海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

就職や転職で海外へ!20代から視野に入れたい海外就職のメリットと理由

海外就職

今回の記事では、20代から視野に入れたい海外就職のメリットと理由にふれていきます。海外で働くということは、今やたいへん身近なこととなってきています。

筆者は23才から海外に出て現地で働くことで、国内とは比較にならないほどのいろいろなシチュエーションに遭遇し、そこで得たことはまさに自分の宝だと感じています。その経験から学んだことを、これから海外就職を考える多くの若者に知ってもらうことで役立てていけたらと思っています。

それではさっそく、本題に入ります。20代で海外就職を選ぶことでよい点は何でしょうか?実は、30代以降と比べてさまざまな社会経験の少ない20代だからこそ得られるメリットがあるのです。

そこで今回は、若い世代に海外就職を是非とも視野に入れてみてほしいとの思いから、20代で転職する際の海外就職のメリットを6つお伝えします。

20代の若者が企業の経営者と関われる

20代で働くことのこの上ないメリットの一つが、経営者との距離感です。海外で仕事をする場合(特に日系企業)には、上司が現地企業の経営陣であることが少なくありません。直接経営に関わる人の下で仕事をすることができます。

また、営業先でも企業の責任者と話をする機会もあり、非常にチャンスのある世界です。仕事の能力が認められたり、人となりが認められればヘッドハンティングされることも少なくありません。

自身のスキルアップ、キャリアアップに活かせる場となるでしょう。これは20代が海外就職をする最大のメリットではないかと感じています。

若い!実務経験が少ない!だからこそ物事を吸収するスピードが速い!

若いうちに、さらに言えば、子どものうちから手がけたことこそ優れた結果をもたらす例が、周りには多いのではないでしょうか?

世界を相手に戦う、さまざまな種目のアスリートたち、ピアノやバイオリンの演奏家、バレリーナ、その他いろいろな分野で、子ども時代からの積み重ねが花を咲かせている人たちがよい例です。

海外生活で現地の習慣に慣れていくことも同様で、驚き、衝撃などを伴うことにも、若ければ楽しみながら理解していくことが可能なのです。いろいろな経験が少ないからこそ、素直に受けとめられるのが20代なのではないでしょうか?

自分の20代を振り返ってみても、海外に飛び出し、現地で数年間働き、実に多くの経験ができたことに非常に満足しています。

発展途上国ともなれば当然のことながら、日本よりも不衛生な場所が多く、治安がよくない街も多いことも事実ですが、20代の若いうちに経験するとすれば、自分自身が気を付けながら渡り歩いていけばよいことです。

30代以上になると、初めてそのような世界に飛び込むことへの躊躇がどうしても大きくなるのではなってしまいます。

もちろん企業の海外駐在員というのは、30代で初めて海外勤務(赴任)ということも多いですが、ここで比較の対象としたいのは、30代で初めての海外転職に挑むとしたら、ということです。

30代になっていれば、結婚し、子どももいるかもしれません。未婚だとしても、一生独身でと考える人は多くないでしょうから、やはりあまり中長期的な大胆な環境の変化を望まなくなるでしょう。

それと比較すれば、やはり20代こそが、海外に飛び出し、いろいろな経験を積むのには最適なのです。数年の後、帰国してその経験を活かせる転職先を国内で探すのもよし、さらに他の国へ羽ばたいていくという選択肢も出てきます。

関連:初めての海外就職を成功させる方法

外国語の習得も、若い脳ならマスターが速い!

先ほどはアスリートや音楽家などを例にあげましたが、外国語の習得に関しても同じことが言えると思います。子ども時代を外国で過ごしたバイリンガルの人たちがよい例です。

若いうちに一度しっかり習得すると、潜在的に記憶が残り、何年たっても少しのウォーミングアップで活用できてしまうものです。ですから、英語力、特に英会話力も20代のうちに磨き上げることが重要です。

世界では、英語圏ではなくとも英語を操れる、英語が通じる人が多い地域が非常に多く、その点では日本は遅れをとっているとも言えます。だからこそ20代で海外に出て、毎日の生活の中の実践で語学力を身につけることは有益なのです。学校教育での英語学習を主としてきた日本人は、実践的な英語の活用があまり得意ではありません。

