海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダの農業で働くには?葡萄畑へ転職体験談

  • 公開日:
  • 更新日:
農場

現在私はカナダの葡萄畑で働いています。ここBC州、オカナガン地方はカナダでも有数のワイン用葡萄の産地で、夏は乾燥気味の温暖な気候で、冬はしっかり寒くなるという葡萄を育てるのに適した条件を持つ土地です。

オカナガン地方一帯には約400ものワイナリーが点在し、BC州のワイナリーの約8割は、この地方に集まっています。

日本での私は、会社の経理をしていました。しかし、3年前にここカナダのビジネスカレッジに通った際に、ワイン作りについて学ぶ機会がありました。それをきっかけに、カレッジ卒業後はワインに関する仕事につきたいと希望するようになりました。

そんな私がカナダの葡萄畑での仕事を見つけるまでの経緯と、ここカナダ・オカナガンでの仕事の見つけ方をご紹介します。

カナダでの仕事は農場での葡萄栽培

農場の資料

日本での私は約6年間、経理の仕事をしていました。冷暖房が完備されたオフィスでパソコンと向き合い、数字を打ち込む毎日でした。月ごとの経費をまとめたり、取引先への送金をしたり、従業員の給与手配などを任せられたりしていました。

オフィスでの人間関係も良く、とてもやりがいのある仕事で、好きな職種でした。

しかし、息子のカナダ留学に同伴することになって、その会社も退職することになりました。そして、息子と一緒にカナダに渡り、カナダのビジネスカレッジに入学しました。

カレッジでのコースは、Business Administration optioned with Tourism and Hospitalityというもので、ビジネス管理をメインに学び、オプションで観光業を学びました。

その中の選択科目として、Food and Wine Tourismというワイン作りについての授業を履修したことが、今の職業に繋がったきっかけです。

現在私は、経理の仕事とはかけ離れた職種の、しかも、オフィス内ではなく屋外の葡萄畑にて、葡萄の木の世話をする仕事に就いています。

カナダで仕事をするのに必要な就労ビザ

冬の農場

外国人がカナダで仕事をするには、労働できるビザを所有していないといけません。たとえボランティア活動でも、有償のものであるなら、Work Permitと呼ばれる就労ビザを所持していないと仕事はできません

もし、Work Permitがないまま労働してしまうと、自身は国外退去処分になり、労働をさせた雇用主は、そのビジネスライセンスを取り消されます。

そのWork permitは、大きく分けると、Open Work PermitとClosed Work Permitに二分されます。

Open Work Permitは、期限のみ決められている就労ビザで、雇用主を限定せずに働くことができます。

Working Holiday ProgramやPost Graduate Work Permitなどがその類にあたり、カナダに入国してから仕事を探し、見つけ、ときには複数の仕事を掛け持つこともできます。

一方、Closed Work Permitは別名Employer-specific Work Permitと呼ばれ、あらかじめ雇用主が決まっている人が申請できます。カナダに来てからは、その雇用主のもとでのみ労働が可能です。

日本の企業からの派遣や、カナダの企業からオファーを受けて仕事をする場合などが、これに当たります。

私が取得したのは、Open Work Permitに分類されるもので、現地のビジネスカレッジを卒業した後に申請できるPost Graduate Work Permitを取得して、現在に至ります。

カナダの地方で仕事を探す方法

ぶどう

仕事探しの方法は日本と同様、希望職種によって多種多様ですが、ここオカナガンには人口10万人に満たない町が多く、大都市での就職活動とは異なった仕事探しが必要とされます。

カナダ全土やグローバル展開をしている大企業にここで入ろうと思ったら、就職は至難の業でしょう。カレッジや大学で専門分野を学んだ学歴に加え、経験が必要とされます。

また日本のように、企業が「今年は新卒を何名採用します」というような基準を設けている企業も少ないのです。

このような企業の仕事に就くには、まずは大学生のうちにCo-opプログラムやパートタイム採用で仕事場に潜入し、経験を積み、上司に認識してもらって、正規の雇用を待つというのが一般的なパターンとのこと。

社会経験も仕事経験もない個人をポンと雇ってくれる大きな企業は、なかなかありません。

私の住む町、ケローナの主な産業は農業と観光業、そして医療です。

ビジネスカレッジで知り合った生徒の多くは、実家の農場を継ぐために経営を学んだり、ホテルやツアー会社に勤務する為にツーリズムを専攻したり、またはナースになる為に医療コースを履修したりしていました。

卒業が近くなるとカレッジではJob Fairが開かれ、BC州から求人を募集している企業が集まり、就職を希望する生徒たちに会社の説明や面接をする機会が与えられます。生徒たちはそこで就職に繋がるコネクションを作っていきます。

私自身もJob Fairに参加していたワイナリーやホテルのブースで説明を聞き、名刺交換をし、とても有意義な情報集めができました。そして、兼ねてから興味のあったワイン産業に関わろうという方向性が見えてきました。

農場(葡萄畑)の仕事の探す方法

ワインショップの看板

ワイン産業と一口に言っても職種は多種多様で、ワイナリーのオーナー、経営者、ワインメーカーを始めとする農場労働者、ワインの販売員、そしてワインの卸業者などなど。

その中で私が選んだのは、ワイン作りを間近で学べる農場労働でした。私自身は農業の経験は全くありませんでしが、祖父母が日本で大規模な果樹園の経営をしていたことから、葡萄栽培を始めとする農業は身近なもので、とても興味がありました。

求人を見つけるのは超簡単

オカナガンのワイナリーでの仕事を見つけるのは、とても簡単です。春から秋までの農業繁忙期では、町の求人募集サイトに募集が多数掲載されます。その中でも最も簡単な仕事であれば、「高卒以上、経験なし可。あれば尚良し」というもの。

