末は飲食店からの連絡が入ることも

ドイツのお店

このようになるべく早く家に帰ることを心掛けるようになりましたが、家に戻ればフリーというわけではありません。むしろ形にならないことを形にする作業は家で考えるほうが多かったです。実務作業は会社で、考えるのは家でという具合です。

スマートフォンの発達で家にいても仕事関係の連絡が入ってくるようになりました。特に夜と週末はレストランのかき入れ時です。

IT部門とは仕事の時間帯が違うわけですから、彼らにすれば仕事時間内の連絡になるのですが、私にとっては上手にバランスを取らないと24時間週末も関係なく仕事連絡が入ってくるようになりました。

こちらも緊急時を除いて、できるだけ通常時間に対処するようにしました。とは言っても、常に連絡が取れる状態にいるようには心がけました。それだけでも社員は安心するものです。

まとめ

ドイツ

私の場合は会社の代表になったこと、アジアとヨーロッパの時差、そして一つの会社にIT関連と飲食という2つの部門があるという特殊な状況にいたため、最初は時間の調整に苦労しました。

しかし、ドイツ人は休暇を含め個々のプライベート生活に寛大です。自分が取れないと思っていると取れませんが、いざ私が休暇をとっても苦情を言う人はいませんし、逆に長い間休暇を取っていないと取ることを勧められます。

それが長いことモチベーションを保って効率よく働く秘訣だと思います。もちろん私も一年に一度は休暇を取って日本に帰国していました。

ドイツで仕事をすると、仕事の達成感と自分のプライベートがどちらも重要だと実感しますし、両方を大切にできる幸せを感じます。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Fujiko

Fujiko

投稿者プロフィール

プロフィール 札幌出身。2000年よりドイツ在住。語学知識ゼロからドイツ語を始める。2009年南ドイツの大学にて修士課程卒業。2010年北ドイツのIT企業に就職、のちに代表を務める。本業のIT業務のかたわら社内ベンチャーにて、2015年当時都市で唯一の専門飲食店を立ち上げ繁盛店にする。現在はフリー。趣味はテニスと読書。ブログ等でさまざまな方向からドイツ情報を発信しています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. シティ
  2. 海外就職求人サイト
  3. グッドポイント診断
  4. 旅行バッグ
  5. 楽天カード
ページ上部へ戻る