最近は、ビジネスの場や役所などで使用される言葉に英単語が増えてきたようですが、それでも、まだまだネイティブスピーカーとの会話は苦しいという人が多いでしょう。日本独自のカタカナ英語に慣れてしまう前に、世界で通用する英語を身につけるべきなのです。

若いうちに海外で働き生活することで身につけることができる英語は、教科書英語でもカタカナ英語でもなく、まさに生きるすべとなる最重要なツールであり、国際社会で生きていくには不可欠なものです。

現地語が覚えられる

言語

勤務する国が英語圏であれば、学生時代から勉強し続けている英語を仕事で操れるようになるまでに上達させることができ、国内での学習では限界があることを考えれば、それだけでも十分メリットといえるかもしれません。

しかし、もちろん世界は英語圏だけではないのです。

海外に出て働いている日本人がいる国は、非英語圏も多くなっており、そこでの生活には現地の言葉の習得が必要になります。

しかしながら、非英語圏では全く英語を必要としないのかといえば、そうではなく、その土地柄や、職種によっては、仕事上の会話は英語ということもよくあることです。

例をあげれば、ベトナムでは公用語がベトナム語でも社内では英語、フィリピンでは、フィリピン語(タガログ語)と英語が公用語であり、仕事でも街でも両方の言語が入り混じります。

日本人のクライアントとは日本語を話し、現地スタッフとは英語で話し、さらにローカルな地域の言葉が必要な場面もあったりします。

インドネシアではインドネシア語が公用語ですが、日系企業を含む外資系企業では、担当する職種によって仕事上に現地スタッフと会話するときは英語となっており、仕事を離れた生活面ではインドネシア語が必須となり、両方を使い分けていく必要があります。

東南アジア地域では、タイやベトナムなどでもおそらく同様で、英語と現地語の両方を必要に応じて使いこなすことになります。

また、カナダの東部の都市での生活には、フランス語が必要となっていたり、スイスでは地域によって、ドイツ語やフランス語、イタリア語などが生活に必要となるでしょう。

このように、英語と他の言語をうまく使い分けていける力を身に付けることができるのも、海外就職のメリットといえます。

外国の言葉を操れるようになるということは、自分のキャリア形成のために本当に強みになります。情報収集のアンテナもそれまで以上に国際的になり、自分自身の将来的な可能性が何倍にも広がります。

また、外国語の学習には、若い脳のほうが吸収がよいという話もありますから、若いうちに海外に出て働き、自分の語学力を最大限にアップさせる努力をしましょう。

責任ある仕事を任せてもらえ、決断力がつく!

海外で仕事をすると、たとえ日系企業であっても日本人スタッフの数が少なく、様々な業務を一人でこなしていく場合が少なくありません。確かに困難は伴いますが、国内では担当できない業務を経験できたり、なかなか回ってこない責任や役職を任せてもらえる機会が多く、マルチプレーヤーとしての能力を高めることができます。

責任が増える分だけ、決定を下す機会も多くなります。

日本では、問題が発生したときに一度持ち帰って検討するのが原則です。しかし外国では、決定を下すタイミングの速さが求められることが多くあります。

関係する要素を考慮し、物事を決定する決断力は、簡単に身につくものではありません。若いころからの訓練が物を言うのです。20代のうちから多くの決定を下し、決断力を磨いていけるのは、海外で仕事をする大きなメリットと言えるでしょう。また、決定は必ずしも大きなものばかりではありません。

責任や業務が多い分、物事の優先順位を見極めることが求められます。そのためには、物事の本質を見る力が不可欠です。どれだけ効率よく質の高い仕事をしていけるかは、日々の決断にかかっていると言っても過言ではありません。毎日の決定を通して身に着けた決断力は、その後の人生においても大きな助けとなるでしょう。

20代のうちに海外で働く経験こそ、ライバルに大差をつける!

