Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

家族でマレーシア移住生活、1ヶ月の生活費はどれくらい?

マレーシア

私は40歳代の主婦で、夫と子供とマレーシアに移住し首都クアラルンプールに近いエリアに住んでいます。

マレーシアの物価は日本の約3分の1と言われています。では、マレーシアで家族で生活すると一体いくらぐらいかかるのでしょうか。

今回はマレーシアで生活する私たち家族の1ヶ月の生活費をご紹介します。

マレーシアでは物価は日本の3分の1!しかし生活費は意外にかかる

マレーシア

冒頭でもお伝えした通り、マレーシアの物価は日本の約3分の1と言われています。実際にその物価で安く生活できるかというと、そうではありません。

その理由はマレーシアで生活する日本人の大半は、治安が良く、買い物に便利な場所を選んで住むケースが多いためです。

安全で便利な場所は家賃や食材が高くなることが多く、物価の安いマレーシアの良さが半減してしまうことにもなります。

ローカル生活をすれば日本の3分の1の費用で生活可能

もし安く移住生活をしたいのであれば、現地の方の基準で住まいを選び、食生活もローカル化する必要があります。そうすれば当然のように生活費は安くなり、日本の3分の1くらいの費用で生活できるでしょう。

現地のマレーシア人は、マレーシア在住の日本人の生活費の約半分くらいで生活している人が多いです。

我が家の生活費を例にご紹介します

マレーシア

夫と子供と3人でマレーシア移住生活をしています。

我が家には子供もおりますので、住まいは警備員のいるセキュリティーがしっかりした、便利な場所にある物件を選びました。

部屋には洒落たデザインの照明がついており、家具も生活するのに必要な家電や寝具が全て備わっています。

海外生活をするにあたってたいていの日本人は、どのくらいの期間を現地で住むかわからない状態で移住します。そのため住まいに家具が備わっている物件を選ぶことが多いです。

もちろん、長期で住むことがはじめから決まっている場合は、自分で家具を購入し、家具ナシ物件をより安い金額で借りることをおすすめします。

長期的に見ると、自分で家具を買った方が安上がりなのです。

我が家の家賃

現在は約9万円の部屋に住んでいます。部屋のスペックは以下の通りです。

  • 築二年
  • 家具・家電付き
  • プール
  • スポーツジム
  • 警備員が数名常駐で安全を管理

これで日本円で約9万円くらいなのです。日本と比べたら破格です。

とはいえ、部屋の設備は日本と比較すると、どんな高級な物件であってもシャワーのお湯の出るのが遅かったり、水漏れがあったりと劣ります。

ただ、新しい物件でも場所が少々不便など、一部の条件を我慢しさえすれば格安で借りられますし、古い物件であればオーナーとの交渉次第で安く借りることもできます。

食費

マレーシアでの食事

マレーシアに限らず東南アジアでは屋台文化が発達しています。外食が一般的なので、かなり安い金額内で外食できます。

日本食や洋食を食べることにこだわらなければ、外食費は1食1人分が日本円で300円くらいです。家で自炊した場合、日本食を作っても食材がマレーシアだと手に入りやすいため、1食300円くらいでできてしまいます。

自炊すると食費が安くなる

我が家は平凡な日本食を毎日自炊しています。

日本の米や素材にこだわりなく生活すれば、ぐーんと安く、一日の食費は700円程度です。

仮に、豪華なおかずを食べ、米も美味しい日本米にした場合は一食1,000円くらいかかります。

ちなみに我が家の食費は、外食費が意外と多く月4万円くらい、自炊でする分が1万円くらいで合計は5万円程度です。

水道光熱費

それ以外にかかる生活費としては光熱費、つまり電気代、ガス代、水道代ですが、我が家では最も電気代が高く約1万円、続いて水道代約1,000円程度、ガス代は約500円です。

ガス代

ガスはボンベをガス台の下に取り付けて使うのですが、1つのボンベを取り付けるのにかかる費用は約1,000円程度です。

毎日自炊すると約2ヶ月くらいで1本のボンベがなくなります。

ひと月のガス代は約500円ということになります。 

水道代

水道代は、日本と違いあまり湯船にゆっくりつかってお風呂に入るということをしないので、シャワーで済ますことが多く、水道代は安くすみます。

バスタブのある物件はマレーシアではかなり少ないので、ゆっくりお風呂につかるのは諦めた方がいいかもしれません。

水道代は約1,000円程度です。

通信費

携帯代はほとんどの人がプリペイドの方式の支払いにしています。一ヶ月間で30分位は連続通話したり、SNSも送れて約900円です。

プリペイドのため、一ヶ月後にコンビ二に行って支払い(約900円)、電話代をチャージする必要があります。各携帯キャリアで国際電話を格安でかけられるサービスもやっているので、日本に電話をかけるにも比較的安いです。

最近は、PCやスマホでスカイプやLINEなどを利用するため、国際電話は無料になります。

インターネット

インターネットプロバイダ利用料ですが、一ヶ月約3,000円弱です。

使い放題のプランではないため、使いすぎた場合には、その都度チャージをしに行きます。

交通費

マレーシアの交通費は安いです。バスや電車、タクシーも日本に比べれば格安で利用できます。我が家では車を使っていますので、交通費(ガソリン代込み)約5,000円ぐらいになります。

合計

以上、一ヶ月の生活費を我が家の場合でシミュレーションしてみました。

住居費約9万円
食費約5万円
水道光熱費約1万1500円
通信費約4,000円
交通費約5,000円
交際費約5,000円
合計約16万円

住居費が約9万円、食費が約5万円、光熱費が約1万1,500円、通信費4,000円程度ということで一ヶ月間で合計約16万円程度ということになります。

それ以外に交際費として約5,000円の計1万円を含めても、特別贅沢な生活をせずに時々外食する程度に暮らせば、だいたい一ヶ月17~18万円程度あれば生活できます。

まとめ

物価が安い国とはいえ、日本人が住むような物件や場所では、住居費が高くなる傾向があります。実際のところ生活費の半分は住居費が占めています。

安くマレーシアで生活するためには、ローカルのマンションを探して住むことが一番手っ取り早いです。夢の6万円代で生活できるかもしれませんよ!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

マレーシアで海外就職、現地採用の気になる仕事や給料相場

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る