海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

家具・家電付き。月4,000元。北京ではどんな家に住めるのか?

  • 公開日:
北京

帰りたい家がある。なにかのキャッチコピーみたいですが、北京生活でのモチベーションを上げるためにも、一息つくことのできる家があることはとても大切なことです。私は日本に住んでいた時よりそのことをより一層感じています。

今回は、北京に住む私にとって今帰りたい家を、部屋の内装を中心にご紹介いたします。もし北京での生活を経験されたいのであれば、この記事を見て実際にどんな生活ができるか想像してみてください。

北京の家に引っ越したわけ

北京には、中心の天安門・故宮を囲むように5つの環状線道路(2環~6環)が走っています。中心から離れていけばいくほど、当然家賃は安くなります。ただ、中心から離れれば離れるほど、交通手段が少なくなるため、不便にもなります。

北京

私は3環と4環の間に住んでいます。家賃がなるべく安く、交通の便がいい場所を選びました。北京の中心からは少し離れていますが、生活する上では何の問題もありません。北京国際空港までは地下鉄で1時間半、タクシーでも2時間かかりません。

私の家から最寄りのバス停までは徒歩1分、地下鉄の駅までは徒歩5分です。電動バイクで5~10分ほどの場所には、比較的大きなスーパーやユニクロなどが入ったショッピングモールもあるので、とても利便性のよい場所です。

私の家は築20年ほどの古い建物ですが、1年目の家賃は3,600元/月(58,000円)、2年目の今年は4,000元/月(64,000円)に値上がりしました。レートは1元=16円としています。(2018年11月現在)

家賃は、毎年契約を更新するたびに基本値上がりします。今年は500元前後の値上がりが妥当でした。

家具・家電付き

家賃を見て、高っ!と思った方もおられるでしょう。でも、中国で家を借りるということは大家さんが持っている家、または住んでいた家を借りるということです。

ですから、家には基本的に大家さんの所有している、大家さん好みの家具・家電がそろっています

エアコン・電子レンジ・洗濯機・冷蔵庫・給湯器などの家電に加え、ソファー・ベッド・クローゼット・テーブル・椅子などの家具も、新たにそろえる必要はありません。

もしも借りた家にない場合は、仲介業者や大家さんに直接相談してそろえてもらうこともできます。

ただ、アイロン・ドライヤー・カーテン・寝具・空気清浄機・掃除機などが最初からある家は少ないので、これは自分でそろえましょう。

プチ情報-家を借りる場面でよく出てくる中国語

以下の中国語を知っておくと、家を借りる際に役立ちます。覚えておきましょう。

  • 房东(fang2 dong1)-大家さん
  • 中介(zhong1 jie4)-仲介業者
  • 物业(wu4 ye4)-不動産業者
  • 房租(fang2 zu1)-家賃
  • 押金(ya1 jin1)-敷金
  • 中介费(zhong1 jie4 fei4)-仲介手数料
  • 合同(he4 tong)-契約書

北京の家の間取りとインテリア

レイアウト

私の住んでいる家は、1LDKのような間取りで、部屋全体の広さは60平方メートルあります。各部屋をご紹介します。

玄関

玄関

日本の家のように一段上がっていません。ここでスリッパに履き替えます。災害時に備えて、一応避難バッグも準備しています。

寝室

寝室

玄関から入ってすぐ右側に、ちょっとした部屋のような空間があります。クローゼットをパーテーション代わりにして、自分たちでカーテンもつけて寝室にしました

リビング

リビング

リビング

憩いの場所です。ここで仕事をしたり、何人か友達を呼んで一緒にごはんを食べたりもできます。10人ほど来てもそこまで狭くは感じません

壁の青いトリムボーダーは、日本の100均で壁紙を買ってきて切って貼りました。

ベランダ

ベランダ

リビングの奥にベランダがあります。北京の家には、たいていどの家にも服を乾かすためのこういったベランダがついています。天気が良ければ、ここに椅子を置いて、お風呂あがりにビール片手にぼーっとするのも気持ちがいいです。

