海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

どの移動手段が便利なの?ロサンゼルスの交通機関まとめ

  • 公開日:
  • 更新日:
車

ロサンゼルスは車社会なので、自家用車があるに越したことはありません。しかし車を買うまでの間や、旅行で訪れる場合は、どの移動手段を利用したらいいか迷いますよね。

そこで、ロサンゼルスの交通機関のメリット・デメリットをそれぞれ説明します。

ロサンゼルスでレンタカーを利用

車

旅行の移動手段といえばレンタカーが人気ですが、自家用車を買うまでの繋ぎでレンタカーを利用されている方も多くいます。ロサンゼルスには日系のレンタカーショップもあるので、日本語でのやり取りができ安心です。

レンタカーのメリット

待ち時間を気にせず、自分の好きなタイミングで出かけることができ、目的地のすぐ近くに車を停められます。荷物が多くても安心。

また事前に電話やオンライン予約ができるので、好きな車種を選んだり、どの保険を付帯するかも選べます。

レンタカーのデメリット

短期滞在であれば日本で国際免許を、長期滞在であれば現地で運転免許を取得する必要があります。また日本とは逆の左ハンドル・右側通行の上、運転ルールも異なるので、慣れない環境での運転は怖いものです。

その上、通勤・帰宅ラッシュ時の渋滞は、通常の2倍以上の時間を要するので、出かける時間帯にも気を付けなければなりません。

ロサンゼルスでタクシーを利用

タクシー

アメリカのタクシーといえば、黄色い車体で有名ですね。車を運転するのは苦手だけど、目的地にダイレクトに行きたいという方には、タクシーが便利です。

タクシーのメリット

事前予約ができるので、出かけたい時間に迎えに来てくれます。最近ではタクシーのアプリもあるので、英語を電話を掛けるのが苦手という方でも大丈夫!

タクシーのデメリット

料金が高い上、ドライバーにチップを払う必要があります。また英語で目的地を伝えるので、間違った解釈をされると、違う所へ行ってしまう可能性もあります。口頭でうまく伝わらない場合は、紙に書いて伝えてみましょう。

ロサンゼルスでウーバー(Uber)を利用

車

最近日本でも導入が始まったウーバー(Uber)はタクシーのように車で迎えに来てくれる配車サービスです。個人で運転しているドライバーもいるので、車体にUberとロゴが入っていない場合もあります。

ウーバーのメリット

初回のみ15ドル分無料で乗ることができます。その上、ウーバーのアカウント作成時にクレジットカードなど支払い方法を登録するので、車内での支払いは必要ありません

また高級車からSUVまで車のクラスを選ぶことができ、クラスによって料金が異なります。料金を抑えたい時は、カープールと呼ばれる相乗りを選択するといいでしょう。

ウーバーのデメリット

タクシーと違い、事前予約や時間指定ができません。ウーバーはアプリで配車手続きした時点で一番近い車が迎えに来るシステムなので、待ち時間が少々発生する場合があります。

ロサンゼルスでバスを利用

バス

公共交通機関で一番広い交通網を持つバスは、手軽で便利です。

バスのメリット

住宅街を通過するようなルートも沢山あり、車を持っていなくても、目的地のすぐ近くで降車することができます。また区間ごとではなく、乗車ごとの料金となっているので、車より安く長距離を移動することができます

路線によっては、早朝や深夜も走行しています。

バスのデメリット

ロサンゼルスのバスは時間通りに来ないことがほとんどです。時刻表より遅いこともあれば、早いこともあるので、停車時刻より少し早めにバス停へ行くのがベターです。

渋滞に巻き込まれると予定時刻より大幅に遅れるので、通勤・帰宅ラッシュ時の使用はおすすめできません。

また車内に両替機がないので、小銭がない場合はお釣りがもらえないため、乗車料金を多く払うことになります。

バスルートによっては、ホームレスが多い治安の悪い場所を通ります。夜遅い時間の乗車は、客層が変わるので避けた方がいいでしょう。

ロサンゼルスでメトロを利用

メトロ

近年メトロ路線が延長されているので、短い時間で長い距離を移動するのに、メトロは持ってこいです。

メトロのメリット

渋滞を避けて移動できるので、予定通りの時間に着くことができます。通勤・帰宅ラッシュ時も、車内が人でぎゅうぎゅう詰めということはないので、快適に過ごせませす。

またバスと違い、ほぼ時刻表通りに運行されています。

メトロのデメリット

バスに比べメトロ路線は少ないので、滞在場所によってはメトロの駅まで遠いことがあります。

タップカードという乗車カードが必ず必要で、現金で乗車することができません。持っているカードを忘れてしまった場合は、改めて買わなければならないのです。

メトロもバス同様、夜は客層が変化するので、利用は控えるのが無難です。

まとめ

平日は渋滞を避けるためメトロで通勤し、週末のお出かけは好きな時間にレンタカーを使う、などそれぞれのメリットをうまく活用し、交通機関を使い分けると便利です。

自家用車がなくても、これらの交通機関を使ってロサンゼルスの移動を楽しみましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【アメリカ求人】未経験からでもアメリカ就職を狙える転職エージェントまとめ

アメリカで働くには?アメリカで就職・転職をしたい日本人が転職前に知っておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Akina

Akina

投稿者プロフィール

ロサンゼルス在住。
ビザ関連の情報や、現地の暮らしに関して執筆しています。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る