海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダでのワーキングホリデーを終えて変わったこととは?日本に帰国してわかった自分自身の10の変化

  • 公開日:
  • 更新日:
カナダ

海外で働きながらその国での暮らしも体験できるワーキングホリデー。私もカナダでのワーホリを終えて、日本に帰ってきました。

たった1年の期間限定とはいえ、日本から遠く離れた異国の地での滞在経験は、私に大きな変化をもたらしました。帰国後、日々の生活の中で、様々なことに対する意識や考え方が変わっていることに気づいたのです。

ワーホリに行く前の自分と帰国後の自分。何がどんな風に変わったのかご紹介します。

神経が図太くなった

ワーキングホリデーに行くまでは、海外の人に話しかけられるだけでビクビクしていました。

しかし、英語がうまく話せない相手でもコミュニケーションを取ろうとしてくれるカナダ人のおかげで、上手にしゃべれなくてもいいじゃんと開き直って他人とコミュニケーションを取れるようになりました。

できないことに対しての劣等感がなくなりました。

外国人に親近感を持つようになった

カナダに行くまでは、外国人に対してテレビの中の芸能人くらいの距離感を感じていました。

しかし、自分の力でコミュニケーションが取れ、相手も自分と同じ一人の人間なんだと実感してから、テレビに映る外国人や街中を歩く外国人はどんな人なのだろうかと考えるようになりました。

困っている外国人を見かけると、他人事とは思えなくなることもしばしば。海外に関するニュースを見れば、その国に住む友人たちの顔が浮かびます。

学習意欲が高まった

学習

言葉の面でも、文化を含めた生活面でもわからないことだらけだった1年間。なんとか学習して徐々に慣れていくことができました。

日本に帰ってからも英語力を維持しようと努めたり、海外で出会った人々のことをもっと知りたくて世界史を学んだり、その一方で、日本人として日本のことをもっと知りたいと思ったりするようになりました。

無知な自分を認識することで、学習したいという意欲が止まらなくなりました。

海外に対する批判に敏感になった

日本のメディアや普段の友人との会話で「中国人は〜だ」などという、国民を一括りにして述べるシーンがよくあります。

悪気がないのはわかっていますが、同じ中国人でもみんながみんなそうじゃない、とついつい否定したくなります

Facebookをよく見るようになった

以前よりも格段に国際色豊かになった私のFacebook。遠く離れた地でも、こうして友人とつながり、近況を知ることができることは素晴らしいと実感。

その一方で、自分の知らないところでそれぞれの人生を歩んでいく彼らの姿を垣間見て、少し寂しくなることもあります。

外国人にもっと日本の良さを知ってもらいたくなった

海外に行くと、アジアの小さな島である日本にものすごく関心があることに驚きます。しかも、そのほとんどがプラスイメージ。

だからこそ、日本に来て、日本の良さをもっと知ってもらいたいという気持ちになります。訪日観光客を見かければ、「大丈夫かな、観光に苦労して疲れていないかな」と勝手に心配してしまいます。

他人のことをもっと知りたくなった

カナダにいた1年間は「初めまして」の嵐。国籍関わらず、相手を知り、新たな発見を面白いと感じ、親しくなる。自分にはない考え方や、自分が歩んでこなかった人生に興味を持ち、知りたいという思いが強くなりました。

そして、ここで出会えたのも縁、その縁を大切にしていろんな人と関わりたいと思うようになりました。

自分で解決しようとするようになった

ここで言う解決とは、他人に任せることも含めてです。何か困難に直面した時、とにかくまずこれをして……。という解決への設計図を自分で作れるようになりました。

「どうしよう」と立ち止まっても自分が動かなければ誰も助けてくれない環境にいたからこそ、まず自分でなんとかしなきゃという意識が芽生えました。

人生や自分のことについて考えるようになった

世界

10代から30代という期間限定のワーキングホリデー制度。それは、誰もが自分の人生や生き方を意識する時期でもあります。

まだこれからの人生が定まっていないそんな時、急に大人として別の世界へ飛び込む体験をするのです。そこでは、わくわくする自分や臆病な自分を発見します。

いろんな人生の選択肢があることを認識した上で、一番納得できる道を選ぶために一度初心に返る経験をさせてくれるのも、ワーキングホリデーの側面だと思います。

日々の生活を大切に思えるようになった

期限付きの海外生活だからこそ、帰国の日に向けて目一杯楽しんで、成長して、この貴重な日々を過ごそうと思います。

しかし、それは人生でも同じ。終わりが必ずある人生だからこそ、1日1日を大切に生きようと思うようになりました。

いつまでも一緒にいられるとは限らない友人や家族。いつまでも続くとは限らない今の生活。それら全てが大切だと感じることができるようになりました。

まとめ~人生で大切なことを学べた1年間

カナダでの1年間のワーキングホリデー。私はこの1年で、人生において大切なこと、自分の価値観を決定づけるものをしっかり学んでこられたと思っています。

もちろん、何が大切かは人によって違い、ワーホリが人生でそれほど大きな意味を持たない人もいるでしょう。

しかし、帰国後どんなに苦労しても「ワーホリに行ってよかった」と多くの人が語るのは、人生において絶対に忘れたくない何かを得ることができたからだと思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カナダで働くには?カナダでの仕事の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る