海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ロンドンの気候や気温は?ベストシーズン、天気、服装も徹底解説

  • 公開日:

イギリス・ロンドンは北海道より北に位置し、1年を通して曇った天気がほとんどです。ロンドンの夏の期間はわずかなため、ロンドンっ子たちは短い夏の太陽を目一杯楽しみます。秋は日本と同じく紅葉があり、木の葉が赤や黄色に色付きます。

冬になると街中にイルミネーションが輝き、ミュージカルやバレエなどを見ながら長い夜を楽しみます。季節によってさまざまな姿を見せるロンドン、ここではロンドンのベストシーズンや天気、服装などについてご紹介します。

ロンドンの天気

ロンドン

気候

ロンドンは西岸海洋性気候です。乾季・雨季はなく、春、夏、秋、冬の四季がしっかりとあります。湿度はほとんどなく、日本から訪れると乾燥しているように感じます。

降水量

いつもどんよりしていて雨が降っているイメージがあるロンドンですが、実は年間平均降水量は日本の半分程度です。日本は梅雨の時期と台風シーズンに降水量が増えますが、ロンドンは秋から冬にかけて雨が多い傾向があります。

ロンドンは雪が降らない?

ロンドンは北海道より北に位置しているので雪がいつも降っているのかと思われがちですが、実はほとんど降りません。1年に一回降るかどうかで、降ったとしても翌日には消えてしまう程度の降雪量です。

ロンドンより北に行くとまた状況は違いますが、ロンドンに限れば降雪量は少なく東京に近いかもしれません。

ロンドンの気温

ロンドン

気温

ロンドンの年間平均気温は12度程度です。7月の最高気温が1年で一番高くなりますが、それでも23度程度です。30度を超えることはなかなかありません。

夏の気温

夏は本当に短く、6月から7月ぐらいまでが気持ちの良い夏の日差しを楽しむことができる期間です。8月になるとだんだん秋の雰囲気が出てきて、気温も徐々に下がり始めます。

冬の気温

冬は1月と2月が一番寒くなり、最低気温は2〜3度前後です。

気温の低い真冬でもパブの外でビールを飲む

私がロンドンに住んでいて不思議だなと思っていたことの1つは、ロンドンの人たちは、冬の寒い中でも、パブの外で立ちながらビールを飲むことです。

寒さに慣れているとはいえ、外は一桁の気温、寒さより会話を楽しむことを優先するのでしょう。外の寒さを味わいながら、ビールを飲むのも旅の醍醐味かもしれません。

ロンドンのベストシーズン(6月,7月,8月)

ロンドン

ベストシーズンは夏

旅行に行くならベストシーズンはやはり夏の6月から8月ですが、おすすめは7月です。年間を通して一番気温が高い月であり、夜も10時近くまで明るく一日を長く楽しむことができるからです。

ウィンブルドンに行こう

7月にぜひとも体験してほしいのはウィンブルドンでの全英オープンです。テニスのメッカ、ウィンブルドンはロンドンから南に車で1時間程度です。朝から眩しい太陽のもと、テニス観戦を満喫することができます。

シャンパンとイチゴを手に、イギリスのテニス観戦をオシャレに楽しんでみてはいかがでしょうか。

ロンドンでの服装

ロンドン

夏の服装

ロンドンでは、夏でもできるだけ長袖の着用をおすすめします。日中暑いと感じることもありますが、長袖でも過ごせる暑さです。夏場に冷房が効いているレストランやショップはまずありません。

春、秋、冬の服装

春、秋、冬はセーターとコートが必要になります。特に、冬は夜も暗くなるのが早く、冷え込みが強いです。一方、ロンドンには古い建築物が多いですが、建物の中は断熱効果がしっかりしていて暖かいので、上着等は脱ぎやすいものがいいでしょう。

季節別おすすめコートの種類

冬の11月〜3月は、日本の冬と同じようにダッフルコートか厚手のコートが必須になります。春の4〜5月は冬同様のコートでも大丈夫ですが、薄手のトレンチコートやジャケットで十分でしょう。

夏の6〜8月はコートは不要です。秋の9〜10月も春同様、薄手のコートがおすすめです。秋になると寒いので、中には厚手のセーターを着ると心地いいでしょう。

ロンドンへの持ち物

ロンドン

雨は年間を通してよく降りますが、傘はささなくてもいい程度です。また、一日中雨ということはあまりなく、降ったり止んだりの繰り返しです。

帽子、撥水加工の上着

傘を持ち歩くのが手間だという人は、帽子やビニール製または防水加工の上着があれば問題ないでしょう。

夏は日差しが強いので、日焼け止めやサングラスを持参することをおすすめします。

ビジネスマンもリュックが一般的

ロンドンはリュックを背負って通勤をする人が結構います。両手が自由になり便利ですし、電車もそれほど混まないので、リュックを背負ったまま乗ることが可能です。

日本では、スーツにリュックはそれほど見かけませんが、ロンドンのスーツの人は、多くがリュックを愛用しています。ロンドンを散策するにはリュックを持参するのが便利かもしれません。

まとめ

ロンドン

歴史があり、芸術や文化も豊かなロンドン。歴史的建造物が数多く保存され、歩いていると昔にタイムスリップしたような感覚さえ覚えます。 確かに曇りの日も多いですが、日本にはないその美しい街並みは、一度見る価値はあると思います。

また、テニスやゴルフ、ラグビー、クリケットなどいろいろなスポーツも楽しめるので、スポーツ好きならこれらが行われる時期を狙うのもいいですね。

日本から直行便も毎日飛んでいて、片道12時間程です。次回の旅行先候補としてロンドンの四季を楽しむ旅を考えてみてはいかがでしょうか。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

イギリスで就職活動!イギリスで働くための仕事の探し方・就活の流れ

イギリス就職!イギリスで働きたい人が知っておくべき10のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

tmk

投稿者プロフィール

アメリカ在住。米国カリフォルニア州サンフランシスコ、英国ロンドン、米国ハワイ州にて経理、財務、総務の仕事経験あり。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. リクルートエージェント
  2. 海外就職求人サイト
  3. シティ
  4. 旅行バッグ
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る