海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

マレーシアの外資系部品メーカーで働く私のタイムスケジュール

  • 公開日:
  • 更新日:
マレーシア

私はマレーシアのペナン島にある外資系部品メーカーで、マレーシアオフィス唯一の日本人として現地人同僚とともに働いています。職種はマーケティング(日本担当)です。

のんびりとしたお国柄の南国マレーシアでの働き方とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、とある日の私のスケジュールをご紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

マレーシアで働く一日:起床~出勤

7時30分:起床

マレーシアは年間を通して日の出時間が遅いため、この時間だと少し薄暗いこともあります。シャワーを浴びて簡単な朝食をとり、身支度を整えます。

8時40分:出勤

自分で運転して勤務先まで向かいます。自宅から勤務先までは車で10分ほどの距離ですが、朝は渋滞もほとんどないため快適です。

海外就職求人サイト
海外就職

マレーシアで働く一日:午前の仕事~昼食

9時00分:就業開始

出勤したら、何はともあれメールチェック。日本とマレーシアの間には1時間の時差があるため、こちらの就業開始時刻にはすでに日本は午前10時。社内外からメールがたくさん届いているので、まずは返信します。

10時00分:翻訳作業

日本のお客様から送られてきた図面の翻訳作業に取り掛かります(日→英)。技術資料の翻訳作業は通常は日本支社のエンジニアが対応していますが、急ぎの案件ですぐにペナン工場と連携をしたいような場合にはヘルプをお願いされることも。

12時00分:昼食

1時間のランチタイム。仲良しの同僚と一緒に、注文しておいたお弁当を社内の食堂で食べます。時々は外に食べに行くこともあります。

マレーシアで働く一日:午後の仕事~退社

13時00分:ミーティング

打ち合わせ

日本のお客様から引き合いがあったプロジェクトについて、関係部署を集め1時間半の会議。会議は、公式には英語で行われるはずなのですが、細かなニュアンスなどが伝わりづらい場合には現地語で話し始めるスタッフも多いです。

普段は控えめなマレーシア華人スタッフたちですが、ミーティングではここぞとばかりに意見を主張し合い、折り合いがつかず長引くこともしばしば。

14時30分:日本支社と電話会議

先に行われた現地スタッフとのミーティング内容をまとめて、日本支社に口頭でフィードバックします。支社間の電話連絡は、通話料のかからない社内の電話会議システムを使用することが多いです。

15時15分:お客様に営業電話

東南アジア圏の日系顧客に向けて営業活動を行うのも、大事な仕事の一部です。

シンガポールやタイにいるお客様のところへは、月に1~2回のペースで出張しています。訪問の約束を取り付けるためお客様に電話をして予定のすり合わせを行います。

15時45分:小休憩

コーヒー

少し疲れたので、コーヒーを淹れてリフレッシュ。

16時00分:顧客来訪手配

たまに日本のお客様がペナン工場を視察にいらっしゃることもあります。

お客様用のホテルや移動車の手配から、会議室のブッキング、社内生産部門への見学申し入れ、時間割作成、接待場所やメンバーの選定に至るまで全部私が行わなければならないのでなかなか大変です。

17時30分:経費精算

計算

出張経費の精算用に領収書をファイリングします。

毎月コンスタントに出張が入る仕事なのですが、請求手続きが面倒くさく感じてどうしても領収書を溜めがちになってしまうため、時間ができたときにこまめに整理するようにしています。

18時00分:退社

残業はあまりなく、ほとんどの日は定時で勤務を終了できます。

自分で運転して自宅まで帰りますが、夕方は渋滞がひどいため、朝は車で10分の距離に1時間程かかることもザラです。

マレーシアで働く一日:終業後

19時00分:帰宅

自宅到着。日没が遅いマレーシア、この時間だとまだ明るいです。

19時30分:夕食

夕食は簡単な日本食を自炊することが多いです。疲れている日は、近くの屋台でお持ち帰りしてくることも。

20時30分:運動

ダイエットとストレス解消を兼ねて、マレーシアに住み始めてから運動を始めました。

自宅(コンドミニアム)の共有施設にあるジムで、週に3~4回ほど汗を流します。マシーンを使って走ったり、エアロバイクを漕いだり、筋トレをしたり。蒸し暑い日にはプールで泳ぐこともあります。

22時00分:シャワー

運動でたっぷり汗をかいたので、シャワーを浴びてリフレッシュ。

22時30分:自由時間

就寝前の自由時間はネットサーフィンやテレビ鑑賞、友達や家族と電話したりしながら、ゆったりと過ごします。毎日ではありませんが晩酌を楽しむ日もあります。

25時00分:就寝

おやすみなさい。

まとめ~仕事以外のことができる質の高い生活

東京で働いていたときは通勤時間が長い上に残業も多く、仕事のことばかり考えているような生活でした。しかし、マレーシアで働き始めてからは平日の就業後に趣味を楽しむ余裕も出てきて生活の質が向上したような気がしています。

日本で働くことだけが選択肢ではありません。仕事ばかりの人生に疲れたら、マレーシアでゆったりペースの社会人生活、考えてみてもいいかもしれませんよ。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

外資系転職特集(JAC Recruitment)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ばき子ライター

投稿者プロフィール

マレーシア・ペナン島の外資系メーカーで働くアラフォー。
学生生活終了後、新卒で念願の海外就職を果たし、それ以降シンガポール(6年半)、東京(2年)、マレーシア(1年半)を渡り歩く。
座右の銘は「住めば都」。のんびりした南国の暮らしが気に入っているため、このままペナンに半永住の予定。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る