安全?危ない?セブ島やマクタン島の治安とトラブルを避ける対応策

セブ島とかマクタン島の治安と対応策

フィリピンのリゾート地といえば、誰もが思いつくのが有名なセブ島ですよね。海外旅行、ダイビング、語学留学・海外就職などと最近では日本人にとても人気で馴染みのある土地として注目をあびています。

一年中暖かい気候のセブへ行くとなると日本人の私たちが気になるのはなんといっても治安です。日本は財布を落としても警察に行けばお財布が届けられている安全な国です。

そんな安全な土地で育った私たちにとっては海外はやはり不安が沢山あると思います。言葉が通じない不便さや文化の違いを感じるなかで、安全に生活できるか心配になりますよね。

今回はそんな「セブ」と日本人がよく滞在する「マクタン島」の治安とトラブルを避ける対応策についてご紹介します。

セブの治安ってどうだろう?

セブ島の治安ってどうだろう?

まず、セブ島といえば、治安面ではどのようなイメージをお持ちでしょうか?

  • 凶悪犯罪が多い?
  • スリが多い?
  • 乞食が多い?

一言で言えばセブ島は生活をする上で決して危険ではありません。日本と比べれば、かなり貧富の差があるため、初めて行く方は舗装されていない道やぼろぼろの家に住んでいる人たちを見て驚くこともあると思います。

しかし、セブ島では大きな事件が起きたりしているわけではないため極端に身構える必要はありません。

あくまで外国だということを意識して警戒心を持って行動をするようにしましょう。実は、セブは他国やフィリピンのマニラや多地域に比べて犯罪率はきわめて低いです。

当たり前の話ですが、自分からお店などで荷物を置きっぱなしにしたり、高価なものを身に着けて出かけたり、治安な悪い場所へ行ったりさえしなければトラブルに巻き込まれることは少ないのです。

女性だけの場合は、昼間に複数で行動するように心がけましょう。また、夜の行動はジプニーではなくタクシーに乗ることをおすすめします。

夜は出歩かないほうがより安全で快適に過ごせるというのも事実です。

関連:失敗しない!セブ島の交通機関の料金と利用方法(タクシー、トライシクルとジプシー)

ホテルが集まるマクタン島周辺の治安と安全性は?

ホテルが集まるマクタン島周辺の安全性

セブに海外旅行に来る人の多くが滞在する島といえばマクタン島です。島のリゾートエリアは観光客が多いため比較的安全なエリアです。

学校のキャンパスがマクタンにあることも多く、学校の中にはカフェやジムなどの施設を用意している学校がほとんどです。

そのため、学校のキャンパス内にいれば安心して生活出来ます。

また、マクタン島のリゾート地区以外のエリアは住宅地となっています。マクタン島は電柱や街灯があまりないので夜はとても暗いです。

そして、人気もありません。危ない地域というわけではありませんが、安全面を考えると夜に出歩くことはおすすめしません。

関連:先入観なしで考える、フィリピン・セブが住みやすい5つの理由

セブシティーの治安と安全面については?

セブシティーの安全面

セブシティーはビジネス街や大きなモールがあるあたりは観光客や外国人、富裕層が多いため安全性が高いエリアです。

深夜にクラブに出入りをしたり、ストリートチルドレンのいる繁華街などに行かなければ、絡まれることも少ないので身構えるほどではありません。

また、ストリートチルドレンの多くは手を出してお金を求めてきますが、そういった場合はそのまま通り過ぎましょう。

たまに、道をふさいだり、追いかけてくる子供もいますが、そういった場合は走って逃げましょう。決してお金をあげたり危害を加えたりしないでください。

一人にお金をあげるとそれを見ていた子供たちが一斉に集まってくることもあります。

また、私の友人はセブで行われたシヌログフェスティバルでスマートフォンを盗まれました。フィリピンではスマートフォンは高価なため、日本のようにズボンのポケットや鞄の後ろポケットに携帯をいれないほうが良いです。

関連:フィリピンセブ島でチップってどうするの?こんなときはチップが必要!

