ドイツにおけるATMの基本的な使い方

ATMでのユーロ引き出し

ドイツのベルリンだけではありませんが海外で長期的な生活を送る場合、家賃や公共料金等の支払いは銀行の口座から引き落とされたり振り込んだりするケースがほとんど。そのため渡航したら出来るだけ早めに現地の銀行口座を開設しておきましょう。

ベルリンには街の至る所にATMがあるので、お金の預貯金や振込など手軽に出来て便利です。しかし当然ながらATMはドイツ語表記や英語表記で日本語はありませんので、ある程度ATMの使い方について知っておいた方が良いかと思います。

今回はドイツでのごく基本的なATMの使い方についてご紹介します。

ATMを使うには

ATM

ベルリンには銀行だけでなく街の至る所にATMがあるので探すのに苦労することはないと思います。ドイツではドイチェバンクのような大手銀行とシュパーカッセのような地元の銀行とに分かれています。

それぞれの銀行にはもちろん、公共交通機関や大きなショッピングセンターの中にもATMがあるので、自分が口座を開設した銀行のATMを利用してみましょう。

関連:ドイツでの銀行口座の開設方法まとめ(種類・必要書類・維持費)

またベルリンの場合、大抵はどこのATMもVISAやMASTER対応なのでクレジットカードを利用したキャッシングでの現地通貨引き出しも出来ます。

ドイツのATMは入出金用のATMと、振込や使用明細を発行してくれるATMに分かれているので、使用する目的に合わせてATMを選んで下さい。

街中を歩いているとキオスクやカフェなどの近くにどの銀行でも対応しているATMもあります。これらは便利ではありますが手数料が発生するので注意しておきましょう。

また機械の何かしらのトラブルがあった場合、周りの人に聞いても対応してくれないので、よっぽどのことが無い限りは利用しない方が無難だと思います。

ATMから出金

お金を引き出す

入出金のATMを見つけたら日本と同じようにカードを挿入しましょう。するといくつかのメニューが表示されます。

画面はデフォルトではドイツ語になっていますが、画面の脇で英語やフランス語に表示を切り替えられるので他の言語で表示したい場合はそちらに切り替えましょう。残念ながら日本語の表示はほとんどありません。

出金をする場合はドイツ語でAuszahlungになりますのでそのボタンを押しましょう。すると出金する金額が何パターンか表示されます。

基本は20、50、100、150、200、300、500などですがATMによってその金額が違ってきます。その中で自分の出金したい金額があればそのボタンを押してください。

またメニュー以外の金額を設定したい場合は画面の脇のandereという表示が書かれたボタンを押して自分の出金したい金額を指定することができます。ただし硬貨は対応していないので紙幣で出金できる金額しか引き出せません。

最後にカードのPINを押して完了です。カードを忘れないように取り出しましょう。

ATMへ入金

お金の入金

今度は逆に現金を自分の口座に入金してみましょう。その際注意しなくてはいけないのは、時々入出金のATMの中に入金に対応していないものがあること。ATMに入金をしめすEinzahlungが書かれているか使用する前に確認しましょう。

出金同様にカードを挿入したら言語画面を自分の希望のものに切り替えましょう。ドイツ語の場合はEinzahlungのボタンを押します。するとATMにあるポケットが開きますのでそこに入金する金額を入れます。(日本と同じような流れです)

だいたいのATMにおいてですが、硬貨や5ユーロ紙幣は対応していないので10ユーロ以上の紙幣のみでの入金となります。紙幣を投入したらEntscheidungを押すと(緑色のボタンです)カウントが始まり投入した金額が表示されます。

完了すると最後に貯金した明細書がATMから発行されるものもあるので、必要であれば持って帰りましょう。入金の場合はPINは求められません。

ATMで振込み

振込み

ドイツでも日本同様に銀行振込を使用するケースが多々あるので振込の仕方についても覚えておきましょう。振込の場合は入出金用のATMではなく、Terminalと書かれたATMを利用しましょう。

まずは入出金同様にカードを入れ、自分に適した言語を選択します。その後、ドイツ語でüberweisenと書かれたボタンを押しましょう。すると様々な項目を入力する画面に切り替わります。

そこに相手の振込先(IBAN)や金額、コメント等を入力して決定を押しましょう。最後にPINを入力して終了です。振込はもちろん銀行窓口でも出来ますが、時々窓口には長蛇の列が並んでいることもあるのでATMを利用した方がスムーズです。

ATMの使用履歴明細を発行

使用履歴明細

ドイツの場合、口座における入出金の履歴をATMがプリントアウトしてくれるのでぜひ出力して管理しておきましょう。使用履歴明細は振込と同じTerminalと書かれたATMで発行できます。

カードを入力し、表示言語を設定します。ドイツ語の場合はAuskontoを選びましょう。しばらくすると一ヵ月分の使用明細がATMから出力されますのでそれを受け取りましょう。

これはその口座の残高証明にもなりますので毎月ごとに出力して保管しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

ATMの基本的な使い方について紹介しました。海外で長期にわたって暮らす場合はどうしても銀行口座を開設する必要がありますので、住民登録をしたら出来るだけ早めに開設しておきましょう。

ドイツではATM以外にもオンラインバンキングも普及しているので、ATMとオンラインバンキングを上手く使い分けるととても楽ですよ。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

老若男女が楽しめるベルリン・ドイツ技術博物館がめっちゃ面白い

ドイツ人も大好き!お土産におすすめなスーパーで買えるお菓子ベスト5

ドイツでの銀行口座の開設方法まとめ(種類・必要書類・維持費)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
yasu

yasuライター

投稿者プロフィール

ベルリンで文房具屋を経営しながらフリーランスとして活動しています。以前ベルリンに旅行したことがきっかけでこの街に引っ越してきました。
ベルリンは緑に溢れ穏やかな時間が流れる素敵な街。そんなベルリンのいろんな文化や習慣、また暮らす上で役立つ様々な情報を中心にご紹介します。

ページ上部へ戻る