海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

フィリピン・セブ島のローカル市場、カルボンマーケットで買い物をしよう

  • 公開日:
  • 更新日:
カルボンマーケット

皆さんはフィリピンのローカル市場に足を運んだことはありますか?現地の人が多く利用し、あまり観光客が訪れないローカル市場ですが、だからこそ面白いものや観光地に行っても見れない光景などを見ることができます。

また、観光地では文字通り観光地価格で売られている高い食材も、ローカル市場に行けば現地の人が買うのと同じ値段で買えるのでお得です。

私はよく現地の人に紛れてローカル市場に足を運びます。ローカル市場では実際に買い物をしてもお得ですし、見た目のインパクトを目で楽しめる物もたくさんあります。

フィリピンセブ島を訪れた際にはぜひ足を運んでほしいローカル市場があります。それが「カルボンマーケット」です。

行き方やおすすめの時間帯の情報なども記述するので、この記事を参考にして観光地だけではなくローカルな場所に踏み込んでみてください。

セブ島最大級のカルボンマーケット

今回紹介するローカル市場の名前はカルボンマーケットです。セブ島の中で最大規模を誇る市場で、魚類も肉類もフルーツもなんでも揃います。

行き方

タクシーの運転手等もみんな行き方を知っているので、タクシーで行く場合はそのまま「カルボンマーケット」と伝えればOKです。場所はコロンストリートのすぐ側で、近くに大きな大学USJRがあるので、そちらを目印にすれば迷わずに行くことができます。

おすすめの時間帯

1日中人出があって営業している店も多いのですが、やはり早朝や夕方などが人も多く品揃えもいいので活気があっておすすめです。

カルボンマーケットは規模がとても大きいため、初めて訪れた際はくれぐれも迷子にならないように注意が必要です。油断していると簡単に迷ってしまいます。

魚類

魚

カルボンマーケットで買えるものの1つに、魚類があります。スーパーマーケットやショッピングモールの鮮魚売り場などでは見ないような大きな魚や珍しい種類の魚も、カルボンマーケットには数多く並んでいます。

また、料金も他で買うのに比べて安く、ここで魚を仕入れて、自分のお店で転売する人も多いようです。日本の卸売市場のようなイメージです。

ウツボ

数多く魚が売られている中で、私がおすすめする1つ目の魚はウツボです。大きく見た目もあまり良くないので敬遠されがちなウツボですが、スープなどにするととても美味しく値段も割安なのでお得です。

アオブダイ

2つ目におすすめの魚はアオブダイです。現地ではモルモルと呼ばれていて、お酢と塩で揉み洗いし、細かく切った野菜と混ぜ合わせる酢の物のような料理、キニラオにすると絶品です。

大体の商品は1キロ〇〇円などと重さで値段が決まっているので、買いたい量を伝えればその大きさに切り分けてくれます。もちろん1匹まるまる買いたい時はその旨を伝えると1匹の重さを測って売ってくれるので、そのまま購入する事も可能です。

また、店員に頼めば鱗を取ってくれたり下処理をしてくれたりするので、料理する際に面倒な人は頼んでみるのもいいと思います。

肉類

鶏肉

カルボンマーケットでは肉類を取り扱うお店もあります。中でも鶏を取り扱っているお店は多く、丸々1羽を150ペソ(360円)程で買うこともできます。他にも、部位ごとに切り分けられて、翼、足、頭、等を個別に買うことも可能です。

生きた鳥も購入可能

また、カルボンマーケットでは捌かれた鶏だけではなく、生きたままの鶏も売られています。生きたままの鶏を買うと、食べる直前に捌くことができるので、かなり新鮮で美味しく食べることができます。

また、自分で生き物を捌く事は、命のありがたみや食べ物への感謝の心を深く見つめ直すきっかけになります。

私もフィリピンに来て初めて鶏を捌いたのですが、毎日ご飯が食べられている事は当たり前ではなく、もっと感謝して食事をする必要があるなと、命について深く考える事ができました。

是非1度、生きたままの状態から料理を作ることに挑戦してみてはいかがでしょうか?

フルーツ

フルーツ

最後に紹介するのは、フルーツです。カルボンマーケットではフルーツばかりを取り扱っているエリアがあり、多種多様なフルーツが売られています。ランブータンやシンカマスといった、日本では見かけないフルーツも数多く売られています

スイカやマンゴー、リンゴなども売られているのですが、驚きなのはその値段で、リンゴは1つ30円程、マンゴーは1キロを300円程で購入することができます。

日本では高級フルーツのマンゴーも、フィリピンでは毎日食べることができます。また、フルーツの値段は時期や収穫高によって変動があるので注意が必要です。

まとめ

ウツボ

以上が私がよく行くカルボンマーケットについての紹介です。

カルボンマーケットは低所得者やストリートチルドレン等が多く、危険な場所と認識されることがよくありますが、ただ買い物をする分には特に危険な事はありません

それ以上にお得なものや面白い事が多いので、セブ島にいる方はぜひ足を運んでみてください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

フィリピン就職・転職しよう!フィリピンの現地採用の給料や日本人向けの求人について

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
藤岡大吾

藤岡大吾

投稿者プロフィール

旅の魅力にはまり、大学を中退してフラフラしています。
国内外問わず旅することと写真を撮ることが好きです。現在はフィリピンにて少数民族の村でインターンをしています。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る