海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ミャンマーに行くならここでお食事を!ヤンゴンのおすすめレストラン5選

  • 公開日:
  • 更新日:
ヤンゴン

ミャンマーでは、ときに自炊をするよりも、外食をした方が安いということがあります。日本食を作ろうとすると、日本の調味料などが日本の3倍から4倍するものもあるので高くなってしまうのです。

ちなみに、ローカル店であれば100円でヌードルが食べられます。

しかし、その衛生面などから、胃腸の弱い日本人なら高い確率でおなかをこわしてしまうでしょう。実際、病院関係者から、ローカル店で食事をした日本人がよくおなかをこわして病院に来ていると聞きました。

そんな中で、おなかをこわすことなくミャンマーの味を楽しめ、リーズナブルでなおかつおいしい、自信をもっておすすめできる5つのレストランを紹介します。

シャンヨーヤー(Shan Yoe Yar)

シャンヨーヤー

ミャンマー北部シャン地方の料理がリーズナブルな価格で楽しめるシャンヨーヤー。このお店は地元民のみならず、日本人にも大人気です。

外観も立派で、清潔な店内は個室も完備され、接待などでも頻繁に使用されています。

さらに、シャン料理は日本人の口に合うものが多く、人気が高いこともあり、日々大勢の日本人が訪れています。そのため、店内には日本語のメニューもあるほど。

日本語表記のメニューを頼りに注文できるのは本当にありがたいです。

ミャンマーの文字は難解で読み解くのが難しいですし、いちいち店員さんに聞かなくても味がイメージできて助かります。

人気のシャンヌードルは300円からあり、豆腐を揚げたトウフヨーも大人気。たくさん頼んでみんなでシェアして食べるといろいろな味がお安く楽しめます。

肝心の味の方もはずれはなく、大満足できるレストランです。

  • 店舗名:シャンヨーヤー(Shan Yoe Yar)
  • 住所:169, War Dan St,Lanmadaw T/S, Yangon
  • 営業時間:午前6時〜午後10時
  • 電話番号:01-221524、09-250566695

ラングーンティーハウス(Rangoon Tea House)

ラングーンティーハウス

街中にあるおしゃれなカフェとして外国人に人気の高いラングーンティーハウス。ミャンマーの国民食「モヒンガー」が、外国人にも食べやすいようにアレンジされ、気軽にミャンマー料理を頂きながらお茶できる場所としても人気があります。

「モヒンガー」とは、ナマズでだしを取ったスープが美味のヌードルですが、確かにローカルのお店で食べると少々生臭いときがあります。

ここラングーンティハウスでは、そんなモヒンガーの生臭さがない上、味は本来のものと変わらずおいしいモヒンガーが食べられます。

またカフェでもあるので、ミャンマーの甘い紅茶「ラペイエ」も体験できます。ラペイエは甘いミルクティーといったイメージで、インドのチャイと似た、特に女性に好まれる味です。

このラングーンティーハウスでは、ラペイエの甘さや濃さもさまざまある中から選べて楽しいですよ!

  • 店舗名:ラングーンティーハウス(Rangoon Tea House)
  • 住所:77, Pansodan Rd,Second Floor, KyauktadaT/S, Yangon
  • 営業時間:午前8時〜午後10時
  • 電話番号:09-517829

999(ジャンクションスクエア内)

999

999は、最初にご紹介したシャンヨーヤーと同じ、シャン料理、特にシャンヌードルが美味しいお店です。外国人にも人気が高く、街中にある本店にはこれまで海外のVIPもお忍びで訪れてきたとか。

本店の方は、お店が狭くあまりきれいではないので、おすすめするのに二の足を踏む気持ちでいました。

しかし、ミャンマーのショッピングモール、ジャンクションスクエア内にも支店ができ、こちらは広くてきれいな店内でシャンヌードルを楽しめるので、胸を張っておすすめできるようになりました。

なんといってもシャンヌードルが1杯200円で食べられるのが魅力。日本でいえば、ラーメンの感覚で食事ができます。米麺がもちっとしていておいしく、さらにチキンでだしを取ったスープが美味です。

