海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

海外就職にエージェントは必要なし!エージェントに頼らずにオーストラリア就職を果たした私のケース

  • 公開日:
  • 更新日:
面接

海外就職を目指して就職活動をするとき、自分の希望や適性に合った仕事を紹介してくれる「就職・転職専門のエージェント」にまずは登録する。その方法はすっかり定着しましたよね。

私の住むオーストラリア・ブリスベンにも、日本人在住者を対象としたエージェントは存在します。でも、私の就活経験からいうと、エージェントを利用しなくても海外就職は十分可能です。

ここでは、エージェントなしでもオーストラリアの現地企業に就職できた私のケースをお話しします。

オーストラリアの就職活動はサイトかコネを使うのが主流

つながり

オーストラリアでは就職活動をするとき、エージェントを通してではなく、インターネットの求人サイトや知人の紹介(いわゆる「コネ」)を利用する人がほとんどです。

そんなこととは知らなかった大学院の留学時代、アルバイトをどうやって探せばいいのかわからず、ひとまず求人サイトで検索したり、現地で有名なエージェントのひとつ「Sarina Russo(サリーナ・ルッソ)」にも足を運んでみたりしました。

しかし、当時は学生ビザで永住権もなく、Sarina Russoには登録すらできませんでした。結局、クラスメイトの留学生にクリーニング屋でのバイトを紹介してもらい、最低賃金以下の時給で働き始めました。

偶然見つけた日系エージェントに登録

「こんなことでいいのだろうか?」と悩んでいたある日、日本食スーパーで手にした日本語無料情報誌に「日系キャリアエージェント」の広告を見つけたんです。「ここならきっといい仕事を紹介してくれるだろう!」と信じ、早速ブリスベンの日系エージェントに登録し面接を予約しました。

日系エージェントだからといって期待しすぎてはいけない

面接

当日、エージェントを訪れると「あなたの英語力を知るために、まず英語で面接を始めますね」と、英語での面接が始まりました。

急に日本人の面接官に英語で質問されて戸惑いはしましたが、それよりもその面接官の英語力に驚かされました。英会話初心者レベルです。この英語力でどうやってオーストラリアに住み、この日系エージェントに就職できたのか不思議なぐらいでした。

自力で就職活動を進めていくことを決意

最後に、「まだ学生ビザですから、紹介できる仕事もあまりないと思います。何かあったら連絡しますね」と言われ、終了しました。残念ながらその後、このエージェントからは何も連絡はありませんでした。

この面接の経験から「現地の日系エージェントといえども、あまり期待できない」ということを学びました。そこで私は、誰にも頼らず、自分の力で海外就職活動することを決心したのです。

オーストラリア就職を果たすまでの道のり

ノート

可能性のありそうなところにひたすら応募

自分一人の力で就職活動を始めてからは、日本語無料情報誌の求人広告を見て、学生ビザでも働けそうなところにはすべて応募しました。そして無事、留学センターでの受付業務のバイトに採用されました。

しかし、この仕事も最低賃金以下の「幽霊社員」としての採用で、満足のいくものではありませんでした。

永住権を得るため美容師学校へ

大学院を卒業し、フルタイムの仕事をオーストラリアで探し始めましたが、ネックになったのは「永住権」です。オーストラリアで現地企業に就職するには、永住権が必要な場合がほとんどです。

そのため、私は大学院を卒業した後、美容師学校にも通って卒業し、美容師という「技術者」の資格を取得。晴れて、現地就職に必須の永住権をクリアしました。

採用通知をもらうも、美容院で勤務を継続

無事に永住権を取得し、何十通もの履歴書を現地企業に送り続けました。でも面接までたどりついたのは、ほんの数社だけ。ただ、現地語学学校でのマーケティング業務の採用通知はいただいたんです。

しかし、当時カジュアルスタッフとして働いていた美容院の雇用条件の方が整っていたので、結局同じ美容院で「週40時間働くカジュアルスタッフ」として勤務を続けることにしました。

とにかく「海外就職する」目標を達成

私は、決して美容師になるためにオーストラリアに来たのではありません。でも、思うような方法ではなかったものの、オーストラリアに来た当初の「海外就職をする」という目標は達成できました

退職しましたが、お世話になった美容院のオーナーやスタッフとは今でもたまに連絡を取り合い、とても素敵なネットワークができたことに感謝しています。

エージェントなしで採用される方法とは

私は美容師学校に通い、なんとか自力で海外就職を果たすことができましたが、エージェントを利用せずに海外就職に近づくためのより有効な方法をいくつかご紹介します。

ワーキングホリデービザを取得する

学生ビザと違い、ワーキングホリデービザならフルタイムで働くことができます

ワーホリ滞在者を積極的に採用している日系企業もたくさんあるので、「とにかく海外で働いてみたい!」という方は、まずワーキングホリデーを利用することを考えてみましょう。

海外インターンシップに参加する

その仕事に就いた経験がなくても、働きながら学べるインターンシップ。これを利用するのも就職につながる方法です。ブリスベンでも、インターンシップを採用している日系企業をよく見かけます。

インターンシップの場合、無給のことが多いですが、やる気と能力によって本採用される場合も多々あります

コネを使う

オーストラリアでは「いい仕事に就きたければコネを利用するしかない」と言われるぐらい、たくさんの人が知人の紹介で仕事をゲットしています。現に、私のオーストラリア人の知人のほとんどが「今の仕事は○○さんのお父さんが紹介してくれた」などと話しており、コネに頼って仕事を得ています。

オーストラリアで就職活動をするときは、友達や現地日本人サークルなどのネットワークを利用するのも一つの方法です。

まとめ〜あきらめないことが海外就職成功のカギ

エージェントを利用せず、根気とやる気で海外就職をすることは十分可能です。日本での就職活動と同じように「とにかくあきらめず、常に前向きにがんばり続ける」という心が一番大事かもしれません。

海外での就職活動では、ビザや人種もネックになりやすく非常に厳しい環境です。「エージェントを通せば、簡単に仕事を紹介してもらえるだろう」と思いがちですが、そううまくはいきません。

誰にも頼ることなく自分の力で見つけてチャレンジする、これが意外と自分に最も適した仕事にたどり着く方法なのかもしれません。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)
オーストラリアで働くには?日本人がオーストラリアで日系・外資系企業に就職する方法
自分の強み知ってる?グッドポイント診断が面白い

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Cherryred-Moonライター

投稿者プロフィール

オーストラリアの第三の都市ブリスベン在住歴十数年の三人娘の母。
都会ではないけれど田舎でもないこの街から、ブリスベン生活情報をリアルタイムでお届けします。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る