海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

シンガポールで駐在員として働く!英語ができなかった私の海外駐在経験

  • 公開日:
  • 更新日:
シンガポールの日系企業で海外駐在

海外で働く方法の一つに、駐在員になることがあります。シンガポールで働いていた小松さん(40代男性)も、海外駐在員として派遣されました。

シンガポールといえば、アジアのハブとして世界的ビジネスが展開される国際都市。小松さんはそんなシンガポールに、英語がほとんどできない状態で派遣されたそうです。

シンガポールで働いて英語力は上がったのでしょうか。現地で仕事をしてみて感じたメリットやデメリットとともにご紹介していただきます。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

シンガポールに駐在することになった理由

10年ほど前までは、弊社の海外事業も日本の本社中心で取り仕切っていました。

しかし、次第に海外の売上比率を上げていくことが重要課題となり、製造部門だけでなく、営業系、現地でのマーケティング、プロモーションも含めて現地完結型を目指す方針になりました。

そこで海外拠点として選ばれたのがアジアのハブ、シンガポールです。シンガポールの国内需要に期待するというよりも、アジアのヘッドクオーターとして、日本と中国以外のアジアを統括していくという位置づけです。

ルート開拓、マーケティング担当としてシンガポールに駐在する日本人社員が必要になり、白羽の矢が当たったのが、なんと英語に縁遠かったこの私でした。

シンガポールで仕事をしたら英語ができるようになった

私は海外の売上比率が5割程度ある法人に就職したにもかかわらず、まったく英語と触れる機会もなく、完全なドメスティック人間として日本で仕事をしていました。昇格に必要なTOEICもあきらめていたころ、シンガポール駐在で必然的に英語の環境に置かれたのです。

海外を攻める方針なので、日系企業とはいえ現地の社内公用語は英語です。イヤでも毎日英語漬け、会議や連絡、商談では英語が必須です。

シンガポール駐在当初のTOEICは350点という有り様で、まったく英語がわからず苦労しました。しかし、駐在3年後には特別な勉強をしなくても650点までスコアが伸びました。これは海外駐在のおかげだと思っています。

シンガポールでは異なる価値観を肌で感じられる

シンガポールの日系企業で海外駐在

日本で仕事をしている時は海外の企業や社外とのコミュニケーションがほとんどなく、企業文化・企業常識に沿った働き方でした。

しかし、シンガポールはアジアをはじめアジア圏以外からのさまざまなビジネスマンであふれています。ビジネス方式や考え方、文化の違いなどを直接感じられる環境です。

また、シンガポールからアジア各国への出張も多く、より多様な文化に触れることもできました。

さすがハブといわれる国ですね。シンガポールが拠点であれば、仕事だけでなくプライベートでもさまざまな国の方とコミュニケーションを取ることができます。異なる価値観をシャワーのように浴び、私の固定観念も少し変わったような気がします。

シンガポール生活で子供たちがたくましくなった

妻も子供たちを早い段階で海外に触れさせたいという思いを持っており、小学校高学年の長女、小学校低学年の次女をシンガポールに連れて行きました。帰国後、私立受験に際しても帰国子女ということで有利な側面もあります。

といった打算は別にして、子供たちも私と同様、シンガポールでいろいろな国から来た子供たちと触れ合うことができました。グローバルな環境の中で新しい価値観ができ、彼女たち自身の考え方を持てるようになったと思います。

シンガポールで働くと日本で何かあってもすぐに帰れない

子供たちの学校のこともあり、交通費のことは別にしても頻繁に日本に帰国できません。自分の両親や妻の両親だけではなく、日本の友人たちにトラブルがあった時、すぐに駆け付けられないことがデメリットの一つです。

長期間の海外赴任ともなれば、親の死に目にもあえないという可能性も出てきます。インターネットで場所の壁がなくなったように、距離の壁もなくなればなとつくづく感じます。

まとめ~海外経験を通して新しい自分に生まれ変わる

知らなかった価値観や文化との出会いは良くも悪くも自分に蓄積され、新しい自分へと生まれ変わることにつながるのだと思います。シンガポール駐在員を経験して、自分のモノサシ、何をもって良し悪しを判断していたのかがわからなくなりました。

大人の私でさえそうなので、子供ならより多くのことを吸収し、幅広いものの見方ができるようになると思います。海外勤務になったら、ぜひお子さんも一緒に連れて行ってあげてください。

自分にとっても子供にとっても、今まさに日本人に求められるグローバル感覚を養うチャンスととらえてみてはいかがでしょうか。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

現役海外駐在員が教える「海外駐在員」として海外で働く方法とは

【シンガポール求人】未経験でもシンガポール就職を狙える転職エージェントまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

ページ上部へ戻る