昨今、企業の駐在員として海外赴任する人は、30代以上で非常に多くなっています。

それは、自分が行きたいかというよりも、辞令1つで将棋の駒のように、という場合もありますが、いずれにしても、30代以降で海外勤務の経験があることは、それほど珍しいことではなくなってきています。

その一方で、20代のうちに海外で働く経験を持つ人は、まだまだ多くありません。だからこそ、そのスペシャルな実績を、さらに先の将来に生かすことで、国内のライバルたちに差をつけることになるのです。

30代で初めて海外赴任をして、すぐに慣れてバリバリと仕事ができる人もいます。

ただ、それはごく一部の人の話で、普通は、現地の習慣に慣れるまで苦労をしたり、失敗をくり返したりと、そんなにうまくいかないものです。

同じ苦労をするならば若いうちに経験し、英会話力や物怖じしないメンタルを身につけ、30代ではプロとして認められるビジネスパースンとしてさらに成長していく方がよいことは明らかです。

20代の海外就職は、人間力を高め、人生観も変える!

昨今の少子化で、核家族で大切に育てられた若者が多いといわれています。ここでは、卒業後の社会で、荒波の中を強く生きていけるかという人間力に注目します。

学生時代までは、気が合う者同士、心地良く過ごすことが多いでしょう。そのまま就活、一斉入社し、同期の仲間たちで仲よく、時には愚痴を言い合い、という生活も悪くはありません。しかし、ひとたび海外、特に発展途上国で働くことを選ぶと、国内にいてはわからないことの連続があります。

現地の人々の生活事情、職業事情、仕事への取り組み方、人との接し方、宗教、さまざまなことが驚きや疑問とともに降り注ぎます。

「なんでそうなるのか」「日本ならあり得ない」という思いから、「そんな考えもあるのか」「相手から見れば自分はどうなのか」「文化が違う者同士、お互いが気分を害さないためには?」などと考えることが増えるにつれ、人間力やコミュニケーション力が高まるのだと思います。

その苦労は甘いものではないかもしれませんが、自分が成長できるならば、あえて味わってみる価値があると考えます。成長した自分が考える人生観は、それまでとは全く違うものとなるでしょう。

海外で働きながら、ビジネス力とともに人間力、コミュニケーション力も身につけ、さらにグレードアップした将来が待っているかもしれません。

海外を知ることで、母国である日本を改めて客観視できる

日本

私たちのほとんどは日本で生まれ、日本で育ち、身近な人は日本人ばかりという生活を送っています。

この状態でいられることが母国で暮らすということで、当然といえば当然のことであり、私たちはそのことを全く意識することなく日々を過ごしています。

そんな中での話題は、インターネットやテレビからリアルタイムで得られる情報がほとんどで、国内の話題のほうが海外の話題よりも多くなります。

日本人は、日本のよいところや日本の文化などを外国人に尋ねられたときに、うまく説明できないことが多いとよく言われています。

さまざまな情報がインターネット上で得られるようになった昨今、日本人の間では特に有名ではないような場所に、多くの外国人観光客が訪れていたりすることもあるようです。

これは、日本にいる日本人には当たり前で気づかない良さに、外国から来る人たちが気づくという典型的な例だと思います。

海外に出てみると、自分が実際に目でみた外国での様子と日本のそれとを比較することができ、日本のよいところもあまりよくないところも、はっきりと見えてきます。

そのようにして発見した日本のよいところは、外国の人たちに自信をもってアピールすることができるようになり、逆にあまりよくないと思われる部分の発見は、外国での良い例を参考にして少しずつ「よい」と思う方向へ変えていくきっかけとなるのだと思います。

人と人が出会う時、日本人同士の場合と、日本人と外国人の場合を例にとっても似たようなことが言えます。

日本人同士のときには、おもしろみに欠け普通であると感じる話題やリアクションも、日本人と外国人の場合はお互いの価値感、文化の違いのぶつかり合いになるものです。

しかし、その一つ一つに納得がいくかどうかはさておき、異なる考え方を認識することで、自分が持っているものへの認識も深まり、自分を冷静に見極める力も育つのではないかと考えられます。

以上のようなことから、若い世代でこのようなものの見方、冷静な判断力を身に付けることが可能な海外就職は、人間力を高めるためにも非常に役に立つことだと思います。

 

20代での出会いは、生涯に渡るスペシャルなもの!

