海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

タイで働いて発見!タイ人の仕事術から学ぶ「ストレスを溜めない働き方」

  • 公開日:
  • 更新日:
タイ

日本人は働きすぎ、という言葉をよく耳にしますね。私も日本にいるときは日本の働き方が普通だと思っていましたが、タイに来てみると、日本人が働きすぎというのはその通りかもしれないと思うようになりました。

日系企業勤務なら、タイ人に日本式の働き方を教えることが多いでしょう。ですが、ストレスを溜めない働き方については、日本人がタイ人から学ぶことがあります。それは、日本人とタイ人では仕事に対する姿勢が違うからです。

では、なぜタイ人はストレスを溜めずに働けるのか、その仕事の仕方から検証してみました。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

タイ人の仕事術1. 「ミスしてもしょうがないよ」の精神

自由

タイ人と働き始めた最初の頃は、本当にストレスが溜まりました。確認しない、提案できない、ミスが多い。タイ人の仕事は穴だらけと言ってもいいでしょう。

そんなタイ人の仕事をサポートし、成長させるのが日本人の役目です。

ここで大事なポイントがひとつあります。タイ人従業員がどんなミスを犯しても、人前で注意したり叱りつけたりしてはいけないということです。

基本的にタイ人は反省をしないので、失敗から学ぶことをせずに同じミスを何度も繰り返します。どんなに大きなミスをしても、笑って流してしまう人もいるほどです。

そんな時は声を荒げてしまいたくなりますが、グッと我慢をしなくてはいけません。

怒られた経験のない人たち

タイ人は、子供の頃から怒られることなく育ってきた人が多いといいます。それに加えて、プライドも高いのだとか。

そんなタイ人に対して人前で怒ったり注意をしたりするのは、恥をかかせてプライドを傷つける行為です。怒った次の日に、また極端な場合はその直後に、仕事を辞めてしまうケースも少なくありません。

タイ人のミスを注意するときは、「次からはこうしてくれると助かるな」という風に遠まわしに言うようにしています。

タイ人は怒られることがないのだから、ストレスが溜まることも少ないですよね。

タイ人の仕事術2. 職場の雰囲気や人間関係を重視

私は工場に勤務していて、タイ人従業員が60人ほどいます。仲良しグループはいくつかあるものの、従業員同士が反発し合ったり仲が悪かったりということはありません。

仕事の後にみんなで飲んだり、土日も一緒に遊んだりと、職場以外での交流も盛んです。これは、タイ人の仕事に対する考え方が大きく影響しています。

居心地が悪ければ簡単に転職

もちろん人によりますが、タイ人にとって仕事とはお金をもらう手段のひとつでしかありません。お金がもらえればどの会社で働いてもいいのです。

居心地が悪く仕事が合わないような会社なら、さっさと辞めて新しい会社に移った方がいいと考えます。1日だけ働いて辞める人もいるくらいです。

私の会社でも今のような和やかな雰囲気になるまでは、たくさんの人が辞めていきました。

同僚が気に入らないから辞めるなんて、日本人ではあまり考えられませんよね。ですがタイ人にとっては、職場の居心地の良さというのは給料の額よりも大事なのだそうです。

タイ人の仕事術3. ONとOFFの切り替えが上手い

タイ人

職場以外で遊ぶことも多いタイ人従業員、もちろん飲んでいる席などで仕事の話もします。ですが、話の仕方も仕事中のような雰囲気は全くなく、楽しく弾んだ会話です。

「仕事時間外で仕事の話はしたくない」という日本人より、ONとOFFの使い分けが上手なのでしょう。

このスキルを身につければ、ストレスは大幅に軽減しそうですよね。

タイ人の仕事術4.「自分の仕事しかしない」割り切りの良さ

タイ

タイ人はいくら手が空いていても、自分の部署以外の仕事はしません。自分の職務ではない、というのが理由です。

たとえば、すぐ近くの客先に営業に行くとします。免許を持っていて社用車に空きがあったとしても、自分で運転して客先に向かうということはありません。

運転は運転手の仕事であり、自分が社員契約の際に言い渡された職務ではないからです。

私の会社では人件費削減のため、お互いに協力し合うよう教育をしてきました。ですが、今でも反発があるのも事実です。自分の職務以外のことをやらされると「なんで私が」という気持ちが湧いてきますよね。

自分の職務だけをするというタイ人の姿勢は、良くも悪くもストレスを溜めない理由のひとつなのかもしれません。

まとめ~お互いの良いところを取り入れよう

キリキリ働く日本人に比べて、のんびりしているタイ人。

そんな彼らからストレスを溜めない仕事術を学びつつ、仕事の質に関しては私たち日本人が教えていかなくてはなりませんが、とはいえここはタイです。日本式のやり方ばかりを押し付けるわけにはいきません。

お互いに上手くやっていくためにも、日本とタイの良いところを取り入れて仕事をしたいものですね。

さあ、あなたもタイで、ストレスを溜めない仕事の仕方を学んでみませんか?

タイ就職・タイ転職するには

海外の就職状況は絶えず変化しています。今すぐのタイ就職・転職を考えていなくても、転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。

いざ、転職しようと思ったときに「興味のある求人」に出会えないこともあります。事前に登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事です。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

転職成功者のほとんどが上記エージェントを利用しています。

登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。まずはどんな求人があるのか気軽に見てみましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【タイ求人】未経験からでもタイ転職を狙える転職サイトまとめ

タイで働くには?日系企業・外資系企業に就職する方法

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

就職・転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る