海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外就職するならココをチェック!給料や福利厚生以外に気を付けたい8つのこと

  • 公開日:
  • 更新日:
契約

思い切って日本を飛び出し海外へ。海外就職する日本人はどんどん増えていますが、給料や福利厚生だけにこだわって就職先を決めてしまうと、働き始めてから後悔することになるかもしれません。

日本で働く場合にも、雇用条件や労働環境はとても重要ですよね。それが文化や習慣の異なる外国となると、確認しておくべきポイントもさらに多くなります。

夢の海外就職を成功させるためには、どんなところに気を付ければいいのでしょうか。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外就職での雇用形態

労働契約

まずはっきりさせるべきなのは、どのような立場での就職となるのかという点です。

ここでいう立場とは雇用形態のことであり、正社員、契約社員、インターン、顧問などのことを表します。数年単位でじっくりとその職場で働こうと考えるならば、正社員として雇用される方が良いのは当然です。

それでは、正社員、契約社員、インターン、顧問の違いやそれぞれのメリットについて、具体的に見ていきます。

正社員で海外就職

先にも述べましたが、海外で腰を据えて仕事をしたいならやはり正社員として雇用してもらうのが良いでしょう。

正社員として働けるなら、福利厚生面でのサポートもしっかりしている会社がほとんどです。生活面でも余分な負担やストレスが少なく、海外で思いっきり仕事に打ち込みやすくなります

契約社員で海外就職

そのような正社員の一方で、契約社員という雇用形態もあります。日本で契約社員といえば、雇用に期限があったり、勤務時間や日数に制限があったりなどという、正社員との条件の違いが頭に浮かびます。

海外では契約社員の多くが1年契約であり、毎年の事業状況や能力によって更新の可否が決まります

ただ、契約社員がどのような雇用を意味するのかは企業ごとに異なってきます。事前によく内容を確認して、正社員との違いをしっかり把握しておくことが重要です。

契約条件を事前に十分確認する

契約社員として採用された場合、会社の提供する福利厚生が受けられなかったり、受けられてもごく一部だったりします。採用された後に確認するのではなく、十分前もって確認し、何かあったときに自分一人で対処できるかどうかよく考えましょう

期間限定で海外で仕事をしたい人、漠然と海外での仕事にあこがれがあって試してみたいという人は契約社員が良いでしょう。

海外でインターンシップ

インターンシップは社会勉強としての意味合いが強く、企業が決めた期間、無報酬で入社に必要な業務遂行能力を身に付けさせることを目的に行うものです。生活に必要なコストは企業からのサポートがあります。

インターンシップは正社員とは全く異なりますが、実際に海外で働くことができるので、将来の海外就職を決めるプロセスとして最良の選択となることもあります。

海外就職が初めてであったり、日本国内での就業経験がなかったりするのであれば非常に役立つ制度なので、報酬がないことを大きな欠点として排除することなく、自らのスキルアップのためと考えて前向きに検討してみても良いでしょう。

海外企業の顧問

顧問とは、海外企業で業務をするわけではなく、アドバイスや意見をするのが主な仕事です。

例えば、工場などであれば技術顧問、マネジメント力があれば経営のアドバイザー、現地で知り合いが多ければ営業顧問などとしてその知り合いを紹介するなどの仕事があります。

また、一部の地域ではビザを出してもらうために現地の企業と契約し、顧問となる場合もあります。

海外就職求人サイト
海外就職

海外就職での雇用期間

どの雇用形態であっても共通して気をつけるべき点は、その期間です。契約期間はさまざまであり、期限がない場合もあるでしょう。

契約期間満了まで勤務することがベストですが、やむを得ず中途で退職しなければならなくなった場合は、双方の合意のもとで契約解除することができます。

この場合、企業によっては違約金が発生したり、給料をすべてもらえないなどの事態が発生する場合もあります。契約の前に、念のため確認しておくと良いでしょう。

場合によっては短期契約も一つの手段

海外ではキャリアアップのために転職することが当たり前の国も多く、将来のさらなる転職を視野に入れるなら、複数年の契約を結ばない選択もあるかもしれません。

また、日本の企業と比較して外国の企業は年俸制であることも多いので、その場合はおのずと契約期間が1年単位となっているようです。

自分の目標を考えた時に、数年以上の長い挑戦が必要であると思われる場合などは長期の契約の方が良いでしょう。しかし、海外での仕事・生活は経験してみないとわからないことも多く、途中で考え直す必要が出てくるかもしれません。その点を考慮すれば、はじめは1年契約や無期限付きの契約を選ぶ方が無難だと言えます。

