海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ハワイの気候や気温は? ベストシーズン、天気、服装も徹底解説

  • 公開日:
ハワイの夕焼け

常夏の島、ハワイ。日本から比較的近く、直行便も飛んでいる便利な観光地です。さわやかな潮風が吹き、青く透き通った海では一年中泳ぐことができます。

観光エリアのワイキキはブランド店やおしゃれなレストランが多くあり、昼夜問わず賑わっています。

いつ訪れても楽しめるハワイですが、せっかくなら狙っていきたい時期があります。ここでは、変わらぬ人気を誇るハワイのベストシーズンや天気についてハワイ在住日本人がご紹介します。

ハワイの気候は?

ハワイ

乾季と雨季はいつ?

ハワイは亜熱帯気候です。季節は乾季と雨季の2つに分かれ、四季はありません。乾季は5月から10月、雨季は11月から4月です。 湿度は日本に比べて低く、年間を通して過ごしやすい気候です。

雨季

降水量は、雨季は同じ時期の日本と変わりません。雨が降ったりやんだり続くことはありますが、数日間にわたって雨が降り続くということはまずありません。

乾季

乾季はほとんど雨が降らず、からっとしています。一方で、1年を通して突然降るシャワーと呼ばれる雨が朝晩によくあり、運がいいとシャワーの後にきれいな虹を見ることができます。

ハワイの気温は?

最高気温

1年間の平均最高気温は約29度。気温が一番高い時期は8〜9月ですが、日本の夏のように汗がしたたり落ちるような暑さはありません。潮風が気持ちよく吹いているので、爽快な気分で過ごすことができます。

最低気温

平均最低気温は約21度です。一番気温の低い月は1〜2月ですが、下がっても18度程度なので寒くはありません。日本のように凍えるような冬の寒さはなく、クリスマスもサンタクロースはサーフィンの格好をしています。

家ではあまりクーラーをつけない

夏でも心地よい風が吹き抜け、湿気が少ないので、家の中でクーラーをつけることは少ないです。通常、部屋の天井にはファンが付いていて、空気を換気するだけでも涼しく感じます。

地元の人は、日差しが陰る夕方になると庭や海岸に出て、自然の風を浴びて体を冷やしています。

ハワイのベストシーズンは?

クリスマス

11月後半から12月がおすすめ

旅行などで訪れるのに一番いい時期は11月後半から12月です。理由は、11月後半は感謝祭、12月はクリスマスとホリデーシーズンで、リラックスムードたっぷりの雰囲気が味わえることです。

イルミネーションも綺麗で、美しい夜景が楽しめます。また、気温も20度半ばと心地よい暖かさです。

ベストシーズンに訪れたい2つの観光スポット

この時期におすすめしたい観光地は、ショッピングモールです。ハワイ最大の規模を誇る「アラモアナショッピングセンター」は350以上のショップとレストランがあり、綺麗な装飾の中でホリデーセールを行っています。

また、アラモアナから西に数百メートルのところにある「ワードビレッジ」という複合施設には、100以上のショップやレストランが集中しています。

日本でも有名なオーガニックストアの「ホールフーズ」や、高級ブランド製品を格安で販売している「ノードストロームラック」など、人気のお店が揃っています。ここもクリスマスの飾りつけがされており、ホリデーシーズンの雰囲気を盛り上げます。

ハワイでの服装は?

ビーチ

年間を通して気温の差は大きくないので、年中半袖に短パンで過ごせます。冬も日本のようにコートを着用する機会はないので、持参する必要はないでしょう。

冷房に注意

ひとつ注意点としては、ショッピングやレストランは冷房がかなり効いています。冷房に強くない人は、常に長袖を持ち歩くといざという時に役立ちます。

また、朝晩にあるにわか雨シャワーの後にも気温が下がるので、長袖の羽織ものがあると安心です。

レストランに行くときの服装

綺麗なレストランや格式高い雰囲気のレストランに行く時には、かしこまった服装をするようにすすめるガイドブックもあります。しかし、現地の人やアメリカ本土から旅行できている人は、Tシャツに短パンなどラフな格好でレストランに来ています。

ホテル内のレストランのようにかしこまったところでも、皆ラフな格好で食事を楽しんでいます。これはハワイという場所柄かもしれませんが、ハワイではそれほど服装をかしこまる必要はないようです。

ハワイへの持ち物は?

ビーチ

日差し対策

日差しが強いので、帽子や日焼け止め、サングラスは必須です。あっという間に日焼けをするので、日焼け後の肌のケア製品も持っていくと安心です。

雨対策

突然シャワーが降るので、折りたたみ傘は重宝します。折りたたみ傘は面倒だという人は、雨がっぱがあると便利です。

ハワイでの現地調達もできる

持ってくることが手間な方は現地で調達しましょう。ハワイには、ローソンやドン・キホーテ等があり、日本の商品を豊富に取り揃えています。日本と全く同じものを購入できるので全く問題ありません。

まとめ

ハワイのビーチ

ハワイは、ワイキキのようにショッピングやレストランなど全てが揃っている場所もあれば、北に行くとノースショアと呼ばれる自然に囲まれ落ち着いた雰囲気の場所もあり、バランスの取れたリゾート地です。

島なので各観光地への行き来も大変便利で、30分から1時間のドライブでほとんどの主要なエリアへたどり着くことができます。

何より、年間を通して気温がさほど変わらず、いつ訪れても過ごしやすいというのは大きな魅力ではないでしょうか。可能であれば、ベストシーズンを狙ってみてくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

tmk

投稿者プロフィール

アメリカ在住。米国カリフォルニア州サンフランシスコ、英国ロンドン、米国ハワイ州にて経理、財務、総務の仕事経験あり。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る