海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

メキシコで働く日本語教師が考える、海外就職・海外転職の成功に大切なこと

  • 公開日:
  • 更新日:
メキシコのビーチ

私は今、メキシコで日本語教師として働いています。私と同じように、海外で仕事をしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

海外就職や海外転職を目指すのであれば、なるべく失敗したくないですよね。そして、できれば長く続けられる仕事を見つけたいものです。

では、海外を目指すためにはどんなことが必要なのでしょうか。私のメキシコ就活体験をもとに、海外就職・転職の実現に大切なことをお伝えします。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

メキシコで働く私の就活:求人はネットで探した

建物

私は日本語教師としての資格や数年の経験があったため、インターネットで毎日のように日本語教師の仕事を探しました。

移住国に強いこだわりがなかったため、たまたまメキシコの語学学校の日本語教師募集に応募して採用された形になります。直接、学校に応募しました。

ネットをフル活用

海外求人を探すときは、とにかく毎日インターネットでリサーチです。

しかし、ネットで検索していると、海外求人を扱うエージェンシーも多くあることがわかります。そのようなエージェンシーに複数登録し、自分を売り込みながら可能性を広げるのも一つの方法です。

また、海外求人では多くの場合、スキルや日本での経験が重視されるため、海外就職を狙うなら日本で経験を積んでおくと有利です。

メキシコで働く私の就活:面接はビデオで実施

建物

日本にいながら海外求人に応募するときは電話面接やスカイプなどのビデオ面接になります。

私の場合はイギリスのロンドンに留学中にメキシコの求人に応募したため、イギリスとメキシコをつないでのビデオ面接となりました。また、日本語教師とあわせて英語教師も希望していたため、面接の前にオンライン上で英語試験を受けました。

面接では、バックグラウンドや教師としての経験、英語試験の感触、仕事開始可能時期などを聞かれ、30分ほどで終わりました。

必要なものは練習と自信

面接対策は、とにかく練習と自信のみです。

おおよそ聞かれるであろう質問の答えを用意しておくこと、そして「自分は絶対にこの仕事が欲しいんだ」という意欲を見せることです。

海外就職を目指すなら準備しておきたいもの

遺跡

語学力

海外で仕事を探すなら、重要になるのは「語学力」です。語学力があるのとないのとでは成功の確率がかなり変わってきます

ただし、私のように日本語教師の仕事なら、現地の言葉が特に求められない場合もあります。

スキルの証明

もう1つ重要なのは「スキルの証明」です。

海外就職では、現地で通用するスキルを持っていることを目に見える形で証明する必要があります。自分の能力を客観的に示す何らかの資格を持っておくと便利です。

語学力の証明として、英語の試験を受けておくのもいいでしょう。

業務経験

さらに、「日本や海外での仕事の経験」があればいいですね。職種にもよりますが、海外ではマネージャーレベルの求人募集が多いからです。

海外就職するなら覚悟しておきたいこと

雑貨

海外で働くことが初めてだと、「本当に自分は外国人と一緒に仕事ができるのか」と不安になることもあるでしょう。

現地で働く前に知っておいた方がいいのは、外国人の仕事に対する価値観と日本人の価値観は異なること、そして日本との文化の違いに慣れるまでは大変なこともあることです。

今まで信じてきた自分の価値観が崩される、なんてこともあるかもしれません。

適応しなければいけないのはこちら側

私も、メキシコやメキシコ人の嫌なところばかりが見えてきた時期がありました。しかし、うまく適応しなければいけないのは外国人の私であることを思い知らされました。

その後は、嫌なことがあっても「文化の違い」と割り切ることにしています。

海外生活では常にプランBを立てておく

ボート

海外で生活を始めてから、私は常にプランBを立てるようになりました。つまり、本来の計画がうまくいかなかった場合のプランです。

日本人は、準備万端整えて計画通りに事を進めるのは得意ですが、いざ計画が狂ったときに対応することは苦手な気がします。しかし海外生活では、予想しないようなことや信じられないことがよく起きます。

計画から道が外れたときに、パニック状態にならずにうまく対処できるようプランBを立てておくのです。すると「仕方がない、ではこうしよう」とすぐに次の行動に移ることができるので、気持ち的にも楽になります。

例えば移住したてなら、仕事やビザなどについて「もしものときのプランB」を用意しておくといいでしょう。

まとめ~どこへ行っても通用するスキルを身につけよう

私は運よく、スキルと経験を生かしてメキシコで仕事を得ることができましたが、「海外に住めれば仕事は何でもいい」という気持ちでは実際に働き始めても続かない場合が多いです。

海外で仕事がしたいと思ったら、自分のやりたいこと、できることを考えて目標を定め、すぐに準備を始めましょう。

語学や資格試験などの勉強も含め、焦らずに長い目で見てしっかりと時間をかけた方がいいです。また、精神的にも強くいたいですね。

自分は海外でも通用する人間だと信じて、自信を持って取り組んでください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

メキシコで働くには?メキシコ就職・転職を実現するために知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る