トッピングには刻みネギや揚げニンニクなどが加えられ、風味豊かでおいしいですよ。私も一人でもしょっちゅう足を運んでしまう大好きなお店です。

  • 999(ジャンクションスクエア内)
  • 住所:Level 6, Room 606, Secret Garden, Junction Square, Kamayut Township, Yangon
  • 営業時間:午前9時〜午後9時
  • 電話番号::01-527242 (ext.6006), 09-785187697

ハウスオブメモリー(House of Memories)

ハウスオブメモリー

ハウスオブメモリーは、アウンサンスーチーさんの父親であり、ミャンマー独立の父と言われるアウンサン将軍の自宅を改装したレストランとして知られています。

アウンサン将軍は、ミャンマーの独立に尽力した将軍です。店内には将軍の写真をはじめ、幼いころのアウンサンスーチーさんの写真も数多く展示されています。

また、同じく店内に展示されているタイプライターは、さまざまな作戦を発令するのに使用されていたそうです。確かに歴史を感じさせ、引きつけられるものがあるので必見です。

肝心の食事も、ミャンマーのカレーを様々な種類で楽しめておすすめです。特に一押しなのが、ミャンマーの国民食「お茶の葉のサラダ(ラペットゥ)」です。

緑茶の葉っぱを野菜やピーナッツなどとと食べるというヘルシーなサラダですが、このハウスオブメモリーのお茶の葉のサラダは、お茶の香りを楽しみながらいただけておいしいです。

テラス席も開放的な気持ちになっていいですよ。

  • 店舗名:ハウスオブメモリーズ(House of Memories)
  • 住所:No.290, U Wizara Road, Kamaryut Township, Yangon
  • 営業時間:午前11時〜午後11時
  • 電話番号:09-73191498, 09-5283327
  • 公式サイト:http://www.houseofmemoriesmyanmar.com/

パラミピザ(Parami Pizza)

パラミピザ

ここまでミャンマー料理を提供する店を中心にご紹介してきましたが、もしミャンマーでミャンマー料理に飽きてしまったら、ミャンマーで1番ピザがおいしい「パラミピザ」へ。

パラミピザは、ヤンゴンに3店舗も構える人気のピザ店です。とにかく、ミャンマーに住んでいる日本人のこの店への評価が非常に高く、私の周囲もみんなパラミピザが大好きです。

ピザ生地がもっちりしていてやみつきになります。お得なコースなどもあるので、ひとまず席だけ予約していくのがおすすめ。

さらに前菜も充実していて、お酒をかたむけながらいただくのに最高。特に、キンキンに冷えた銅のカップで出てくるモスコミュールは、ショウガが効いていてとてもおいしいです。

  • 店舗名:パラミピザ(Parami Pizza)
  • 住所:11/C, Corner of Malikha & Parami Rd, Yangon
  • 営業時間:午前11時〜午後11時
  • 電話番号:09-421119100
  • 参考サイト:https://www.facebook.com/ParamiPizza

まとめ

いかがでしたか?

ミャンマーでは、シャン料理など意外と日本人の口に合う料理も多く、おいしい上にリーズナブルなので、気軽に外食を楽しむことができます。

長く暮らすと日本食が恋しくなりますが、外食でも日本料理店だと値段はかなり張るので、ローカルな食事を多めにすると安く抑えられると思います。

せっかくミャンマーに来たのなら、ぜひミャンマーの代表的な料理「モヒンガー」や「シャンヌードル」「ラペットゥ」などにもチャレンジして、ミャンマーの味を体験してみてください。

そしてミャンマー料理以外の料理が食べたくなったら、ご紹介したパラミピザなど人気ピザ屋さんもあるので、ミャンマーでイタリアの味を楽しんでみるのもおすすめです。

あわせて読みたい

ミャンマーお役立ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
SUZUAYA

SUZUAYAライター

投稿者プロフィール

出身地である宮城県で、十年ほどラジオのアナウンサーを経験後、2016年春より夫の海外転勤により、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに在住。

若いころは海外への憧れが強く、旅行で訪れた国は二十数カ国にのぼる。
東日本大震災を経験し、地元宮城で復興を見守りながら生きていこうとしていたところ、主人と出会い結婚。その後結婚半年で転勤によりミャンマーへ。
海外に住むのは初めてで、途上国での暮らしは不便なことが多いが様々な出会いに助けられ、様々な経験をして、ライターとしても活動中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る