Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

台湾・高雄でのお部屋の探し方(家賃、必要書類、その他)

台湾高雄のマンション

台湾生活を目指すなら、まずは、生活の拠点を定めなければなりません。

台湾・高雄市で、どのように賃貸物件を探せばよいのでしょうか?台北の賃貸情報は多いのですが、高雄市の情報は意外と少ないのが現状です。

今回は部屋を探すために必要な情報をご紹介します。

お部屋探しサイトで探す

一番手軽な方法は、お部屋探しサイトで賃貸物件を探すことです。いくつかサイトをご紹介します。

591房屋交易

参考サイト:http://rent.591.com.tw/

スマホアプリもあるので非常に便利です。アプリはGoogleプレイストアからダウンロードできます。

臺灣租屋網

参考サイト:http://www.twhouses.com.tw/

検索すると、何人がこの部屋の詳細な情報を見たのか記載されているので、人気の物件が一目で分かります。

信義好好租

参考サイト:http://rent.sinyi.com.tw/

地名などで検索するほか、必要な設備(冷蔵庫、洗濯機、除湿器など)で検索することもできるので便利です。

使い方は、日本のお部屋探しサイトと同じです。場所、希望の家賃、広さなどを入力すれば、写真入りで情報が出てきます。日本のように、間取り図がないので、気になる物件を見つけたら、とりあえず見学に行ってみましょう。

一般的に、サイト上で部屋の面積は坪数で表記されています。日本のように◯畳とは表現しないので、慣れるまで時間がかかるかもしれません。

高雄の人気エリアはどこ?

日本人は高雄市の中心部に住んでいる方が多いようです。MTRも通り、車が無くても便利に生活できます。

「鳳山」は市の外れになりますが、MTRが通っているので交通も問題なく、中心部に比べて物価も安いので人気があります。

中山大学や高雄大学の周りは少し郊外になりますが、公共交通機関に乗って市内に行くこともできます。近くにはスーパーやレストランもあるので、暮らしやすいエリアです。

基本の用語をチェック!

上記でご紹介したサイトで良く出てくる、中国語(台湾語)の不動産に関する基本の用語を確認しておきましょう。

部屋の種類

「整層住房」は、一戸建てやマンションなどをまるまる一棟借りられるタイプです。友だち何人かとシェアハウスしたいときにおすすめです。

「套房」は、各部屋にトイレとお風呂が付いています。そのうち「分租套房」と書かれているものは、トイレ・お風呂は部屋にありますが、玄関は共用になっているタイプの部屋で、シェアルームを指します。

「雅房」は、トイレやお風呂が共用のワンルームです。昭和の大学生の下宿先のようなイメージを持たれる場合もありますが、とても綺麗でセキュリティーもしっかりした雅房もたくさんあります。家賃も比較的お手頃なので、節約したい方や、共用が気にならない方から人気があります。

お金に関する用語

家賃は「租金」と表記します。例えば「10,000元/月租」と書いてあった場合、1カ月の家賃が10,000元であるという意味です。

保証金は「押金」です。「押金1個月」と表記してあったなら、保証金として1カ月分の家賃に相当する金額が必要という意味を表します。

部屋探しの時のポイント

早すぎてはダメ!

日本では、引っ越しの数カ月前から物件をチェックして下見に行って…というのが普通ですよね。

でも、台湾ではそうではありません。たいてい引っ越しの2週間前から部屋探しをスタートさせる場合が多いのです。

大家さんは、部屋に誰も住んでいない空白期間を出来るだけ短くしたいものです。そのため、部屋をキープしておくという感覚はなく、借りたい人がいたらその人に貸してしまうのです。

そのため、「1カ月後に引っ越しだから部屋を見たい」と頼んでも、「そんな先ならダメだ」と断られてしまうこともあります。

同じアパート内に空き部屋がないか聞いてみる

サイト上に出ていなくても、同じアパートの中に何室か部屋を所有している大家さんもいます。「このアパートの中や近くに、他にも部屋はないですか?」と尋ねてみるのも手です。

またアパートの1階にはたいてい、管理人室があります。管理人がアパートの空き部屋についての情報を持っていることもあるので、尋ねてみるのも方法の一つです。

エレベーターがあるか

台湾では5階以上のアパートでも、エレベーターが無い場合もあります。体力に自信が無い方は、エレベーター付きかどうかを確認しましょう。

周囲の環境や方角

周囲の環境は日本と同様、大通りに面する部屋はやはり賑やかです。車の通りはどうか、夜まで営業している飲食店が立ち並んでいないかなどチェックすると良いでしょう。

また、方角も要チェックです。

日本では日の当たる南向きの部屋が好まれる傾向がありますが、台湾は夏が長いため非常に暑く、冬も温かな場所です。南向きの部屋では1日中エアコンを稼働していても暑くて耐えられないという場合もあります。

