海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

アメリカで英語を勉強したい!語学学校ってどんなところ?

  • 公開日:
  • 更新日:
語学学校

アメリカで英語を勉強したいと思っていても、何をどのように計画すればいいのか、どんな風に勉強すればいいのか、はじめはよくわからないですよね。

一言でアメリカで英語を学ぶといっても、その方法はいくつもあるんです。旅行して英会話を学ぶこともできますし、学生ビザを取って語学学校に行くこともできます。もうすでにちょっとは英語ができるという人はアメリカの大学や大学院で専門的な知識を学んでもいいと思います。

アメリカで就職して、働きながら英語を磨くという手もありますね。

今回はその中でも語学学校に留学して英語を基礎から学びたいと思っている人や、語学学校ってどんな所なのか知りたいという人ために、語学学校の学生としての生活や、役に立つ勉強のアドバイスなどをご紹介します。

アメリカの語学学校の生徒

アメリカの語学学校には世界の様々な国から生徒がやってきます。

学校の規模や場所にもよりますが、メキシコ、中南米、アフリカ、ヨーロッパ、アジアなどの各国から生徒たちが英語を学びにやって来て、本当に国際色が豊かな所がアメリカの語学学校の特徴です。

また、中には高校を卒業したばかりだという若い人から、夢を叶えるために仕事を辞めて来た人、子育て真っ最中のお母さん、家族連れでアメリカに来たお父さんなど、年齢層や環境も様々です。

アメリカは日本よりも年齢差や違いを気にしない傾向にありますが、特に語学学校のような環境で、違うもの同士が一緒に勉強すると、年齢差や文化の違いなどは当たり前のこととして見るようになって、友達になるのもそれ程難しいことではないように感じたりします。

生徒によって、どうして留学して英語を学ぼうと思ったのかという理由は様々ですが、異国の土地で言語を学ぶという困難なチャレンジを共有するので、親しみが湧きやすいのかも知れませんね。

授業の前や休み時間、学期の始めにはみんな人見知りで静かに授業が始まるのを待っているのに、学期の終わりにはうるさいぐらいに賑やかになっているなんていうのは語学学校ではよくある光景です。

アメリカの語学学校は英語やアメリカの文化を学ぶだけでなく、世界の様々な国の人とも友人になれる、とても魅力的な場所だと言えます。

英語の授業

語学学校での授業のスタイルは、その学校、科目、教師によって様々ですが、20人以下の小規模なクラスで勉強することが一般的です。一つのクラスにあまり人数が多いと発言する機会が減ったり、生徒の間で差が開きすぎてしまったりするので、効率的ではなくなってしまいます。

やはり英語で授業を受けるからには直接質問を聞いたり発言をしたりすることができるクラスがいいですよね。最近は授業でコンピューターを使う学校がほとんどで、リスニングやライティングをはじめ、スピーキングや、リーディングもコンピューターを使って学ぶことができます。

大抵の場合は、授業の全部をコンピューターを使って行うわけではなく、授業を進めていく上での補助として使われるようです。

語学学校には様々な国から生徒が来ます。国柄もありますが文法が間違っていようともどんどん発言する生徒や、母国語の単語の形が英語に似ているため、わからない単語がでてきても大体の意味は分かるというような生徒までいます。

様々な母国語や文化を持つ生徒がいるため、学期ごととに、また生徒の比率によってクラスの個性が違ってきます。

語学学校に行き英語で授業を受けるとき、日本人は遠慮しがちなことがあるので、例えば一回の授業につき一回は発言や質問をしよう、などといった目標を決めて授業を受けると、さらに英語を学ぶ助けになります。

これから語学学校に留学を予定している人や今現在通っている人はぜひこのような目標を立てて勉強に役立ててみてくださいね。

語学学校での情報伝達

語学学校での生活の中で欠かせないのが情報の収集です。ビザに関わる大切なお知らせから学校で開かれる季節のイベントまで、色々な情報があるので逃さず理解するようにしましょう。

これがうまくできないと、例えば、サマータイムが始まったことを知らずに学校に1時間遅刻してしまったとか、授業料の締め切りが過ぎて学校を辞めなくてはいけなくなったなどというトラブルが起きたりします。

このようなトラブルを避けるためにも、しっかりと情報収集するようにしましょう。

語学学校での情報の伝達の方法は様々で、大切な情報やイベントの日程などが載ったニュースレターが毎週配られる学校もありますし、学校の先生が授業の前にそれらの情報をアナウンスする学校もあります。

特に先生がアナウンスをするときには聞き逃さないように注意が必要です。もし聞き逃してしまったら、授業が終わってから先生に聞きに行って確認するようにしましょう。

わからないことを質問すると英語の理解力も上がりますし、質問の答えももらえて一石二鳥です。

まとめ

いかがでしたか?

アメリカで英語を勉強する方法はいくつもありますが、基礎からしっかりと英語を学びたいという人には語学学校がお勧めです。

語学学校では世界観の広がる経験をすることができるでしょう。生徒一人一人の目標は違いますが、一生懸命に頑張るときに英語の理解力は上がり、コミュニケーション能力が身に付きます。

勉強は決して楽なものではありませんが、努力するときには必ず結果が表れる勉強でもあります。これからアメリカに留学を考えている人や、英語や海外の文化に興味のある方はぜひ語学学校への留学を視野に入れてみて下さいね。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

英語ができればいいわけじゃない!海外で暮らす上で英語よりも重要な3つのこと

留学だけでいいの?思い切って海外で働くことをおすすめする3つの理由

知られざるタイのチェンマイで英語留学の魅力

海外で働くための英語力はどのように身につけるべきか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る