若い時に築いた人との関係性は、その後の人生においても特別なものとなることが少なくありません。

同じ志を持って海外で仕事をしている仲間との出会いから刺激を受けたり、若くして起業している社長から発想力や行動力を励まされたり。現地の従業員とのふれあいから学べることもたくさんあります。20代で築いた人脈が、その後のビジネスにおいて役立つ場合も少なくありません。

ビジネスを抜きにしても、20代で得られた出会いや思い出は、その後の人生をより豊かに送るうえで大切な要素となってくることは間違いありません。

様々な背景・年齢・文化の人々と知り合えるのは、海外で仕事をする大きな魅力の一つです。ぜひ自分を広げ、積極的に出会いを求めていってください。

旅行だけでは到底得ることができない貴重な経験ができる

筆者が20代で海外に仕事を求めたのは、学生時代からずっと海外に出たいという気持ちが強かったからです。

学生時代に留学するという選択肢がなかったわけではありませんが、そのときの自分には留学にかかる費用を準備することもできず、あきらめていました。

20代半ばという、世間ではまだまだ若輩と言われる年代で、友人のほとんどは国内での仕事に従事しています。

そんな中で、海外に出る決心をしたことは非常に大きなことであり、そしてそれを実現できたことは自分の大きな自信となっています。

自分のライフプランについて考える場合、20代でしたいこと、30代でしたいこと、というように年代で目標を立てることが重要だと思います。

時間

筆者自身は、安定した収入を求める生活は30代になってからだという考えをもっています。

なぜならば、企業内で中間管理職へと昇進したり、さまざまな能力を身に付けた30代になると収入格差が大きくなっていきますが、それ以前の20代ではまだ格差はそれほど大きくないからです。

そんな20代、友人たちとそれほど収入格差がないのならば、日本国内よりも海外をとるほうが、人生経験のひき出しが増えるのではと思うのです。

残念ながら、日本で生まれ育った若者は、使える英語を操れる人はまだ多くなく、国際感覚もなかなか育ちにくいのが現状ですので、若いうちに英語もマスターし、海外生活にも慣れることができれば、キャリアにおいて非常に強みになります。

海外での生活には苦労も当然あり、時には気持ちが折れそうになることもあるかもしれませんが、そのような経験を持つことで同世代の中でも非常に貴重な人材となり得ることを考えると、その経験は手に入れて決して損はないといえる大きな財産であると思います。

そして、海外就職が実現したら、現地の日々の中で契約期間満了後の帰国までにどれだけスキルアップできるかを意識しながら過ごすこととなります。

もし、帰国を考えるよりも、より長い期間の現地滞在や他の国への転職を考えるようになったとしても、さらにその先に必要となる能力を身に付けるために努力する必要が出てくることから、海外就職はそれぞれの目標を立てやすく、それに向かって前向きに努力できるポジティブなフィールドであり、挑戦する価値があると考えます。

まとめ

以上のように、20代だからこそ視野に入れたい海外就職のメリットをご紹介してきましたが、筆者の経験を振り返っても、そんなに簡単なことではなかったとは思います。

また、やみくもに誰にでも薦めることができるとも思いません。物事には必ずメリットとデメリットの両面があり、判断や決断を迫られたときは、その両方のすべてを1つ1つ確認していくことが重要なステップとなると思います。

ただ、少しでも自分の可能性を試したい気持ちがある若い世代には、海外で働くということを視野に入れてみてほしいという気持ちであるということです。

人生設計について考えることは、若いうちだけにとどまらず、生きている限り何度も見直す必要が出てくることでしょう。そして、そのように検討を重ねていくことは、その後の人生設計にきっとよい影響をもたらすこととなるのではと考えています。

ただなんとなくこの記事に出会った10代、20代の読者、一方で、自分の将来に熱い夢を抱き、本当に海外に挑戦したいと思っている人、そのどちらだとしても、ここで紹介した筆者の経験に基づく見解を参考に、将来の海外就職を考えてみてほしいと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

自分の強み知ってる?グッドポイント診断が面白い

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る