海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

ドイツの学校システムとは?ドイツに行ったら子どもの教育はどうなるの?

ドイツの大学

ドイツの学校はどんなシステムになっているのでしょうか。小学校に入る段階では日本とあまり差のないドイツの学校制度ですが、小学校4年生頃から日本とは大きくシステムが変わってきます。

ドイツでは4年生になる10歳の時に最初の進路選択をしなければいけないのですが、近年この学校教育制度を巡って、ドイツでは様々な議論がなされています。

ドイツの学校教育制度を見ていきながら、日本人がドイツに行った場合にどのような教育の選択肢があるのかもご紹介します。

ドイツの学校システム

ドイツ

ドイツは16の州からなっています。州ごとに州政府、州議会、州憲法、州裁判所などがあり、州が一つの国家のような役割を担う地方分権制になっています。

16の州でそれぞれの決まりごとや祝祭日、法律が違うように、教育制度も少しずつ違いますが、ここではだいたい共通している大枠を紹介したいと思います。

ドイツの義務教育は9年が基本

ドイツの義務教育は9年(州によっては10年)です。まず子どもたちが幼稚園や保育園を卒園して最初に入る学校は、グルントシューレ(Grundschule)と呼ばれていて、基礎学校と訳されています。

これは日本でいう小学校と同じような学校で、6歳になったらみんなこの基礎学校に入学します。そして基礎学校の4年生で初等教育が終了し、最初の進路の分岐点になります。

将来を考えながら学校を選ぶ

この時点で、子どもたちは自分の将来の進む道を考えながら、その後の中等教育機関として位置づけられている3つの学校のうち1つを選ばなければいけません。

一つ目は基幹学校(ミッテルシューレ/Mittelschule、旧ハウプトシューレ/Hauptschule)、二つ目は実科学校(レアルシューレ/Realschule)、三つ目はギムナジウム(Gymnasium)です。

近年ではこれに加え、総合制学校(ゲザムトシューレ/Gesamtschule)と呼ばれる一貫校なども設けられています。

それぞれの学校の内容や特徴は次項で説明したいと思いますが、この進路選択では主に、大学などの高等教育に進むのか、就職し職業訓練を受ける、または職業専門学校へ進むのかを決めることになります。

そしてそれぞれの選択した学校を修了し、社会に出て行くのです。

ドイツでは、この進路選択が早すぎるのではないかという問題や、高等教育を目指す子どもの増加により、基幹学校に通う子どもの数が減り、成績の悪い子や移民の子が通うというイメージが定着してしまうという問題が起きています。

それを解決するために、一部の州では総合制学校(インテグリールテ ゼクンダーシューレ/Integrierte Sekundarschuleまたはゲザムトシューレ/Gesamtschule)と呼ばれる一貫校が設置されて始めています。

それぞれの学校の役割

ドイツの学校

学校改革を何度も重ねているドイツですが、大枠は大きくは変わっていません。それぞれの学校の役割と特徴は次の通りです。

基礎学校(Grundschule)

基礎学校では、10歳になる4年生のときに今後の進路に沿った進学先を決めます。大きくは大学に行くのか就職するのかがポイントになります。

ちなみにドイツの学校の新学期は9月で、この基礎学校に入学する記念すべき入学式には、シュールトゥーテ(Schultüte)という特別な贈り物をもらうのが慣わしになっています。

直訳すると「学校袋」というのですが、円錐形の大きな紙製の入れ物に、親がお菓子や文房具、ほしがっていたおもちゃなど、子どもが喜びそうなものを詰めてプレゼントするのです。

この伝統は1810年にまでさかのぼり、当初は入学式の子どもの緊張を和らげるため始まったそうです。毎年夏休み頃からこのシュールトゥーテが店頭に並び始め、9月の入学に合わせて親が準備します。

すでに出来上がっているものもあれば、自分で工作をして手作りを楽しむことができるものもあります。

基幹学校(Hauptschule)

基幹学校は5年制の学校で、子どもたちは卒業後、就職し職業訓練を受けます。最終学年に上がるときにだけ進級試験があり、最終的に卒業者には修了証が発行されます。(日本の中学卒業資格に相当します)

通常、基幹学校からギムナジウムへの編入は難しく、ほとんど例がありません。というのも、進学したい意思のある子どもは、最初から実科学校を選択するためです。基幹学校を選択した子供は多くの場合、15歳前後で就職することになります。

実科学校(Realschule)

基幹学校と同じように、職業訓練をメインに行う学校で、課程は6年です。この学校では、実務訓練だけではなく高等教育に関する授業も行われます。

就職を希望して進学する子どものほかに、ギムナジウムに入れなかったけれど、将来ギムナジウムへの編入を目指している子どもも通っています。

卒業時に中学卒業相当の資格と、ギムナジウムへの編入試験の受験資格がもらえますが、実際にはギムナジウムへの編入試験は難しく、ほとんどの場合は就職することになっています。

ギムナジウム(Gymnasium)

