海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

オーストラリアでスマホを使うには?SIMカードはどの会社と契約するのがいい?

  • 公開日:
  • 更新日:
スマホ

ワーキングホリデーや語学留学などでオーストラリアに滞在すると、携帯電話が必要です。オーストラリアでスマートフォンを使うためには何が必要なのか、どこの通信会社が良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか?

今回は、オーストラリアで通話やネット通信をするために必須のSIMカードと、3社の主要通信会社について紹介します。料金は毎月かかってくるものです。自分に合ったプランを見つけて上手に使いこなしましょう。

SIMカードとは

スマホ

SIMカードとは

SIMカードとは、スマートフォンの内側に差し込む小さなチップのことです。スマートフォンを使って電話をしたり、インターネットにつないだりするときにはこれが必要になってきます。

SIMカードは本来、スマートフォンとセットになっているわけではなく、端末そのものの購入とは別に契約を行う必要があります。

日本では携帯電話会社でスマートフォン端末を購入するとこのSIMカードが差し込まれているのが一般的で、端末の購入とSIMカードの契約を同時に行い、その会社(キャリア)のサービスを利用して通話やネット通信をすることになっています。

日本で広がりつつある「SIMロック解除」とは

以前まで日本のスマートフォンは「SIMロック」がされているのが普通でした。SIMロックがされていると他のキャリアのSIMカードが使えず、通信料が高いなど不満があっても契約会社を替えることができないのです。

しかし最近はスマートフォンのSIMロックの解除がしやすくなり、他のキャリアのSIMカードを使う方法が広がっています

海外ではプリペイド式SIMカードが便利

SIMカードには、プリペイド式もあります。プリペイドのSIMカードはコンビニやスーパーで購入できて、設定を行えば使えるようになります。海外に短期滞在する人は、プリペイド式が安くて便利です。1ヶ月から利用できます。

SIMフリーのスマートフォン端末が必要

ただし、どんな契約であってもオーストラリアのSIMカードを使うにはSIMフリーのスマートフォン端末が必要です。SIMフリーとは、SIMロックが解除され、キャリアとの契約に縛られず自由にSIMカードを入れ替えられる状態です。

たいていの留学生やワーホリは、このSIMフリーのスマートフォンに、主要3大通信キャリアで契約できるSIMカードを購入して使用しています。3社の中でどこがいいのか分からない人は多いのではないでしょうか。

以下の記事で各会社についてと、それぞれの違いについてご紹介していきます。

主要通信キャリア1・テルストラ(Telstra)

テルストラ(Telstra)

オーストラリア最大の通信キャリア

オーストラリアで最大の通信キャリアです。元々国営でしたが民営化されました。歴史の長い会社で100年以上続いています。

2016年、オーストラリア内でのシェアは約45%でした。安定した電波で、日本でいうドコモのような存在です。 法人契約が多く、オーストラリアの会社で働くとテルストラの携帯電話を支給されることが多いです。

wifiスポット

テルストラは街にいくつかwifiスポットがあり、そこで通信を行うことができます。田舎での通信もカバーできており、繋がりやすいです。

無料通話

国内のテルストラ同士で無料通話を行うことができます。

料金

お得なキャンペーンをよくやっています。プリペイド式だと契約期間は28日間で、容量によって$30ドル〜$50ドルのプランがあります。ただし、プランによっては通信ができない時間帯があります。

主要通信キャリア2・オプタス(Optus)

スマホ

オプタスもテルストラと同様にオーストラリアでメジャーな通信会社です。日本でいうauのような存在です。2016年、オーストラリア内でのシェアは約27%でした。オプタスはテルストラより料金が全体的に安く、学生やワーホリ滞在者が多く使用しています。

プリペイド式

プリペイド式は、テルストラにあるような時間帯の制限がなく、$30ドルで3GBを使うことができます。テルストラ同様に契約期間は28日間です。

電話、テキスト無料

オプタス同士の電話、テキストは無料です。さらに音楽を無料で流せるサービスもあり、Google PlayMusic、PANDORAなどの音楽ストリーミングが無料で利用できます。こちらはプリペイドSIMでも利用可能です。

主要通信キャリア3・ボーダフォン(Vodafone)

スマホ

オーストラリアでテルストラ、オプタスに続く通信会社です。2016年、オーストラリア内でのシェアは約18%でした。日本ではソフトバンクが買収したことで知られています。

若干繋がりにくい

都会では大手2社と同じぐらい良い通信状況ですが、田舎だと若干繋がりにくいことがあります。ファームに行くと電波が良くないことがあるかもしれません。

オプタス同様に、ボーダフォン同士の通話、テキストは無料です。ただ、テルストラやオプタスに比べるとワーホリや語学留学で使っている人は少ないので、無料サービスを利用する機会は多くないかもしれません。

料金

プリペイドSIMは、$30ドルで2GB使用することができます。

どの通信会社がいい?

スマホ

電波が安定

電波が比較的安定しているのは、テルストラかオプタスです。特にテルストラの電波カバー率は非常に高く、田舎でも通話をすることができます。場所によってはテルストラ以外の通信会社だと繋がらないことがあります。

安さ

プリペイドだとオプタスが1番安くなります。先に述べたように、テルストラはプランによっては通信ができない時間帯がありますが、オプタスはそれがなく、テルストラの方が全般的に割高な傾向です。

サービス

これも前述したように、オプタスは無料で音楽が聴き放題のサービスがあるので、音楽好きにとっては魅力です。

選ぶポイント

1番に安さ、そして音楽サービスを求めるならオプタス、電波の良さを求めるならテルストラです。

ワーホリや語学留学など都会での短期滞在者にはオプタス、ファームに行く予定があるならテルストラがおすすめです。

まとめ

どこの通信会社が良いのかは、今後どれくらいオーストラリアに滞在するのかによって変わってきます。

ワーホリや語学留学の場合は滞在期間が基本的に長くないので、店員と相談して自分に合ったプランを見つけるのが良いでしょう。予算を超えないよう、費用を抑えながら、自分のニーズに合った会社とプランを選択しましょう。

また、日本人同士で通信会社に関する話題が出てくることがあれば、情報交換をしておくといいですよ。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

オーストラリアで働くには?日本人がオーストラリアで日系・外資系企業に就職する方法

オーストラリアのシドニーで海外就職!日系企業でも雰囲気はやっぱり外国企業

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る