海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダでワーホリ!海外の文化をもっと知るためにカナダで実際に働いてみた

  • 公開日:
  • 更新日:
トロント

私は日本の国際空港内の店舗で長い間働いていました。国際空港なので外国人のお客様への接客が半分を占め、できる限り英語で分かりやすい接客を心がけていました。

でも、言いたいことが英語で出てこない、うまく伝わらない、そんなモヤモヤした気持ちがずっとあったんです。

そんなモヤモヤを抱えながら働いているうちに、「もっと英語が話せれば」「海外の文化や背景をもっと知ることができれば」お客様一人ひとりに合ったより良い接客ができるのではと考え始め、海外で働くことを決めました。

ワーホリ先はカナダに決定「住みやすく働きやすい」

海外で働くために、本やインターネットで本格的に情報を集めました。その結果、カナダは住みやすく働きやすいと知り、次第にカナダで働きたいと思うようになりました。

そこで、まずは一度カナダへ下見に行きます。カナダという国を実際に見て肌で知り、本当にそこで生活できるかよく考えました。

そして、最初のカナダ訪問から1年後。ある程度の資金を貯めてワーキングホリデービザでカナダに入国し、トロントに住むことになったのです。

カナダでの就職活動:求人探し

仕事を探すため、まずは自分がどんなところで働きたいのかある程度決めて、その条件に合うお店を探しました。

「Help Wanted」「Now Hiring」など、日本でいうところの「求人!」情報が貼り出されていないかチェックしていきます。毎日のように歩いてまわり、貼り紙を見つけたら迷わずお店に入ってオーナーに履歴書を渡しました

また、トロント在住の日本人コミュニティ「e-Maple」というサイトがあり、仕事を探せるほか、物件情報や品物譲渡などの情報も掲載されています。このサイトも毎日チェックしていました。

カナダでの就職活動:面接

面接

ある日、e-Mapleで応募した1件の日本食レストランのオーナーから電話があり、翌日に面接ができるとのこと。ドキドキしながら指定された時間に行くと、奥に通されオーナーによる面接が始まりました。

面接は10分ほどで、どんなビザを持っているか、期限はいつまでか、英語は話せるか、希望の時間・曜日などを聞かれました。

慣れない自己アピールに戸惑うも即採用

日本の面接と違った点としては、自分がここで働いたらこの店にどんなメリットがあるかをアピールするよう求められたことです。ある程度は質疑応答の内容を考えてはいました。でも、そんな自己アピールには慣れていなかったので、答える時は少ししどろもどろだったと思います。

でも、日本食レストランならば日本人が必要でしょ?といった強気の態度がよかったのか、その場で採用の返事をもらうことができました。

カナダの日本食レストランでの仕事内容

レストラン

早速、そのお店でサーバーとして働き始めます。注文を取り、料理を運び、会計を担当。最初は一般的なレストランと変わらない仕事内容でした。

慣れてくると、電話応対、新人教育、カナディアンのサーバーに接客で使える簡単な日本語を教えることなど、任される仕事が増えました。

そうなると、英語を話さなくてはいけない状況が次第に増え、自然と英語力も上がってきたと感じるようになりました。また、チップの習慣など学ぶことがとても多かったです。

カナダで働いて良かったこと:自信がついた

働いてみて良かったのは、自分に自信がついたことです。

仕事ができるようになると、「自分で考えて動いていい」とどんどん仕事を任され、オーナーから信頼されていると感じることができました。すると、さらに自信を持って行動でき、責任感もますます強くなります。

海外で働く当初の目標の一つであった英語力の面でも、お客さんや職場の人と楽しく話すことができるレベルになり、これも自信につながりました。

カナダで働いて苦労したこと:カナダ人のルーズさ

カナダ人は日本人と違ってきっちりしていません。仕事の時間に遅れて来たり、まだ仕事中なのに予定があるからとさっさと帰ってしまったりします。そんな職場のカナダ人を見ると、忙しい時などは正直イラッとしました。

でも、自分の時間、友人などとの時間を大切にしているんだなと考えさせられました。

日本の真面目さとカナダのほど良いゆるさをミックスさせて、これからの自分の生活スタイルや仕事に対する向き合い方などに上手に取り入れたいと思います。

まとめ〜海外で働くことにはメリットがたくさん!

総合的に見て、海外で仕事をすることは私にとって多くのメリットがあったと思います。例えば、仕事に対する考え方が変わりました。自己アピールすることの大切さも学びました。

また、背景や言語が違う多くの人とともに働くことにより、さまざまな観点から物事を見ることもできました。こうした経験を、ぜひ多くの人に味わってもらいたいと思います。

もしも海外で働くのをためらっているのなら、今すぐにでも荷物をまとめてこの素晴らしい経験をすることをおすすめします!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

EHAKAM

投稿者プロフィール

カナダに来て早くも2年目になります。英語は今も勉強中!
カナダの食、文化など詳しくお伝えできたら嬉しいです

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る