そのため、北向きの部屋を好んで探す方も多いようです。

大家さんがどこに住んでいるか

台湾では、投資目的でマンションを所有している人も多いため、大家さんが遠くに住んでいたり外国に住んでいるという場合もあります。

大家が遠くに住んでいると、場合によっては家具等が壊れた時に連絡がなかなかつかなかったり、対応をしてくれなかったりというケースもあります(近くに住んでいると、ちょくちょくやって来て面倒だという意見もあります)。

賃貸契約に必要なもの

契約の際には

  • パスポート
  • 印鑑

を持参しましょう。

入居に伴って、保証金(押金)が必要になります。大体、家賃の2カ月分が相場です。保証金は日本でいう敷金と同じで、部屋を出るときに返還されます。さらに、不動産業者を通す場合は、仲介料が別途必要です。

また、内見の際に即決で契約する場合、内金が必要になることもあります。念のため家賃半月分程度の現金を用意していくと良いでしょう。

家賃の支払い

家賃の支払いは、毎月払う、3か月分をまとめて払う、半年分まとめて払う、など大家さんによって異なります。家賃の支払いには最初にまとまったお金が必要になるので、希望がある場合は大家さんと交渉してみましょう。

数カ月分をまとめて支払うから、月々の家賃を少し安くしてくださいとお願いすることも可能です(もちろん対応してくれるかは、個々の大家さんによって異なります)。

また、マンションの場合は管理費がかかります。

契約は半年、または1年単位のことが多く、契約期間の途中で退居する場合は違約金がとられることもあります。

インターネット代を家賃に含んだり、場合によっては水道代が含まれるところもあるようです。

高雄では知り合いから部屋を借りることも多い

高雄では知り合いのシェアハウスに部屋を借りることもあり、外国人はシェアハウスに住んでいることも多いです。

たとえば、3階建てのシェアハウスの場合、1階は共同のダイニングキッチン、洗濯室、リビング、シャワー室(トイレ)があり、中2階に1部屋、2階と3階には2つずつ部屋があり、7人ぐらいが住んでいたります。

キッチンは共同だけど部屋は完全に独立。部屋には専用のシャワー室がついており、家具・家電完備といった具合です。

これで家賃は一カ月5,000元程度です。地下鉄の駅まで徒歩3分。高雄市の閑静な住宅街ですが、知り合いからだとかなり安く借りることができます。(光熱費、ネット代は別)

高雄では、こんなふうに、知り合いや友人から空いている部屋を借りることも多いです。

賃貸マンションやシェアハウスでよくあるトラブル

賃貸やシェアハウスでもトラブルもあります。

  • お湯が出なくなる
  • ガスがつかなくなる
  • 上の階の部屋から水漏れがする
  • 隣の部屋がうるさい
  • エレベーターが故障する

などが起きることも多いです。

大家(房東)は重要!大家をしっかりと選ぼう

台湾高雄のマンション

さて、快適に生活できるかは「大家さん次第」とも言えます。ちなみに、大家さんは中国語で「房東」です。

たとえば、高雄の高級マンションに住んでいたとしても、上の階からの水漏れはよく起こります。そんなとき大家さんに連絡することになるのですが、3週間たっても直しに来ないということもあります。

備え付けの家電や、トイレ、シャワーなどが壊れた時、大家さんの性格や親切かどうかで、対応が決まります。

高雄は、全体的にのんびりとした人が多いので、なかなか対処してくれないことが多いです。

そんなときは時間がかかるのはしかたないと思って諦めるか、何度も催促しましょう。

家賃は交渉すれば安くなる

また、家賃の交渉をすれば、安くしてくれることが多いです。日本人の感覚では、家賃交渉するというのは、あまり一般的ではないですが、台湾では当たり前に行われています。

入居前にしっかりと家賃交渉してみましょう。

高雄の家賃の相場は?

高雄の家賃は以下の値段から見つけることができます。さきほどご紹介したサイトで探してみましょう。

  • 1DK:10,000元(約34,000円)〜
  • 2DK:13,000元(約44,000円)〜
  • 3DK:15,000元(約51,000円)〜

(※1元=3.4円:2016年3月現在)

これは、台北市と比べるとかなり安い金額です。

ベッドやタンス、机などの家具や、冷蔵庫、洗濯機などの生活に必要な電化製品が完備されているところも多いので、直接不動産屋を見て比較してみましょう。

まとめ

高雄は都会ですが、首都・台北と比べると、家賃や物価が安く暮らしやすい街です。日本人は部屋をきれいに使い、トラブルを起こさない人が多いので、日本人には積極的に貸してくれる大家さんも多いです。

まずは、いろいろな物件をみたり、大家さんと会ってみたりして、信頼できる人から借りるようにしましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る