海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国企業への転職者が教える年収アップのコツとは?韓国の平均月収を知ること

  • 公開日:
  • 更新日:
ウォン

韓国では年々、外国人居住者が増えていると言われています。実際に、ソウルの出入国管理事務所に足を運ぶと、外国人で溢れかえっています。

私が韓国に住み始めたのは2011年からですが、その頃はいつ行っても手続きを受けられました。しかし、今では完全予約制になるほど、外国人が増えています。

これから韓国で働きたいと日本で準備を進めている方も増えているのではないでしょうか。

そこで今回は、韓国で働きたい方必見の、韓国でのお給料事情(韓国の平均月収や給料アップのコツ)についてご紹介します。

韓国人の平均月収(収入)

まず韓国人の平均収入から見ていきましょう。

2016年の韓国人労働者の平均月給は、281万ウォンという調査結果が出ています。日本円に換算すると、約28万円です。大企業の平均月収は474万ウォン(約47万円)で、中小企業は224万ウォン(約22万円)だそうです。

そして2018年1月現在の最低賃金は、時給7,530ウォン、つまり約750円ほどです。上記の金額から税金が引かれるので、実際の手取りはもう少し低くなります。

海外就職求人サイト
海外就職

韓国で働く日本人の職業

キーボード

韓国で働く日本人の月給は、韓国人に比べて低いのか、高いのか、それとも同じなのか。まずは韓国で日本人が働く際の職業を確認しましょう。

外国で働く際には、言語力を活かした仕事というのが最も需要があるでしょう。韓国でも日本語教師としての仕事が多く、比較的、ビザも発給されやすいです。その他には、翻訳・通訳、貿易関係の仕事の求人が多く見られます。

韓国の日系の会社で海外駐在員として働く場合

日系の会社なのか韓国の会社なのか、現地採用なのか海外駐在員なのかによってお給料も変わってきます。特に日本から派遣された駐在員の場合は、手当てが付きますので先ほど紹介した韓国人の平均収入をはるかに上回ります

実際に私の友だちにも駐在員として派遣された日本人がいましたが、生活費の支援なども受けており、かなり裕福な生活を送っていました。韓国の大企業の収入に負けないくらいのお給料になります。

金額的にいえば年収500万円〜1,200万円が相場です。

韓国系の会社で働く場合

給料明細

それでは韓国の会社に就職して働く場合はどうなのでしょうか?

今まで私が働いてきた韓国系企業では、日本人だからと言ってお給料が上がったり下がったりすることはなく、基本的には韓国人と同じ基準で決められていました。

求人情報を見ていると、日本人の場合は家賃の支援や一時帰国の際の航空費の支援などをしている企業もあります。しかし、これは特別なケースで、多くの場合が能力や経歴によって韓国人と同じ基準でお給料が定められます。

貿易会社の新入社員の月収

貿易会社の場合は、新入社員は月給150万ウォン(約15万円)前後が妥当です(手取り)。私は4年ほど働いて月給が手取りで200万ウォン(約20万円)になりました。

日本語教師の給料

日本語教師の場合は、1回の授業当たりで値段が決まっている場合がほとんどです。

授業1コマあたり15,000ウォン~20,000ウォン(約1,500円~2,000円)が相場です。90分の授業を1日4回行った場合、月給が手取りで150万ウォン(約15万円)ほどになります。

韓国で年俸を交渉するコツ

通帳

韓国では面接の際に必ず希望の年俸を聞かれます。ここでどう答えるかによって年俸が大きく変わってきますので注意が必要です。

「会社の規定に従います」とは答えていけない

韓国では「会社の規定に従います」という答えは絶対にしてはいけません。特に外国人の場合は、韓国の平均収入や相場を知らないと思われ、年俸を大幅に下げられてしまうことがあります。

私も実際に初めて韓国で就職した際に、「御社の規定に従います」と答えた結果、月収が手取り80万ウォン(約8万円)だったことがありました。当時は日本に比べ物価が安かった韓国ですが、さすがに月8万円では生活できません。

もちろんすぐに辞めてしまいましたが、実際にこういうことが起こり得るのです。

給料相場よりも必ず高い希望をいう

事前に韓国での職業ごとのお給料の相場を必ず把握しておきましょう。そして年俸を交渉する際には、希望よりも少し多めに答えましょう。

会社側は希望の年俸よりも必ず金額を下げてきます。また年俸を交渉する前は税金を引かれる前の値段となります。その辺も計算して金額を多めに伝えましょう。

月給の場合は30万ウォン前後上げておけば、下げられても希望の手取りになるでしょう。ただし、韓国での相場から大幅にかけ離れている場合や、求人情報にお給料が記載されている場合には交渉ができませんので気をつけましょう。

韓国就職・韓国転職をするには

韓国で就職するときに利用できる転職エージェントは何ですか?

韓国の求人状況は日々変化しています。「韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)記事」にて韓国の就職状況を解説してます。

今回は以下のポイントにそって紹介します。

  • 韓国就職に関する情報があるか
  • 未経験者向けの求人があるか
  • 就労ビザを取得できる求人はあるか
  • サポート体制は整っているか

以下は海外転職成功者の利用実績がある転職サイトです。待遇がしっかりしている求人が多いので、安心して探すことができます。いずれも登録は3分程度、サイトの利用料は無料です。

あわせて登録したい:海外就職専門求人サイトGuanxi

海外就職を狙うなら「リクルートエージェント」「パソナキャリア」の2社の登録は必須です。

そして、あなたの狙う「国やキャリア、日系・外資系企業」などに応じて以下の2つもあわせての登録がおすすめです。

  • 幅広く海外求人を探す場合は「doda(デューダ)」をあわせて登録
  • 外資系企業、海外駐在員を狙う場合は、「JAC Recruitment」をあわせて登録

まずは韓国の求人をチェック

韓国転職が気になっている人は、まずは転職サイトでどのような求人が出ているかを見てみましょう。

求人を見れば、求人職種や給与、待遇の傾向がつかめてきます。そうすると韓国で働くあなたのイメージが具体的になるので、転職の成功率はぐっと高まりますよ!

注意事項

近年人気の韓国就職はライバルが多いです。韓国の就職状況は絶えず変化していますので、時期により求人数や条件は異なります。

いざ、就職したいときに「興味のある求人」に出会えないこともありますので、希望の求人に出会う可能性を上げるためにも、すべてのエージェントに登録して、自分に合う求人を見逃さないようにしましょう。

まとめ

韓国ウォン

韓国で働く際には、お給料の相場をしっかりと把握しておきましょう。韓国の求人サイトを確認すれば、お給料が公開されている求人情報があります。それを見て希望する職業のお給料を確認しましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

海外就職・海外転職のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. 海外就職求人サイト
  3. 楽天カード
  4. リクルートエージェント
  5. シティ
ページ上部へ戻る