海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ハワイの治安情報と注意すること。 安全に過ごすためには何に気をつけるべき?

  • 公開日:
ハワイ

常夏の島ハワイ。日本から近く、リゾート感満載のハワイは、何度でも訪れたい場所です。おしゃれなレストランや最新ファッションを取り揃えたショッピングセンターがホノルルのワイキキエリアに集結していて、グルメ探索やショッピングを楽しむことができます。

しかし、ハワイといっても海外なので、日本と違って治安や安全が気になります。ハワイは日本の文化風習とは大きく異なる所もあるものです。ここではハワイの治安情報で注意することや、安全に過ごすためには何をすべきかについてご紹介します。

ハワイの治安概要

夜のハワイ

治安は比較的良い

ハワイの治安は比較的良いほうです。外務省の海外安全情報でも、特に危険情報は出ていません。

ハワイの中心地であるホノルルのワイキキでは、夜遅くまでレストランの食事やショッピングを観光客が楽しんでいます。

夜も移動できるが…

アメリカには珍しく、夜でも歩いて移動できるほど安全です。

ただし、海外ですので、日本と同じ感覚でいては危険です。エリアによっては、犯罪率の高いところもありますし、観光客を狙う犯罪も多数発生しています。常に気を引き締めて出かけるようにしましょう。

アメリカ経済の反映が顕著なハワイ州

経済は観光業がメインで、外的要因が大きく影響します。アメリカ本土で起こった9.11のテロやリーマンショックなどの影響で、ハワイ州の経済は一時的に大きく打撃を受けました。

現在はアメリカ経済が好調なおかげで、観光客の数も年々上昇しています。

ハワイに子どもを連れて行っても大丈夫?

ハワイ

子供連れの家族も安心

ハワイは子供がいる家族も安心して旅行できる場所です。日本の航空会社や旅行会社は、家族向けのパッケージをたくさん取り揃えていますし、現地のホテルも子供のいる家族に優しい対応をしてくれます。

日本のように、子供連れはお断りしますというレストランはありません。アメリカ全体に言えることかもしれませんが、子供がいるから行動が制限されるということはないでしょう。

ハワイで日本人が被害に遭っている事件

ハワイの夜

スリ・ひったくり・窃盗・置き引き

ハワイの在ホノルル日本国総領事館のホームページによると、日本人が被害にあっている事件は、車の中に置いている金品や貴重品を奪われるという事案が多いとのことです。

また、ビーチやホテルロビー、フードコートでの窃盗や置き引きの被害も報告されています。

ハワイで注意すべきこと・注意すべき場所

荷物を置きっ放しにしない

事件や被害にあわないように注意すべきことは、金品や貴重品は必ず自分自身で所持して、車の中やテーブルの上などに置きっ放しにしないことです。

周りに注意する

また、常に周りを気にし、不審そうな人が近くにいないか、何かを探していそうな団体がいないか留意するようにしましょう。

注意すべき場所(カカアコ地区)

注意すべき場所は、観光客が多くいるエリアから、知らないうちに人混みが少なくなる裏道や雰囲気がひっそりしているエリアです。このような場所は、1人で近づかないようにしましょう。

特に、アラモアナエリアから西に向かった再開発中のカカアコ地区は、2018年5月に日本人観光客が公衆トイレで暴行を受けるという事件がありました。

この地区はウォールアートが多く、インスタ映えがするということで日本人に人気のあるエリアですが、観光地と治安の良くない場所が交錯している地区ですので注意が必要です。

ハワイで危険な目にあったらどうする?

ハワイの道

緊急連絡911

ハワイでの事件や被害にあったら、まず警察に連絡をしましょう。ハワイは観光地なので、いたるところに交番があります。911に英語で電話するのが不安な人でも、直接交番に行けば対応してくれます

また、ホノルルの日本国総領事館に連絡することも大切です。特にパスポートを窃盗されてしまった場合などは、すぐに領事館に連絡か訪問して、再発行をしてもらう準備をしましょう。

ハワイはテロの可能性は?

ビーチ

人混みの多い場所はできるだけ避ける

アメリカの州のひとつなので、テロ対策には万全の体制を取っています。空港でもかなり厳密な検査を行なっていますが、テロはどこで起こるかわからないので、人混みの多い場所はできるだけ避けるなど、常に気をつけるようにしましょう。

テロとは関係ありませんが、2018年に北朝鮮からミサイルが発射されたという誤報をハワイ州が流してしまい、大騒ぎになったこともありました。ハワイはアジア諸国とアメリカ本土の中間地でもあるので、軍事的には重要な位置づけになっています。

まとめ

ハワイは観光地として、比較的安全で誰もが楽しく過ごせる常夏の島です。カップルでマリンスポーツやショッピングを楽しむのもいいですし、家族でゆっくりとホテルのプールや海で泳ぐこともできます。

温暖な気候と海外特有のリラックスした雰囲気で、つい気が緩んでしまい、安全についておろそかになりがちです。海外には危険が常に潜んでいますので、十分留意してください。

ハワイを訪れる際には今回の記事を参考にして、楽しく思い出に残る旅行にしましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】未経験からでもアメリカ就職を狙える転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

tmk

投稿者プロフィール

アメリカ在住。米国カリフォルニア州サンフランシスコ、英国ロンドン、米国ハワイ州にて経理、財務、総務の仕事経験あり。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. シティ
  3. リクルートエージェント
  4. 海外就職求人サイト
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る