海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

マレーシアの電圧は?変圧器は必要?コンセント、プラグの形は?在住者が説明します。

  • 公開日:
  • 更新日:
マレーシア

今や、どこにいても手放せないのがパソコンや携帯電話をはじめとする電化製品。旅行や留学、仕事など目的は様々でも、海外に滞在するなら日本の製品がそのまま使えるのかどうかは確認しておきたいですよね。

コンセントの形状や電圧は国によって違います。日本のプラグが合わないことも多く、海外の電圧は日本のものより高い傾向にあります。

ここでは、マレーシアのコンセントや電圧について、日本の電化製品を使用する場合の対応とともに現地在住の私が解説します。

 

マレーシアのコンセントのタイプは?

コンセント

日本のコンセントは2つの穴がある2芯(Aタイプ)ですが、マレーシアのほとんどのコンセントは3芯(BFタイプ)です。

製品によっては日本と同じAタイプを差し込むことができますが、変換プラグを持参・購入した方が安心です。マレーシアに長期滞在する方は、複数用意しておくと便利です。

大手ホテルでは変換プラグをレンタルしている場合があるので、まずはフロントに確認してみましょう。万が一、ホテルになくてもなくても安心してください。日本のAタイプをBFタイプに変換できるプラグは簡単に手に入ります。

マレーシアで変換プラグが購入できる場所

変換プラグ

コンビニやお土産店、家電売り場、スーパーなどで買えますが、確実に取り扱いがあり、安く手に入るのは「Mr.DIY」という日用品ショップです。

クアラルンプール中心部では、KLCCエリアの「Avenue K」というショッピング・モールや、ブキッビンタンというエリアの「Fahrenheit88」もしくは「Sungei Wang Plaza」というショッピング・モールに入っています。

安いものであれば100円程度からあります。

マルチ変換プラグが便利

海外と日本を頻繁に行き来する方にはマルチ変換プラグがおすすめです。各国様々なタイプのコンセントに対応できます。

なお、もし日本のAタイプが差し込めたとしても、電圧にはご注意ください。

海外 変換プラグ 150ヶ国家対応 ACアダプター2000W/8A 4つUSB 5.6A TYPE-C 海外旅行 変換プラグ 海外 コンセント 海外旅行用マルチプラグ 海外用変換プラグ 変換器 海外 コンセント 変換 マルチ変換プラグ 海外旅行用 コンセント 海外 bf 変換プラグ 旅行便利グッズ
Evershop

マレーシアの電圧は?

EPSON

マレーシアの電圧は220V(ボルト)/50ヘルツです。

一方、日本の電圧は100V(ボルト)なので、マレーシアで日本製品を使用すると、プラグを差し込んだときにショートしたり、一時的に使えたとしても製品が故障したりする可能性があります。

ただし、パソコンや携帯電話、デジタルカメラ、ゲームなどはほとんど100〜240V(ボルト)まで対応しているため、日本で購入した製品であってもそのまま使えると思います。

もちろん、しっかり確認した上でご使用ください。

電圧が異なる場合は変圧器が必要

変圧器

上述した通り、マレーシアの電圧に対応していない製品は基本的に使用できません。つまり、パソコン、携帯電話、デジタルカメラなど以外の日本製品を使用する場合は変圧器が必要となります。

変圧器というのはコンセントとプラグの間に挟む機器で、これを通すことによって電圧を上げたり下げたりと調節することができます。

変圧器は日本ではもちろん、マレーシアでも家電量販店などで手に入れることができます。ものによりますが、140リンギット(約3,600円)程度で購入可能です。

※1リンギット=約26円(2019年2月)

キッチン家電に使う人が多い

マレーシアに長期滞在している日本人の中では、主にキッチン用品に変圧器を使用している方が多いように思います。

例えば、炊飯器はこちらでも手に入りますが、日本で扱っているものの方が種類も多く、性能も良いです。ご飯にこだわりがあり、炊飯器を日本から持ち込んで変圧器と一緒に使っている方がたくさんいます。

IINLONG 旅行用変圧器 全世界対応 変換プラグ付き 100V-240V to 100V 変換 四つUSBポート 230W 1年保証 並行輸入品 PSE認証
IINLONG

マレーシアで使用に注意するべき家電は?

ドライヤー

気にしなければいけないのはやはり電圧です。日本や他国で生産された、電圧が合わない製品をマレーシアで使用する際は注意しましょう。

必ず製品に記載されている電圧をチェックし、マレーシアの電圧に合わないものは変圧器を使ってください。

ドライヤーは海外対応製品を

中でも、特に注意が必要なのがドライヤーです。

変圧器にはV(ボルト)のほかにW(ワット)というものが存在します。W(ワット)というのは容量のことなのですが、変圧器を使うとV(ボルト)数だけでなくW(ワット)数も変わってしまいます

ドライヤーの、特に温風を出すのに必要なW(ワット)数は1,200〜1,500だそうです。しかし、1,500W(ワット)の容量に対応する変圧器はとても大型になることがほとんどなので、旅行用の小さな変圧器では足りません

ドライヤーを日本から持参する場合は、海外対応のものを購入することをおすすめします。

海外対応家電はどこで買える?

日本の家電量販店やネットショップで、多くの海外対応製品を取り扱っています。ドライヤーやコテ、アイロンなどのほか、炊飯器もあります。

海外対応の炊飯器は結構種類も多いので、先にご紹介したように、変圧器を毎度わざわざ使用するのはどうだろう……とお考えの方は要チェックです。

万が一「時間がなくて購入できなかった!」という方もご安心ください。成田国際空港や羽田国際空港でも買うことができます。入国審査を終えた免税店エリアにもあります。

ただし、種類には限りがあるので、他に選択肢がないときの最終手段と考えるといいと思います。

まとめ~現地で購入するのが無難

コンセントプラグ

特に注意すべき点をまとめます。

  • 日本の製品を使用する場合は、まずBFタイプのコンセント変換プラグを使用する
  • さらに製品の電圧をチェックし、マレーシアの電圧220V(ボルト)に合わないときは変圧器が必要
  • ドライヤーを日本から持参する場合は海外対応のものを購入する

長期滞在する方は、特にこだわりがないようであれば現地でそろえるのが一番の安全策です。「日本製品がいい!」という方は、日系の家電量販店やイオンモールで探せますよ。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【マレーシア求人】未経験からでもマレーシア就職を狙える転職サイトまとめ

【保存版】マレーシアで働くには?マレーシア就職・転職したい日本人向け求人、現地採用の仕事、給料まとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る