タイのお土産に歯磨き粉!意外に喜ばれる高級歯磨き粉「Dentiste’」

タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」

海外旅行からの帰りや、久しぶりの日本帰国で必ず期待される物、それがお土産ですね。

しかし、日本はお菓子やスウィーツが非常に充実しており外国製のお菓子をお土産に買って帰ったとしても必ずしも「美味しい!」と喜ばれるわけではありません。

かといって大きな置物や衣類などではかさばって荷物になるのでたくさん買って帰るわけにもいきませんし、人の好みってわからない時もありますよね。

そこでお土産としておすすめしたいタイの歯磨き粉「デンティス」をご紹介します。

タイのいたる所で売っている歯磨き粉「デンティス」

タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」

タイで買える「デンティス」はどこでも買うことができます。

歯磨き粉だとお土産としてかさばらないですし、歯は毎日磨くものなので、いただいても実用的ですよね。

しかもこの歯磨き粉、日本でも歯に気を遣っている人のあいだでは結構知られている「高級歯磨き粉」なんです。もちろんMade inThailand。

では、詳しく見ていきましょう。

歯磨き粉はタイのどこで売ってるの?

タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」

先ほどタイのいたる所で売られていると書きましたが、実はタイのほとんどのセブン-イレブンで販売されています。なのでタイのどこにいても、例えば空港内にいてもすぐに買うことができるというわけなんです。

わざわざお土産を探しに行かなくても、帰りの空港でお土産として買えるので、移動中も荷物になることはありません。

お値段は50グラム入りチューブで約250円、100グラムのもので約450円です。

歯磨き粉のさらにお得な買い方

タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」

タイのそこら中にあるセブンでも買えるんですが、少し足を延ばして地元のスーパーマーケットやローカルマーケットに行くとさらに安く買うことができます。

50グラム入りのものが約200円で売られていました。たくさん買うとなるとお得ですね。

 

タイのお土産の歯磨き粉「デンティス」

他にも、よりグレードの高いデンティスも売っていました。「プレミアム」と書いてあります。値段は69バーツ、約200円です。

箱から高級感が漂っていますが、プレミアムもベーシックなものと同じ値段なんです。「White」という文字がより歯を白くしてくれそうに感じさせます。

歯磨き粉「デンティス」の使用感

この歯磨き粉を実際に使ってみましたが、歯磨き粉自体の味もクセがなく万人向けだと感じました。

歯を磨いたあとに爽やかなハーブの香りが残り、口の中がとてもスッキリします。

歯磨き粉「デンティス」の気になる効能は?

タイ語で書かれたパッケージには以下のような効能が書いてあります。

  • 自然のハーブを使って作られている
  • 口臭予防
  • ホワイトニング効果(歯のエナメル質保護)
  • 就寝中の口内雑菌繁殖予防

歯磨き粉に必須な効能がきちんと示されていました。

まとめ

いかがでしたか?

お土産に歯磨き粉というのは珍しく思われた方も多いのではないでしょうか。しかし私自身の経験上ですが、この歯磨き粉を上げた人の多くがリピーターになっており、またタイから買ってきて欲しいと頼まれます。

人気があり、安く、どこでも買えるといった三拍子が揃うおすすめの歯磨き粉「Dentiste’(デンティス)」、次回あなたのタイのおみやげ候補に入れてみてはいかがでしょうか?

【デンティス】チューブタイプ

タイで愛される歯磨き粉。天然成分が9種類も入っており、寝起きの嫌な感じを抑制させる効果があります。

デンティス

デンティス/チューブタイプ

  • 歯を白くする
  • バクテリアの繁殖を抑える
  • 口臭ケア
  • 歯茎を優しく守る

Amazonで見る

 

おすすめ記事

バンコクのスーパーで買えるおすすめのお土産9選

タイのお土産が揃うチャトゥチャックウィークエンドマーケットが面白い!

タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由

 

タイお役立ち記事

タイから日本へ郵便を送ろう!タイからの郵送方法(料金・書き方)

タイで長期滞在!現地採用者が移住前にしておくべき5つのこと(準備編)

タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る