海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

インドネシアの消費税・所得税・法人税は?インドネシアの日系企業で働くなら知っておきたい税金事情

  • 公開日:
  • 更新日:
インドネシア

日本にも色々な税金がありますよね。身近なもので言えば、物を買うと自動的に加算される消費税、会社の給与から引かれる所得税、住んでいる市から引かれる住民税など様々です。

インドネシアでも同様に、様々な税金がかかります。インドネシアの日系企業で働く場合も税金を支払わなければいけません。どんな税金があってどのように支払うのでしょうか。

ここでは「インドネシアの消費税・所得税・法人税の税金事情」というテーマで、インドネシアの税金についてご紹介します。

インドネシアの消費税は5%〜15%

税金

まず消費税についてですが、インドネシアで消費税に該当するものは付加価値税VAT(Value Add TAX)と呼ばれており、だいたい10%かかります。だいたいと表現したのは、物によっては5%~15%の間で設定があるからです。

VATは物を購入する際に発生するものですが、次の項目(一部のみ記載)についてはVATは加算されません。医療サービス、金融サービス、保険サービス、エンターテイメントサービスなどです。

我々日本人は5%から8%に消費税が値上げされた時に反発しましたが、実は世界からみるとまだまだ消費税は低い国と言えます。

余談ですがインドネシアで飲食をする場合、消費税に加えて約7%のサービス税というものが加算されます。実質17%加算されることになり、とても高いです。

インドネシアの所得税は5%〜30%

税金

次に所得税についてです。インドネシアに会社の駐在員として赴任する方は、会社が支払うのが一般的です。現地採用の場合も会社から支払われます。

起業する場合、最初は自分で段取りをしなければいけないので仕組みを簡単に説明します。まず所得税を支払う義務が発生するのは、インドネシアに「居住」する場合です。

支払う額については、インドネシアでの年収によって税率が5%から30%に定められています。

  • 5,000万ルピア(約50万円)以下は5%
  • 5,000万ルピア以上2億5,000万ルピア(約50万〜250万円)以下は15%
  • 2億5,000万ルピアから5億ルピア(約250万円〜500万円)以下は25%
  • 5億ルピア(約500万円)超えは30%

になっています。

インドネシアの法人税は原則25%

税金

会社を起業する予定がある方が覚えておかなければいけないのは、法人税というものです。

法人税は個人ではなく、会社自体が国に支払わなければいけない税金のことを指します。どこの国も大体そうですが、自国に投資を呼び込むため外国企業を税金面で優遇することがよくあります。

インドネシアの法人税は原則25%になります。ちなみに日本は現在約31%です。

何故原則と記載したかというと、条件によっては25%から軽減されることが可能だからです。例えば、年間売上げが500億ルピア以下の場合、48億ルピアまでの課税所得に対して50%軽減された税率(12.5%)が適用されています。

他にも上場している企業で一定の条件を満たす場合は、課税所得1億ルピアに課せられる税率が5%引き下げられ20%になります。

期限内にきちんと収めることが必要

法人税の申告・支払いについては、前年度の所得税総額から源泉徴収額をマイナスした金額を1年分(12ヶ月)で割って算出された額を毎月納付することになります。インドネシアも日本同様に確定申告制度があるので、年度末に申告を行います。

納付と申告期限については課税対象期間を法人の会計期間として、課税期間対象終了後4ヶ月以内に申告する必要があります。納付については、確定報告書の提出前に納めることが義務づけられています。

税金関係については税務に明るい人は問題無いと思いますが、海外で1人で調べるのは時間がかかるため、コンサルタントや同業の方から聞いて対応していくことを推奨します。

まとめ

インドネシアにおける税制の概要をご説明してきました。インドネシアという国では、法律が突然発令されたかと思えば数日でキャンセルになったり、変わったりすることが往々にあります。

駐在員としてインドネシアに来られる方は、直接自分に関係してくるのは付加価値税(VAT)くらいですが、経営者として起業、赴任される方にとっては複雑なこともあります。

JETRO(https://www.jetro.go.jp/)やコンサルタントに問い合わせをしながら運営されていくことをおすすめします。

近年インドネシアでは税金の歳入が予定よりも少ないため、少しでも多くの税金を徴収しようと政府が企業に対してのチェックをとても厳しくしています。税金関連のことは非常にデリケートな問題なので、情勢を常に気にかけておいて下さい。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【インドネシア求人】未経験からでもインドネシア就職を狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 楽天カード
  3. リクルートエージェント
  4. 海外就職求人サイト
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る