ランドリー

ランドリー

玄関から入って、左側にはランドリールームがあります。ちなみに、バスルームのドアは自分たちで塗りなおしました。

バスルーム

バスルーム

シャワーとトイレと洗面台が、この狭い空間にギュッと詰め込まれています(笑)。トイレ掃除がとても楽です。中国の家に浴槽はありません。でも私の友達には、どうしてもお風呂につかりたかったらしく、こちらで浴槽を買った人もいました。

キッチン

キッチン

流しが建物の古さを物語っていますね。大きいので、洗いものは思いのほかとてもしやすいです。ちなみにコンロの火力は、さすが中国ですからとっても強いです!パラパラチャーハンが簡単に作れます。

窓の外の眺め

窓の外の眺め

ベランダと台所の窓から、小さな公園と緑が見えます。朝には鳥のさえずりが、夕方には子供たちが元気に遊ぶ声が聞こえてきます。これも小さな癒しです。

日本では珍しい北京独自の設備

暖气(ヌアンチー)

海外では珍しくないかもしれませんが、北京の家の各部屋には、暖气(ヌアンチー)と呼ばれる暖房器具がついています。11月中旬から3月中旬まで器具に温水が流れて、部屋全体を暖めてくれます

住む家によっては、外がマイナス20度近くある日でも、半そでで過ごすことができます。ちなみにうちの暖气の効きはあまり良くなくて、冬場ちょっと寒いです(汗)

北京の家で起こるちょっとしたトラブル

普段大事に部屋を使っているのですが、よく物が壊れます。台所の水道管が壊れたり、蛇口が老朽化して折れたり、給湯器が突然壊れたり、トイレの排水が漏れたりと水のトラブルが多いです。

今の家に引っ越してからはあまりないですが、何の予告もなしに急きょ水道管の工事で半日断水したりします。前の家では、ちょうどシャワーを浴びているときに止まって大変でした……。

その中でも感じるメリットは、不動産屋さんに電話すれば早くてその日のうちに、遅くても次の日には見に来てくれて、早急に直してくれることです。

北京での家選びのポイント

仲介業者のサイトに載っている情報ではほぼ判断できません。写真も古かったり、全く違う可能性もあります。直接仲介業者のお店に行って、一緒に部屋を見て回りましょう

住みたい家の近くで、そこに住んでる人に部屋のことを聞いてみるのも参考になります。もしかしたら大家さんに出会えて、仲介業者を通すよりも安く借りることができるかもしれません。

仲介業者といろんな部屋を見て回るときのポイントですが、とにかく聞きましょう!わからないことがあれば、面倒に思えるかもしれませんが、何でも、時にしつこく確認しましょう

また、部屋を契約する前には、仲介業者や大家さんとよく話し合い、重要な点はすべて書面にしてもらいましょう。

例えば、このソファーは借りた時からここが壊れていた。ある家電が老朽化で壊れた場合、その費用は大家さんが払うものとするなど。

細かいように思えますが、書面にしておくことで、その後いざ問題が発生したときに、大家さんからうまく言いくるめられるのを避けられます。

そして、いざ契約書へのサインをする際は、契約書の内容によく精通する必要があります。中国人のお友達がいれば、なるべく同行してもらい、細かな点や交渉を助けてもらうことをおすすめします。

まとめ

海外生活は新しい発見の連続です。特に中国での生活は、日本と比べて驚きや想定外のオンパレードで、最初の1年はあっという間に過ぎていくことでしょう。

環境に順応するためにも、どんな家に住むかはとても重要です。ときに落ち着ける家で、ゆっくり過ごして、学んだことや聞いたことを消化する必要があるからです。

これから北京での生活を楽しまれたい方は、今回の記事をぜひ参考にされてみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【中国求人】未経験からでも中国就職を狙える転職サイトまとめ

中国で就職や転職をしたい!中国で働く前に知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

ページ上部へ戻る