大学進学を希望する子どもたちが通う8年制(州により9年制)の学校で、日本で言うと中学・高校に相当します。

学校によって重点を置く科目が違いますが、例えばドイツ語、英語、フランス語、数学、理科、社会、芸術、宗教、ラテン語、ギリシャ語などの古典語の授業があります。

最後の2年または3年は大学入学資格試験であるアビトゥーア(Abitur)の準備をします。アビトゥアは、全国統一試験なのですが、州によって難易度が異なっているのが現状です。

アビトゥーアの成績によって入学できる大学や学部が変わってくるので、とても重要な試験です。

日本人がドイツに行ったら

ユーロ

日本人がドイツに行った場合、学校を選ぶに当たってどんな選択肢があるのかというと、ドイツ滞在の目的により3つの選択肢があります。

  • 現地校に通う
  • インターナショナルスクールに通う
  • 日本人国際学校に通う

です。

ドイツの学校は学費無料

今後もずっとドイツに居住し続ける場合は、ドイツの現地校に入るのが一般的です。授業はもちろんドイツ語のみで行われます。ドイツの学校は基本的に学費無料ですので、経済的には通わせやすいですね。

インターナショナルは結構な学費がかかる

インターナショナルスクールは、基本的に英語、ドイツ語で授業が行われます。ドイツ語を母国語としている子どもと、そうでない子どもとクラスが分けられており、最初の数年間は英語の集中コースが設けられています。

外交官、新聞記者などの転勤の多い職業のご家庭の場合、英語を身につけておいた方が将来役に立つということで子どもを通わせているケースが多いですが、実は結構学費がかかります。

小学校ではなんと年間200万円!現地校が無料なのに対し、かなりの出費になります。

日本人学校

日本人国際学校とは、日本の学校と全く同様に、日本のカリキュラムに基づいて授業を行う学校です。

日本の教科書を使用し、言語ももちろん日本語、教職員もみんな日本人です。短期の滞在のときや、将来日本に帰国することが決まっている場合などは、日本に帰国後のことなども考えて日本人国際学校に通わせるご家庭が多いです。

ただし、どこの都市にもあるというわけではなく、学校数が限られています。ドイツでは、デュッセルドルフ、ハンブルク、フランクフルト、ベルリン、ミュンヘンにあります。学費はだいたい年間50万円ほどです。

また、こうした日中に通うメインの学校に加え、日本語補習授業校という学校があります。

ここでは、現地の学校やインターナショナルスクールが終わった後、または土曜日などに、週に一度ぐらいのペースで、普段は勉強できない日本語を補習することができます。

日本語の教育も並行して受けさせたい場合、ドイツ人と日本人のハーフでバイリンガルを目指す場合には、補習校に通うのがおすすめです。

学校選びの注意点

ドイツの学校

子供の進路を明確にする

ドイツに永住するのか、日本に帰国する予定があるのか、転勤の可能性があるのかなど、それぞれのケースで学校選びのポイントが変わってきます。

ドイツに永住する場合には、子どもをはじめ自分たちの望む進路をまず明確に持つことが大切です。

大学進学を目指すのかどうかが大きなポイントになりますし、高等教育を希望してギムナジウムに進学する場合は、学校により力を入れている教科が異なるので、それをしっかり確認するといいと思います。

子供にどんな力をつけさせてあげたいか

また、日本に帰国する予定がある場合には、ドイツ滞在中に子どもにどんな力をつけさせてあげたいかが重要だと思います。

帰国後、スムーズに日本の学校に馴染めるのは日本人国際学校です。学業の継続や進学などにも、やはり有利かと思われます。

一方、現地校やインターナショナルスクールで過ごした日々は、日本では経験できない印象深いものになることが多く、特別な思い出ができるのも魅力の1つかと思われます。

最初の段階で、子どもが英語もドイツ語もできない場合はかなりの勇気がいりますが、近年はそういう経験をさせるご家庭も増えてきているようです。

子どもの言葉の上達は早いので、子どもに意思があれば、任せてみるのもいいかもしれません。

ただ、言葉が通じないストレスは思った以上に大きいので、その場合は親が注意をして子どもの様子を観察し、そういったストレスを上手く吐き出させてあげる必要があります。

子どもの意見も聞きながら、無理のない選択をするといいかと思います。

まとめ

ドイツの教育制度はまだまだ改革中で、問題も抱えています。

早期の進路選択や、現地での学校選びなどは、子どもにとってその後の人生を左右する大きな転換点でもあるので、もしよく分からないことがあったり迷ったりしたときは、詳しい人に相談するといいでしょう。

もしドイツ人の知り合いや、ドイツに長く住んでいる先輩日本人がいたらそれに越したことはないのですが、ドイツに渡ったばかりで誰も知り合いがいないという場合は、大抵その居住地区ごとに市の運営する子育て相談のできる窓口があるので、そういった場所を利用してみるといいと思います。

ドイツでは、住民登録した際に子どもがいることが分かると、後日職員が訪問に来て、学校システムのことや子どもの定期健診などの健康管理について説明してくれます。そのときに詳しく話を聞いてみるのも良策ですね。

子どもの声に耳を傾けながら、自分たちにぴったりの学校を選べるよう、情報収集をして選択に臨んで下さい。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

NCKライター

投稿者プロフィール

ドイツ・ベルリン在住

海外移住・生活のカテゴリ

ページ上部へ戻る