海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリアは安全ではなかった?遭遇したくない危険な生き物5種類

  • 公開日:
  • 更新日:
カンガルー

オーストラリアは世界でも安全な国であると言われており、毎年多くの旅行客、留学生が訪れています。美しい自然や珍しい生物が大きな魅力ですが、一方で人間に危害を及ぼす生物も数多く存在しており、危険な場所や注意点があります。

この記事ではオーストラリアに滞在経験のある私が、オーストラリアで危険と言われる代表的な生き物5種類をご紹介します。これらの生き物について理解し、遭遇しないように、もし運悪く遭遇してしまったときはすぐ対処できるようにしておきましょう。

危険な生き物その1・蛇

蛇

オーストラリアには蛇が数多く生息しており、その種類は140以上とされています。毒を持つ蛇も多く、3分の2に毒があるとされます。

注意点

蛇は主に田舎に生息していますが、都会に出没することもあり、民家に突然姿を現したりします。ワーキングホリデーでファームジョブをしていると、時々蛇が出てきます。

タイガースネーク、ブラウンスネークと呼ばれる蛇が、オーストラリアで生息している中でも最も凶悪な蛇です。このような凶悪な蛇が知らぬ間に民家に侵入し、何年も住み着いて、ある日突然姿を現すことがあります。

外で草木の手入れをしていた人が噛まれて死亡する事故があったり、子供が知らぬ間に蛇の近くにいて九死に一生を得たなどの事例があったりします。

危険な生き物その2・蜘蛛

蜘蛛

蜘蛛

蜘蛛もオーストラリアに数多く生息しており、猛毒を持つものもいます。特に危険なのが、シドニーファネルウェブ、マウススパイダー、レッドバッグスパイダーと呼ばれる蜘蛛です。

注意点

蜘蛛は都会や住宅に出没することがあります。生活の中で見かけることもあれば、靴やスリッパの中に潜んでいることもあるので、注意が必要です。

オーストラリアでは蜘蛛が大発生したり、とてつもなく大きな蜘蛛が発見されたりすると、それがニュースになることもあります。

蜘蛛に噛まれると最初は無痛ですが、時間が経つと痛みや麻痺などの違和感が現れて、患部が広がっていきます。場合によっては死に至るので、蜘蛛に噛まれたら病院へ行って血清を打ってもらいましょう。

危険な生き物その3・サメ

サメ

サメ

こちらはご存知の方も多いかもしれません。オーストラリアには約180種類のサメがいると言われています。その中で、人を襲うサメは約5種類であるとされていて、特に危険なのがオオメジロザメ、ホオジロザメ、イタチザメです。

注意点

ビーチが多くサーファーも多数いるので、サメに関する事故も頻繁に起こっています。豪雨の時、洪水でサメが出現して大騒ぎになったこともありました。日本人サーファーがオーストラリアでサメに襲われて亡くなる事故もありました。

しかし、サーファーがサメに襲われる確率は、宝くじで1等が当たるよりも低いです。サメに遭遇したくなければ、危険性の高い海に近寄らないことです。

危険な生き物その4・クラゲ

クラゲ

クラゲ

オーストラリアの海にいる一部のクラゲも危険な生物だと言われています。ダイビングやサーフィンなどをするのであれば、クラゲに遭遇する機会はあるでしょう。

最近は温暖化により、シーズンに関係なくクラゲが出現するようになってきています。特にハコネックス、イルカンジ・クラゲ、カツオノエボシと呼ばれるクラゲが危険です。

注意点

刺されると猛烈な痛みを感じたり、アレルギー症状を起こして腫れ上がったりすることもあります。また複数回刺されると、死に至る可能性もあるアナフィラキシーショックを起こす危険性があります。

実際に、大型のハコネックスや、毒性の強いイルカンジ・クラゲによる死亡事故が起こっています。また、子供が脚をクラゲに刺され、なんとか一命をとりとめたという事例もあります。

危険な生き物その5・クロコダイル

クロコダイル

クロコダイル

オーストラリアに生息しているクロコダイルは、淡水に住むものと海水に住むものの2種類がいます。生息地は限られており、北部の熱帯地域のみです。

過去にはイリエワニという体長4.71m、体重600kgのとてつもなく巨大なワニが、オーストラリアで8年間追いかけられ続けた末に捕獲されたことがあります。

注意点

グレートバリアリーフなどのビーチで人間が襲われた事故や、オーストラリア北部で少年がイリエワニに襲われて重症、死亡した例もあります。

しかし、クロコダイルに関する事件が起きるのは年に1〜2回であり、普通に生活していれば基本的に襲われることはありません。最近は革製品や食用としての利用が進み、数が減少してきているので、生息地に住むワニは保護されています。

まとめ

オーストラリアで危険な生き物に遭遇したら、手を出したり危害を加えたりしようとせずに、まず逃げましょう

サメやクラゲやクロコダイルは水のある場所に出没するので、あまり安全でなさそうな海や水辺には近寄らない方が良いです。もし運悪く遭遇して危害を加えられたときは、慌てず、人を呼んだり、すぐに病院に行って治療を受けたりしてください

普段から身の回りの安全を守ることに気を使って、楽しいオーストラリア生活を過ごしましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

オーストラリアで働くには?日本人がオーストラリアで日系・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る