かばんは前に持ち、チャックはしっかりと閉めておくとより安全性が高くなります

特にジプニーや人の混雑する場所では特に注意が必要です。お財布や携帯は離さず持っていましょう。

比較的安全な地域でも、スリなどはよくあることなので、貴重品の管理は徹底して楽しい時間にしたいですね。

セブでこんな事件に巻き込まれることも

セブでこんな事件に巻き込まれることも

危険ではないセブでも最近こんなトラブルが起きているので紹介します。

観光客を狙った事件「トランプ詐欺」というものが起きています。大きなモールや特にセブシティーのクラブが集まるマンゴーストリートなどに行くときは注意が必要です。

親切に日本語で話しかけてきたフィリピン人と話が盛り上がると「話のお礼がしたい」なとど言って自宅と言われる場所へ連れて行かれます。

お酒を飲みながら食事などをし、気分が良くなったところでトランプゲームが始まります。最初は小額でちょこちょこ勝てる上、お酒を飲んでいるので楽しくなってきます。

スタートは少額でもだんだんと相手が大金をかけるようになり、一回の掛け金が増えていくのです。

最後の賭けで、イカサマに嵌められ、お金を取られるのですが、お金がないと言ってもATMなどに行きお金を用意させられます。

英語や日本語で親切に話しかけてくる人には、要注意です。観光地で親切から話しかけてくる人はほとんどいません。

観光客、つまり「客」からいかにお金を稼ぐかを考えている人が大半なのが悲しいですが事実です。

関連:レジットカードは使えるの?フィリピン・セブでのペソ両替とATM利用の注意点まとめ

セブで安全に過ごすためのトラブルを避ける対応策

比較的安全なエリアでもスリに遭う可能性は大いにあります。トラブルを避けるために一番大事なことは、常に気を張っていることですが、それには無理がありますよね。

ちょっと意識するだけで対策出来ることがあるので紹介します。

セブへ行く時に意識して欲しいことは3つだけ

難しいことではありませんので、「ふむふむ、まあ当たり前のことだよね」と読み進めてもらえればと思います。

セブ島内の治安の悪い場所へ行かない

危ないエリアには近づかないというのは旅でも生活でも鉄則です。

荷物を置きっぱなしにしない

日本のように自分のかばんや財布で席を確保するのは止めておきましょう。意外に自分の荷物で席を確保する人が多いです。

置き引きの原因になるので、人が座って席を確保するなど「人がいるんだよ!」とアピールしましょう。

高価なものを身に着けて出かけない

見るからに高そうなものを身につけて出かけるのは、自分が金持ちだよとアピールしていることと変わりません。

実際にお金持ちかどうかは関係なく、フィリピンでは日本人はお金を持っているとのイメージを持っている人が大半です。

そんな人がスリの地元を歩くわけですから「カモがネギをしょってきた」状態です。スリ被害を防ぐためにも、シンプルな格好でお出かけしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

東南アジアをイメージすると日本国内と比べて不便で危険なイメージを持つかたは大勢います。しかし、物価も安くセブの人々は日本人にとても友好的なため生活しやすい地域です。

海外に行けば気持ちも盛り上がり地に足がつかなくなることもあるでしょうが、自分から危険に飛び込まなければ、トラブルは避けられます。

自分が日本ではなく外国にいるという事を常に意識して、旅行や海外生活を楽しみましょう。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

迷ったらこれを買おう!フィリピンセブ島のおすすめのお土産10選

やっぱり来てよかった、フィリピン・セブ島の魅力はコレだ!6選

安く快適に行きたい!フィリピン・セブに行くならどの航空会社が便利?

 

フィリピンお役立ち

1ヶ月1万円生活も可能!セブ島に語学留学した1ヶ月の生活費はこれだ

セブ滞在の方必見!ノマドワーカーが仕事で使えるカフェ5選

フィリピンでスマホを使おう!セブでの携帯SIMカードの購入場所はどこ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. タイのスーパーマーケットMAKRO(マクロ)
  2. ベトナムでの銀行口座の開設の仕方ガイド
  3. フィリピンの英語
  4. バリ島の治安
  5. バティック
ページ上部へ戻る