海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

マレーシアで翻訳・通訳者として働くということ

  • 公開日:
  • 更新日:
マレーシア

最近はテレビのCMなどでも耳にすることが多くなったマレーシア。リゾートや退職後の楽園といったイメージをお持ちの方も多いと思います。

最近では日系企業も増えてきて、マレーシアでは働く日本人も増えてきました。今回はマレーシアで実際に働くことの実態を、筆者の経験を交えながら紹介していきます。

なぜマレーシアで就職したのか

筆者は両親の仕事の関係から小学校からマレーシアに移動し、高等学校までをマレーシアの現地校で修了しました。マレーシアは三つの人種、中華系、インド系、マレー系で成り立っている、世界でも珍しい多国籍多文化の国です。

私はマレーシアで中国語、英語、マレーシア語を習得し、いつか習得した言語を何かの形で役に立てたいと思っていました。そこでマレーシアの現地高等学校を卒業した翌年から、翻訳者及び日本の企業をマレーシアでサポートする通訳者となりました。

海外就職求人サイト
海外就職

マレーシアでの就活期間はどのくらい?

翻訳者、通訳者になるための最初のステップとして’SKBMW’や’Ujian mendengar’や’Ujian Lisan’という、マレーシア語の言語能力テストを受けました。

ヒアリング、ライティングのテストを受け、自分のマレーシア語の言語能力を証明できるようにするためです。

又、英語能力も証明できるよう日本でTOEICの試験を受けた後、大手翻訳クラウドソーシングのサイトで試験を受け、実際に翻訳の経験、実績を積んでいきました。それらの実績のおかげで現在の翻訳事務所に就職できたと思います。

苦労した点としてはやはりテストに向けての勉強です。SKBMWに関しては過去問などの教材が容易に見つかりましたが、ヒアリングのテストである’Ujian mendengar’に関しては教材がなく、自分で学習方法を考える必要がありました。それで、毎日マレーシア語のニュース番組を見ることによってヒアリング能力に磨きをかけました。

テストが毎年10月に開催されますので約9ヶ月間テストに向けて準備をすることができました。学生としての立場があったからこそテスト勉強に励むことができたと思います。

クラウドソーシングのサイトで試験を受ける前にすでにマレーシアで翻訳者として仕事をしていた友人の元で翻訳をする上で必要な技術を学びました。その経験のおかげで翻訳試験に一発合格できたんだと思います。

翻訳者として就職する上で特別な資格は必要ではありませんが、翻訳の経験や実績が重要視されます。翻訳者としての就職や転職をお考えの方はまず、実際に翻訳という仕事に触れてみること、経験を積むことが重要です。

なぜ海外で働こうと思ったか

小学校から高校までを修了したマレーシアは日本よりも自分にとって落ち着く場所でした。又、マレーシア語などの、ある意味特殊な言語は日本で就職するよりもマレーシアにいる方が最大限に活用できると思い、マレーシアでの就職を決意しました。

海外で働く上で、トラブルはつきものです。もちろんここマレーシアでもそれは同じです。この経験は将来日本で仕事をする上でも、問題に臨機応変に対処するための大切な勉強になると思います。

実際、日本では考えられないようなトラブルが発生することも多々ありますので、ワンステップだけではなくツーステップ先のことまで計算して仕事をこなす良い習慣がついたと思います。

マレーシアではどのように仕事を探したのか

あまり知られてはいませんが、マレーシアには日本人が2万2774人(2017年5月現在)滞在していて、在留邦人総数が東南アジアでは三位なんです。

そのおかげで日本人専用のコミュニティー(日本人会)やネットの掲示板がたくさんあり、比較的日本人が職を見つけやすい環境になっています。

筆者も最初の仕事はマレーシアの日本人掲示板で受注しました。又、海外転職サポートを行っているウェブサイトもマレーシアでの日本人向けの求人情報をたくさん提供しています。

マレーシアでしている仕事

筆者は主に法律関係の翻訳と通訳を行なっています。例えば、日本企業のマレーシア進出に伴う現地での契約や、政府関係者との交渉などのサポートをしています。

政府関係者と関わることが多いため、一番使うことの多い言語は日本語とマレーシア語と英語です。

他にも、マレーシアには現地人を最低でも全体雇用率の何%雇用しなければいけないと言う法律があるため、現地スタッフの雇用契約書の翻訳や通訳のサポートも行なっています。

現在は事務所のマネージャーとして勤務しています。

マレーシアで翻訳、通訳者としての仕事を選んだ理由

筆者自身、小学校高学年の時にマレーシアに引っ越した為、言語の面ではたくさん苦労をしました。それで、マレーシアに興味を持ってくださる企業や人を翻訳や通訳を通してお手伝いしたいと考えました。

翻訳や通訳でマレーシアでの仕事がスムーズに、またストレスフリーになるようサポートできればと思い、勉強を始めたのです。

又、人との関わりが大切な職業ですのでやりがいも感じられるのではと思い、翻訳、通訳の道を選びました。

マレーシアで仕事をしてよかった点

やはり、やりがいがある点です。自分のサポートさせていただいた企業や会社がマレーシアに進出して成功しているのを見ると、嬉しさや達成感で胸がいっぱいになります。

他にも、日本の企業に就職できて喜び、感謝してくれる現地採用のスタッフの方と話していても、自分の仕事を必要としてくださる人がいることを感じることができます。

海外で働きたいと考えているあなたへ

海外で働きたいと思う理由は何かもう一度よく考えてみてください。先程も述べましたが、海外で働くにはたくさんのトラブルがつきものです。

自分は何をしたいか?またそのために今、何ができるかを自分自身が理解していなければ、海外で就職してもすぐに挫折してしまいます。

しっかりとした目標、ゴールを定めて、自分は何ができるのかをしっかり吟味してみてください。

 “Where there’s a will, there’s a way” 自分の目標をしっかり持ち、ゴールに向かっての一歩をまず踏み出してください。あなたの努力は結果を持って報われるはず。海外就職だって決して夢ではありません!

夢があるあなたを止めることができるのはあなた自身だけです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

20代からのマレーシア就職!マレーシアのクアラルンプールで働くには

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る