海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツでの部屋探しは苦労の連続!ベルリンでやっと見つけた私の家を紹介します

  • 公開日:
  • 更新日:
ドイツの部屋

ドイツは住宅不足が深刻化しており、ベルリンも例外ではありません。

ワーキングホリデーでやって来た私も今の場所に落ち着くまでに3か月かかり、その間に5回の引越しを経験しました。日本から長期で住める家を押さえていたのですがトラブルがあり、短期間のみ入居できる物件を渡り歩いていました。

住居が見つかるまでは「これからどうなってしまうのか?」と不安な毎日でしたが、やっとの思いで今の家(シェアハウス)に出会い、とても快適にドイツ暮らしを満喫しています。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

ベルリンで私が住む家の立地(クロイツケルン)

クロイツケルン

クロイツケルンと呼ばれる、ベルリンのクロイツベルク地区とノイケルン地区の境目エリア。移民が多く住むことで知られるこの街に私の家はあります。

アクセス良好、買い物にも便利

駅から徒歩2分と好立地なので、ベルリン市内であればほとんどの場所へ30分以内にアクセスできてとても便利です。

近所は郵便局、ドラッグストア、デパート、スーパー、ショッピングセンターなどが充実しており、この辺りで全ての用事を済ませることができます

また、家の前の道を挟んだ反対側には、小さいですがアジアンマーケットもあります。そして上の写真の広場には、平日はマーケット(市場)が立ち並びます。

少し歩けば公園やおしゃれなカフェもたくさんあり、ふらっと気分転換に出かけられるのもお気に入りのポイントです。

ベルリンでこの家を選んだ理由

重視した条件

私はもともと移民に興味があってドイツに来ているので、彼らの生の生活にできるだけ触れたいと思いこの地域を選びました。

そのほかの条件としては、

  1. 住民登録が可能であること
  2. 月の家賃500ユーロ(約58,500円)以内
  3. ベルリン中心部(ABエリア内)
  4. 家具付き
  5. WG(他人とのシェア)の場合はできれば少人数
  6. アルトバウ(第二次大戦前に建てられた建物)

の6つを特に重視しました。

しかし、実際には住民登録ができて家賃が月500ユーロ以内であればどこでも受け入れる覚悟でいました。

物件を見つけるのが難しい状況

というのも、私が部屋探しをしていた10〜12月は大学生・院生の新学期が始まった直後ということもあり、そもそも貸しに出されている物件があまりなかったのです。

たまに募集を見つけて内覧に行くと、10人くらい見学に来ている人がいるような状況でした。

そのため、いくら「ここに住みたい」と思っても、大家さん(貸し手)から選ばれなければなりません。これは滞在歴が少ない私のような外国人には圧倒的に不利です。

ドイツ語ができないことに加え、家賃の支払い能力の証明として3か月分のドイツ国内での給与明細やシューファと呼ばれるクレジットヒストリーのようなものを求められるためです(全ての物件で求められるわけではありません)。

妥協寸前に巡りあった理想の部屋

短期物件を渡り歩く生活もそろそろ限界だったので、家賃に関しても妥協しようかなと思い始めた時に、なんと全ての条件を満たす今の家に巡りあいました。

しかも、家賃は月400ユーロ(約46,800円)で2人WG(シェア)、さらに駅から徒歩2分と、もうこれ以上言うことがないくらいベストな条件が揃ったお部屋だったのです。

一軒家の一室で、もともとこの家を借りている日本人の方が使っていた部屋なのですが、その方が日本に一時帰国されている間に住める人を探しているとのことでした。

「選んだ」というより「選ばれた」

一番に連絡したのが私だったということと、内覧時に共通の知人がいることが分かったこともあり、なんとか入居者として選んでいただけました

そのため、この家を「選んだ」理由というよりは、「選ばれた」理由とする方が正しいですね。

※1ユーロ=約117円(2017年5月)

