海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

在韓歴7年、韓国という地に飛び込んでお仕事をするMEさんのインタビュー

やりがい

誰しも、新しい地へ飛び立つことには勇気がいるもの。ましてやそれが、外国でお仕事をする場合は尚更です。今回は、韓国に飛び込み、その中に溶け込み、お仕事をしながら生活しているMEさんへお話を伺いました。

彼女は、今の生活を楽しみ、充実しているように見えます。彼女はお仕事前にジムで運動したり、休日にはネイルをしたり、時々はお酒を楽しんだりしているそうです。日本で暮らす同じ世代の女性と変わらない、スレンダーで可愛い女性です。

韓国で働くMEさんにお話を聞きました!

韓国で働く女性

今回お話をうかがったMEさん。

韓国に来て、「プライベートでは、日本語関連や英語関連の交流会や集まりに参加し、韓国人だけでなくその他英語圏からの友人との繋がりも増えた」と言います。

また韓国ではジムに通う人が多いこともあり、MEさんも定期的に通って健康管理・体作りには気をつけているそうです。

MEさん

<プロフィール>

  • 九州出身
  • 2007年韓国へ1年間交換留学、2012年より韓国で働き始める
  • 在韓歴7年目

~以下、MEさんへのインタビューです~

韓国で仕事をすることになったきっかけ

-韓国で仕事をすることになったきっかけは何ですか?

(MEさん)元々、交換留学で1年韓国に住んでみた経験から、将来韓国で働いてみたいという目標があったんです。

それで、日本で働いている頃から韓国での就職先を探していましたが、韓国に住んでいるわけではないので、なかなか面接に進むことすらできずにいました。

そんな時ちょうど、日本で面接を受けて韓国で働ける仕事の募集があり、日本での面接を通して韓国で働く機会を得ることができました。

-元々留学された経験があり、韓国に興味をお持ちだったんですね。

韓国で経験したお仕事

-韓国ではどのようなお仕事をされてきましたか?

(MEさん)いくつかお仕事をして来ました。今はソウルで働いていますが、韓国に来た当初は地方で働いていました。

韓国

(MEさん)その頃は、主に化粧品やファッション商品などの韓国の商品を日本向けに販売するオンラインショッピングモールで、翻訳や日本からの問い合わせ対応などの業務を行っていました。

ソウルに来てからはIT企業で企画の仕事をしています。今はゲームアプリのイベント企画などの担当です。日本にも関係のある業務なので日本語を使うこともありますが、基本的に業務はほぼ全て韓国語です

-ソウルだけでなく、地方でのお仕事も経験があるんですね。

韓国の職場の雰囲気について

仕事

-いくつかの会社でのご経験があるようですが、各職場の雰囲気はいかがでしたか?

(MEさん)私は3か所の職場でお仕事をしてきたんですが……以下、順番にお伝えします。

1番目の職場

会社全体で外国人が2~3人しかおらず韓国人が圧倒的に多い職場で、それぞれが完全に個人主義の会社でした。

また、外国人だからと言って変に特別扱いされることなく基本的には気が楽でしたが、韓国内からの問い合わせなど、韓国人の方がする仕事と同じように任されていたので、大変な面もありました。

日本関連の業務ではある程度責任感のある仕事を任せてもらい、日本にある企業とのやりとりなどにも携わることができたのでやりがいがありました。

2番目の職場

日本人・中国人・英語圏の人など外国人が多い職場だったのですが、チームの仲自体はとても良かったです。

ただ、会社側が「誰かやめてもすぐに別の外国人を採用すれば良い」という考えがあったように思います。

3番目の職場

本社が日本にあるのですが、韓国で働く日本人は数人しかおらず、「日本人としてどう感じるか」といった意見を求められることが多いように感じます。

また、チーム内で周りをサポートする体制が整っていて、何か問題があった時は誰かがサポートしてくれるので、新しい業務に挑戦する際も安心して仕事を進められます。

-日本人の方が少ない職場の中で、それだけ「日本人として」求められるものが多くやりがいを感じられたのですね。しかし一方で「韓国人と同じように」仕事を求められる大変さも多かったのですね。

韓国のビザについて

パスポート

 MEさんが取得されてきたビザについて

‐ビザはどのようにされていましたか?日本の方が韓国で就職する際に課題になってくるのは、主にビザの問題ですよね。

(MEさん)そうですね。私の場合は、はじめに就業ビザ(E-7)を取得後、居住ビザ(F-2)に切り替えました

就業ビザは、通常、会社のサポートなしには習得が難しいのですが、私の場合、会社の社長がビザ申請にとても積極的に動いてくれたので運が良かったと思います。

‐就業ビザ取得時には、どのようなものを提出しないといけないのですか?