海外での実際の勤務地

求人を見つけてエントリーする時に意外と見落としがちなのが、実は勤務地域です。海外企業の求人では、本社地域と勤務地域が違う場合があるのです。

例えば、本社がシンガポールにあり、あなたの希望勤務地もシンガポール。しかし、仕事の募集地域はフィリピンだったというケースです。

重要なのは当然、実際の勤務地域です。自分の働きたい地域と求人票の勤務地域が一致しているかどうか、よく確認するようにしましょう。

海外就職先の同僚や職場環境

雇用条件や勤務地を確認し入社した後、実際に仕事をする上で大事なことの一つは、どのような人たちと一緒にチームを組み、働くのかということです。

  • 個人プレーでゴリゴリ仕事を進めるような職場なのか
  • チームを組んでともに難題に立ち向かっていくような職場なのか
  • アットホームな雰囲気の職場なのか

働いている人たちの性格や考え方、仕事の仕方によって職場環境は大きく異なります。人間なので、もちろん合う・合わないということはありえます

もし気になる求人を見つけたら、会社見学をさせてもらうと良いでしょう。求人票からはわからない会社の雰囲気を知ることができるはずです。

海外就職先での仕事上の言語

コミュニケーション

先に述べた同僚や職場環境にも関連するのが、仕事上の言語。行く国・エリアが英語圏か非英語圏かによって大きく違うのはもちろん、業務でコミュニケーションを取ることが必要な相手がどの言語を話すのかによっても違います。

会社での公用語は英語であっても中国人の多い職場環境では、必然的に中国語も必要になってきます。

一方、現地での仕事で関わる人たちが日本人なら、当然お互いの母語である日本語で話すことになるでしょう。そのような現場では英会話は全く必要なく、英語や現地語で別ルートから入った情報も、日本語にして相手に伝えることになります。

また、現地スタッフや取引先などと英語でコミュニケーションを取る場合もあれば、職種によっては現地の言語を使った方がより良い場合もあります。

海外就職を目指すなら最低限の英語力を

海外で働きたいなら、英語が使えた方が良いことは言うまでもありません。

海外就職をする前の準備段階で英会話力がそれほど高くなくても、仕事をしながら現地で使いこなせるようになりたいと思っている人が多いようですが、海外で働く現場での日々の目標は業務の達成であり、英会話の学習ではないことをしっかり理解しておかなければなりません。

事前にその職務を認識せず英会話力の向上を目標に就職すると、予想に反する結果となってしまいます。最低限の意思疎通ができる程度の英語力は就職前に身につけておきましょう。

プライベートで使う言語は状況によりさまざま

仕事で英語を使う場合でも、仕事を離れたプライべートタイムに英語を使用するかどうかは、個人の生活スタイルによって異なります。英語圏でも、プライベートで現地の人と関わらず日本人同士の交流が多ければ日本語のみで可能(英語は不要)であり、もちろんその逆もあります。

非英語圏になれば、現地の言葉(中国なら中国語、韓国なら韓国語など)がもっと必要になってくることもあります。

また英語を使用する場合も、たとえばシンガポール人の英語をシングリッシュと呼ぶように現地の人特有の言い回しがあるなど、現地生活での言語事情はさまざまです。

近年注目の言語は中国語

英語以外にビジネスで欠かせなくなっている言語を一つあげるとすれば、間違いなく中国語(普通話)でしょう。中国系の企業は世界中に勢力を拡大していて、下請けや工場が中国にあるという場合も多いです。

英語ができるのは当たり前、プラスαで何か国語も話せる国際的なビジネス人もどんどん増えています。スキルアップのために外国語の勉強を考えているのであれば、まずは英語、そして中国語を候補にすることをおすすめします。

ただし、海外就職は必ずしも語学力アップに直結しない場合もあることを理解しておきましょう。

海外就職先企業をとりまく業界の構造

職場環境

職場の環境以外にも大事なことは、その企業の属する業界事情です。

ひとつの企業があれば、その周りには多くの関連企業があります。そこには、需要と供給の連鎖による親密な関係もあれば、ライバル関係にある競合企業もあり、さまざまな企業がつながっていることがわかります。

就職する企業の規模が大きいほど、グループ会社や関連企業も多くなり、海外においては日系企業同士の特別なつながりも大変重要となります。そういった、ライバル会社、関連会社の事情を把握しながら仕事を進めていくことになるので、業界への理解は必須となります。

また、その業界の知識やそことのつながりがあれば、次の転職の際にもそれらが非常に役立つことが多いです。

チャンスはどこにでも転がっている

もし、就職先の企業がまだあまり規模が大きくない、成長途上である、新しいマーケットを開拓中である、などの場合でも、そこでしか勉強できないことがあるかもしれません。さらに、小さな企業だからこそ若手でも経営陣と直接関われることがあったりと、その後の人生設計を左右する経験ができる可能性もあります。