次の段階になると、重機の運転免許、農薬散布免許、オーガニック資格、ワインメーカー免許などと、携わる職種によってさまざまな免許が要求されます。

私はまず、求人募集を出しているワイナリーのショップにお買い物客として訪問し、従業員やオーナー、仕事の雰囲気を偵察しました。そして、ここならやっていけそうと思ったワイナリーに後日、正式に問い合わせをしました。

私は経験もなければ、何の資格もなし。唯一あるのは、カレッジでのワインコース履修経験のみです。

そして最も不安だったのは、「果たして女の私に務まるか」とのいうことでした。「きっと体の大きいごつい男性ばかりが働いているんだろうな」と考えると、町の求人サイトで広告を見ても、なかなか申し込む勇気がありません。

数日間もんもんとしたあげく、勇気を振り絞って、一か八かの思いで、ワイナリーの中でも一番小さい規模のワイナリーに思い切って問い合わせをしてみました。

すぐに来たオーナーからの返事は「畑に来てみなよ」と、とてもラフなもの。「女性でもできる仕事なのか」との問いには、「女性の従業員もいるから大丈夫」とのこと。さっそく翌日に面接をお願いし、オーナーに会うことになりました。

東京ドーム4個分の巨大な葡萄畑

翌日、実際に会って仕事内容を見せてもらいながら説明を聞くと、「一番規模の小さいワイナリー」と思っていたのは見当違いでした。裏の丘一帯に45エーカーの葡萄畑が広がっていました。実に東京ドーム4個分です。

オーナーには「農業の仕事は、やってみないと僕も君も分からないんだよ。作業内容と天候との相性があるからね。大男がきても、1時間で逃げ帰る人もいるし、君みたいな小さい子が平気だったりもする。やってみるかはすべて君次第だよ」と言われ、不安いっぱいでありがながらも、翌日から、まずは体験として雇ってもらうことになりました。

それが2月だったので、あれから8か月が経ち、葡萄栽培のワンシーズンは終わりに近づいています。すっかり仲良くなったオーナーが、のちのち言うには「本当はすぐに辞めちゃうかと思ってたよ。根性あってびっくりしたよ」とのことでした。

農場での雇用形態と福利厚生

トラック

ここBC州の一般的な雇用形態は、Permanent(パーマネント)とSeasonal(シーズナル)に二分されます。

Permanent jobは年間を通しての雇用で、一年が終わっても、次年度も続けて雇用の可能性のある仕事です。一方、Seasonalは、ある一定の期間だけの仕事です。ホテルの繁忙期である夏だけの雇用などがそれにあたります。

私の雇用形態も農場の閑散期である11月から1月の間は解雇されるseasonalというものでした。

その中に、さらに

  • full time(フルタイム)
  • part time(パートタイム)
  • casual(カジュアル)

といった雇用形態があります。

Full time雇用は、週に35~40時間の労働をさし、Part timeは、それに満たない短時間の雇用、さらにcasualは必要なときにだけ声が掛かる仕事です。私は月曜から金曜日まで、1日約6時間から8時間の勤務のフルタイム雇用でした。

この2つは求人募集欄に記載されるもので、仕事探しをする際に、きちんと把握しておくことが必須となります。

それぞれの雇用形態によって、会社から福利厚生がつくもの、つかないものがあり、また、契約が終わり解雇された場合に失業保険が下りるものもあるので、あらかじめ雇用主に確認してから労働契約を結ぶと良いでしょう。

ちなみに私が携わっている農業では、天候が悪くて農作物が育たない閑散期の間は、Employment Insuranceという失業保険が下りるのが一般的です(従業員の意思で仕事を辞めた場合には、これに該当しません)。

私の仕事場のほとんどの従業員も、2月から10月までのフルタイム、シーズナル雇用。11月から1月の3か月は失業保険の手当てを受け、2月よりまた仕事を始めるというのが一般的です。

まとめ

ワイン設備

以上、私の住むカナダ・オカナガン地方での雇用についての情報と、私の仕事についてを、併せてお話させていただきました。

オカナガン地方のワイン作りは現在最も伸び率の高い産業で、カナダ全土はもちろん、そのマーケティング範囲は外国にまで広がってきています。

未経験から始めた私は、最も下っ端からスタートしたばかりですが、経験を積んでいくと会社が仕事に必要な資格取得をサポートしてくれるやりがいのある仕事です。

この転職で私が学んだことは、カナダでは学歴以上に職場経験が重要視されるということ。ですから、やってみたい仕事があったら、躊躇せずに、まずはどんなポジションでも始めてみることが大事。そこから次の可能性が広がっていきます。

尊敬するワインメーカーさんは、私とほぼ同い歳。代々続く葡萄園に生まれ育ち、幼い頃から畑仕事を手伝いながら、さらに大学へ行ってノウハウを身に付けた方で、「ワインを作るというよりも、葡萄を育てるという意識が最も大事」と語ります。

彼女のお話は、とても魅力的で刺激的。ワインのボトル詰めやワインメイキング作業を見るのは、毎回ワクワクします。

他にもきっとこれから私が知ることになるであろう、もっともっと奥の深い業界であることは間違いなく、今後の仕事がさらに楽しみです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

【カナダ求人】未経験からでもカナダ就職を狙える転職エージェントまとめ

カナダで就職・転職するには?カナダで働くために日本人が押さえておきたい11のこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ハル

投稿者プロフィール

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州のケローナに移り住んで3年、かねてから興味のあったワイナリーのブドウ栽培の仕事に就き、驚きと発見の日々を過ごしています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る