(MEさん)私が習得した時は、卒業証明、職歴証明、語学(TOPIK,TOEIC)などの資料に加え、会社の雇用契約書や在職証明書などの資料を提出しました。

‐その後、居住ビザに切り替えられたのですね。居住ビザ取得条件はどのようになっているのですか?

(MEさん)はい、 その後、居住ビザに 切り替えました。居住ビザ取得後の条件はいくつかあるようですが、私の場合は点数制を利用して取得しました。

点数制で居住ビザを申請する場合には、「就業ビザで1年以上働いた」という条件が必要です。その条件を満たした上で、学歴・年齢・年収・韓国語能力など様々な条件を元にした点数を計算し、一定の点数を超えるとビザが支給されます。

はじめは3年ビザが支給され、前回の更新時には5年ビザをもらいました。

‐確かその点数制というのは、以前はなかった制度ですね。

(MEさん) そうですね。確か2011年9月から施行している筈です。

韓国におけるビザの種類

ここで少し補足します。

韓国では、現在、以下のようなビザがあります。

(★印:MEさんがこれまでに取得したビザ)

1.留学ビザ  

  • 長期留学(91日以上):D-4(一般研修) /滞在期限上限2年
  • 短期留学(90日以内):C-3(短期総合)/ 滞在期限上限90日
  • 専門大学・大学・大学院留学:D-2(留学)/ 滞在期限上限2年

2.就業ビザ

  •  ワーキングホリデー:H-1(観光就労)/滞在期限上限1年
  •  駐在:⑴D-7(駐在)/滞在期限上限2年、⑵D-8(企業投資)/滞在期限上限5年
  • 現地企業で働く場合:⑴E-5(専門職業)/滞在期限上限5年、⑵E-7(特定活動)★/滞在期限上限3年
  • 語学学校講師:E-2(会話指導)/滞在期限上限2年

3.国際結婚

  • 結婚して韓国に住む場合:F-6(結婚移民)/ 滞在期限上限3年※現在はこれが居住ビザ(F-2)として発行されていました。

4.居住ビザ(数年前に改定)

  • 韓国に滞在する許可されているビザ:F-2(居住)★

なお、「居住ビザ(F-2)について少しご説明します。

以前は、主に「日韓両国で入籍が済んでいる場合の韓国人の配偶者」が結婚ビザとして、居住(F-2)ビザで滞在することになっていました。しかし、今は出入国管理法施行令の改定により、「結婚移民(F-6)」というビザが別に存在します。

つまり、今の「居住ビザ(F-2)」というのは「会社や仕事の有無に関係なく韓国に住むことが許可される」というビザとなっています。

これまでは主に「結婚ビザ」あるいは会社からの「就業ビザ」がないと滞在出来ませんでした。 それを考えると、この「居住ビザ」は新たな選択肢として、韓国に住みたい人たちにとっては嬉しいビザだと思います。

勿論、それを受けるには様々な条件があり、それに通った人たちのみが取得出来ます。また、有効期限は3年となっています。

ところで、先ほどMEさんとのお話の中で、「制度が変わった」というのは、居住ビザとまた別に②就業ビザの「現地企業で働く場合」「語学学校講師」などに関しての事です。

韓国に滞在する外国専門人材のうち、「学力、所得などの資質評価など一定の基準を満たす者」に対し、改定が行われました。

この「韓国に滞在する外国専門人材」というのは以下の事を指します。

  •  E-1:教授
  •  E-2:会話指導
  •  E-3:研究
  •  E-4:技術指導
  •  E-5:専門職業
  •  E-7:特定活動

これらの資格で1年以上韓国に合法的に滞在している場合は、 滞在資格を居住(F-2)に変更できる点数制が採用されるようになりました。

居住(F-2)取得後は滞留期間の上限が3年に拡大され、既存の滞留資格に関係なく自由な就業活動が可能となっています。

基準は評価表による評価点数が80点以上(120点満点)、評価方法は「 年齢・学力・韓国語能力・所得などの項目を点数化して合算」となっています。

※上記の内容は、変更が行われることもあります。

また、就業ビザの場合、滞在期間は就労先との内容によります。留学ビザの場合も同様、在籍先との内容によります。

在大韓民国日本国大使館や大韓民国総領事館、また就労先・在籍先などに確認頂くようお願いします。

韓国で仕事をする中で感じた難しさとやりがい

難しい部分

‐お仕事をする中で感じた、難しい部分について教えて下さい。

(MEさん) 会社によってもスタイルが全くちがうと思うので一概には言えないですが、日本の会社のように「入社後にまず教育をしっかり受けてから実務に入る」というスタイルよりは、「簡単に業務について説明を受け、とりあえず業務をやってみる」というスタイルが多いように感じます。