ベルリンで私が住む家の間取りと設備

部屋

家自体は2DKで、そのうち自分の部屋は8〜10畳くらいです。

とっても寝心地の良いキングサイズのベッドや、在宅での仕事もしやすい4人掛けの大きなダイニングテーブルが備え付けです。また、2人掛けのソファーもあります。

これだけ存在感のある家具があっても、第二次大戦前に建てられたアルトバウ物件で天井が3m近くもあるため、とても広々としています

また、部屋が直接キッチンにつながっているので、ワンルームのアパートに住んでいるような使い勝手の良さがあります。

シャワー、トイレ、洗濯機は部屋の外にあり共用ですが、この家に住んでいるのが私を含めて2人なので、朝晩でも取り合いにならず快適です。

日本にはないベルリンの家の設備1:温水暖房

ドイツの暖房にはいくつか種類があるのですが、この家ではHeizung(ハイツング)という温水暖房が入っています。

これは、ボイラーで温めたお湯を家の中に張り巡らせることで建物全体を暖める仕組みです。あらかじめ設定パネルで温度設定をしておき、写真のつまみ(バルブ)を回して調整します。

温水暖房

しかし、これを1に合わせても熱くなることもあれば、反対に4にしても冷たいままのこともあって、最初は使い方がよくわかりませんでした。

ベルリン歴が長い友人に相談したところ、このバルブは温度そのものではなく、温度の「感度」を調整するのだと教えてもらいました。

バルブを数字の高い方に回すにつれて中に入る空気の量が変わります。その空気で温度を測っているため、数字を高くしておいた方がより設定温度に近い温度に保たれるという仕組みなのだそうです。

最初は難しいと思ったのですが、基本的にはあまり調整しなくても大丈夫です。

エアコンより使いやすい点

長期間の旅行でない限り外出中もそのままでよいことや(下げてしまうと逆に温めるのにエネルギーを余計に消費してしまう)、日本のエアコンのように顔が火照ってしまうこともないのがメリットです。

また、上にタオルなどを干すこともできます。乾くのもとても速く、部屋を加湿できるので一石二鳥です。

日本にはないベルリンの家の設備2:2way窓ガラス

窓

こちらの窓ガラスはハンドルを90度回すとドアのように開き、180度回すと手前に倒れて上部が開きます

日本では時々ビルなどでは見かけても一般家庭にはあまり馴染みがないこのタイプの窓ですが、ドイツのお家ではたいていの窓ガラスがこの仕組みになっています。

少し換気したい場合や、室内の熱を逃がしたい場合など、用途に応じて使い分けることができるので便利です。

また、手前に倒す開け方では、窓の下部は閉じている状態のため、雨の日でも雨が室内に入ることがありません。

なかなか考え抜かれています。

ベルリンでの部屋選びのポイント

地域により事情は異なりますが、日本人が住むようなドイツの都市では部屋不足が深刻です。

とにかく早く探し始めることと人脈を活用することが、希望に近い住居を見つける近道だと思います。

まずはウェブサイトを見よう

私は以下のウェブサイトを中心に探しました。

ドイツ在住の日本人コミュニティーサイト。部屋以外に仕事や家具なども探せます。私が最終的に今の部屋を見つけたのはこのサイトでした。

ドイツで有名な部屋探しサイト。WG(シェア)以外にアパートなども探すことができます。

基本はドイツ語ですが、英語を話せる人も多いので、英語でコンタクトを取っても大丈夫です。

詐欺や悪徳業者に注意

ただし、なかなか部屋が見つからない人の弱みにつけ込んだ詐欺や高額な仲介手数料を取る業者も多いので注意してください。

私も、被害にはあっていませんが、詐欺メールが送られてきました。

また、エージェントに高額な手数料を払ったのにもかかわらず、紹介された大家さんと連絡が取れなくなったこともあります(その後、きちんと返金してもらいましたが、この件で「明日住む家がない」という恐怖を味わいました)。

簡単にあきらめない

もちろん、条件を広くする(妥協する)ことも家探し作戦の1つですが、慣れない海外生活で自分のライフスタイルに合わない家に住むことほどストレスの溜まることはありません

ドイツでの生活を充実させるためにも、是非「毎日帰りたいと思える家」に出会うまであきらめずに頑張ってください。

まとめ~部屋探しは仕事探しと似ている?

「ベルリンの家探しは日本の就活みたいだね」私の友人はそう表現しました。数十通も送らなければならない問い合わせメール、選ばれるという立場、不安につけ込む詐欺、相性、そして運。

これを聞いて嫌になってしまう人もいるでしょう。しかし、家は生活の基盤となるもの。私は安心して住める場所を失って初めてその大切さに気づきました。

幸せややりがいをもたらしてくれる天職を探すのと同様に、安心感や充足感を味わわせてくれる自分にぴったりの家を見つけてくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで働くには?ドイツ就職・転職を実現するために知っておきたいこと

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る