この業界のことなら詳しい!と自信を持って言えるように知識をつけていくことが大切です。

海外就職地の日本人コミュニティ

会社同士のつながりだけでなく、個人間の人脈構築も大切です。今後のプロジェクトを円滑に進める助けになる上、転職や起業をする場合にも大いに役立ちます。

海外の日本人の多い地域では、必ず日本人コミュニティがあります。仕事のつながりもありますが、週末や祝日にもサークルなどの集まりがあり、参加すればプライベートなつながりもできるでしょう。

仕事だけでなく、その地域の日本人コミュニティにも着目することは、将来の目標達成へのプロセスとして意外にも大変重要なのです。

海外就職地の労働に対する常識

労働

労働事情というのは国によって異なり、そこに日本の常識は通じません。

たとえば労働時間ひとつ取ってみても、日本では週に2日は休める職場が多く、一方で多少の残業は普通のこととなっていますが、海外ではそうではありません。週1日の休みが標準となっている国もあれば、やりかけた仕事があっても定時に必ず帰る「残業ゼロ」が当然とされている国もあります。

海外で働くのであれば、日本の常識はいったん忘れてしまわないと、納得のいかない条件ばかりが並んでいるように見えてしまいます。

価値観や習慣は国によってさまざま

また、文化やライフスタイルは国の数だけパターンがあり、現地の習慣や人々の考え方も事前によく知っておく必要があります。

仕事に関わることでいえば、日本人は、まじめ、礼節を重んじる、時間を守る、必要ならば残業もする、といったイメージですよね。

一方、ある国では有給休暇を毎年すべて消化する、他の国では家族との時間重視で残業は全くしない、また別の国ではランチタイムが数時間あり、いったん帰宅して昼寝してから仕事に戻る、など国ごとにさまざまな特徴があります。

国民性も含めて職場選びを

また、仕事だけにかかわらず大きく国民性として考えると、おおらか、明るい、細かいことは気にしない、お酒が好き、宗教観がすべての基礎、などなどこちらも国ごとに多種多様です。

その中で、どこの国のどのような職場なら自分をフルに生かし、さらにスキルアップしていけるかを、事前にしっかり見極めなければなりません。

また、そのような違いを柔軟な気持ちで受け止め、順応していくフレキシブルさも求められます。いろいろな文化や考え方に触れることで、仕事上のスキルはもちろん、広い視野を持つ人間に成長することもできますよ。

一つひとつ確実に準備して海外就職に臨もう

日本で生まれ育った者にとっての初めての海外生活は、スムーズになじめる部分と違和感が大きい部分とが複雑に入り混じる、非常に落ち着かないことの連続だと思います。

ましてや、そこで働くためには、準備に要する時間や費用を確保することから始まり、いろいろな条件や実情を把握した上で、語学を勉強するなど自らの総合的な適応能力を最大限に高めて臨むことが必要となります。

挑戦する気持ちを忘れずに前へ進む

このように書くと、大変、面倒、というネガティブなイメージが思い浮かびますが、一度、海外就職を前向きに考えたらなら、あっさりあきらめてしまうのは非常にもったいないです。海外就職を選択肢に入れることができたことだけでも、チャレンジ精神、バイタリティ、向上心などは合格点と考えて良いでしょう。

あとは、しっかりと地に足をつけて一歩一歩確実に、必要不可欠な事前のチェック項目をクリアさせていくことが成功への近道になります。

まとめ~近い未来の「なりたい自分を」イメージしてみる

大変な決心と準備が必要な海外就職。働き始めてからの後悔や中途での契約解除などは極力避けたいですよね。そのためにも、さまざまな条件を細かくチェックしておくことは不可欠です。

すべてクリアするのは簡単なことではありませんが、まずは5年後、10年後の自分を予想し、目標を立ててみてください。そうすれば、何を重視すべきなのか、どのような手段・環境を選べばいいのかが具体的になっていくはずです。

しっかり準備して、納得のいく海外就職を目指しましょう。

海外就職・海外転職するには

海外の就職状況は絶えず変化しています。今すぐに海外で働くことを考えていなくても、ひとまず転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

いざ、転職しようと思ったときに「興味のある求人」に出会えないこともあります。そのため、事前に登録し、気になる求人情報をストックしておくことが大事になってきます。

求人サイトは無料で利用でき、登録するだけでも良い条件のスカウトメールが届きます。

【おすすめ転職サイト】

登録したからといって必ずしも転職する必要はありません。情報収集のために使ったり、興味のある求人を見てみたりするだけでもOKです。アンテナを広く張り、可能性を広げましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

海外転職におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る