その分、自分で積極的に動いて学ばなければいけないので、はじめは大変な部分も多かったです。

‐なるほど、研修があまりない状態で、とりあえず自分でどんどん動いていかないといけないのですね。

やりがいのある部分

‐では次に、お仕事をする中で感じた、 やりがいのある部分について教えて下さい。

(MEさん) これも会社によって違うと思うのですが、私が経験した会議の場では、韓国人・外国人に関係なく、各社員の意見をよく取り入れてくれました。

特に日本関連の業務に関する会議をする際に、日本語ネイティブとして意見を最大限に尊重してくれたので、若干のプレッシャーもありつつ、一方でやりがいも大きいので、ありがたく感じています。

‐こちらの意見を尊重してくれるのは嬉しいですね。

これから韓国で仕事をしようとする人へのアドバイス

韓国

‐MEさんのように、これから韓国で仕事をしたいと思う人も多いと思います。そういった方々へ、何かアドバイスがあればお願いします。

(MEさん) 韓国には日本語がうまい韓国人もたくさんいるので、日本語がネイティブという条件だけでは韓国での就職はなかなか難しいです。

韓国で今後働きたい人は、「韓国でどういう仕事をしたいか」を考えてみた上で、まず日本である程度その仕事の経験を積むことが大事だと思います。関連のある仕事の経験があれば、韓国での就職の機会もだいぶ広がると思います。

‐確かに、韓国では「韓国でのお仕事経験より、日本でのお仕事経験を重視する」といった事を聞いたことがあるような気がしますね。具体的には、どのような場面で 「韓国でのお仕事経験より、日本でのお仕事経験を重視する」と感じましたか?

(MEさん)「就業ビザ」を申請する時に強く感じました。日本での業務経験がない場合、ビザの申請をしても却下される可能性がかなり高いのです。「結婚ビザ」などの場合と「就業ビザ」を獲得する場合とでは、条件が全く違うと思います。

-なるほど。就業ビザ申請の際に日本での仕事経験が重要視されるのですね!

ちなみに、MEさんは日本でどのようなお仕事をされていたのですか?日本でのお仕事の経験が韓国のお仕事につながった実感などはありますか?

(MEさん)日本ではIT関連の会社で働いていました。韓国で「就業ビザ」を申請した際に働いていた会社もIT関連の会社です。日本で担当していた業務と似た部分が多かったので、ビザ申請の際も有利だったと思います。

また、それだけでなく、実際に韓国で業務をしていく上でもすぐに業務に慣れる事が出来たと思います。

(MEさん)また、ビザについてですが、日本で働いたあと韓国でビザをもらって働きたい人は、必ず日本であらかじめ卒業証明・在職証明書などの資料を準備した上で韓国に来ることをお勧めします!

‐それは貴重な情報ですね。今後、韓国で仕事をしたい人たちへ役に立つと思います。どうもありがとうございました!

まとめ

MEさんは、韓国でのお仕事の大変さは勿論あると思いますが、やりがいのある仕事をし、どこかイキイキしているように見えました。

いくら留学経験があるとは言え、日本で働いた後、すぐに韓国で働くというのは、なかなか勇気がいるものです。

日本でも就職が難しい昨今。ましてやいくら韓国語が出来てもやはり外国人という状況の中で、留学先の大学の紹介あるいはコネや人脈があった訳でもなく、自身の実力のみで挑戦してみるというのは、誰にでも出来る事ではないように思います。

しかし、MEさんは韓国という地にふっと飛び込んで、自ら動き、今ではプライベートも充実しているご様子。

「自分で積極的に動いて学ばなければいけない」それを実践している、それが成功の秘訣なのかもしれません。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
uracjko

uracjkoライター

投稿者プロフィール

韓国の地方都市在住7年目。夫 韓国人、3人の子ども、母と暮らす。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る