海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国で働く!仕事中に実際に起こったよくあるトラブル

  • 公開日:
  • 更新日:
韓国

日本では当たり前のことでも、文化や習慣の違いによって、時にはうまくいかないのが海外勤務。韓国での仕事も、予想もしていなかったいろいろなトラブルやハプニングに見舞われることがあります。

今回は、韓国で働いた私の経験から、韓国ならではのハプニングや、ビジネススタイルの違いによるトラブル、その対処法などについてご紹介します。

韓国のビジネススタイルとは?

ビジネス

韓国のビジネススタイルを知る前に、韓国人の国民性を理解することが大切です。

韓国人の口癖といえば、「ケンチャナヨ(大丈夫)」、「パッリパッリ(早く、早く)」「チャレッソヨ(よくできましたね)」。この言葉が、国民性をよく表しています。

韓国では、仕事をする上で、結果や実績を最も重要視します。その過程に多少問題があったとしても、「終わりよければすべてよし」というスタイルです。

また、1日でも早く契約を成立させたり、どこよりも早く技術を導入したりするなど、とにかく早く結果を残すことが求められます

日本では、入社するとまず新入社員研修が用意されており、自社や商品に関する知識、ビジネスマナーなどを徹底的に指導することが多いです。

それは、社員本人のためにも、また、ビジネスパートナーや取引先に迷惑をかけたり、失敗を最小限に留めたりするためのリスク管理でもあります。

しかし、韓国では新入社員であっても容赦ありません。入社して1ヵ月もたたないうちに、大きなプロジェクトを任せたり、すぐに現場の第一線に出て経験を積ませたりします。

それによって問題が起きた場合でも、本人が学ぶべき点が多くあると考えられているのです。

海外就職求人サイト
海外就職

韓国であったハプニング「とにかく先走る」

私が貿易機関で、日本の企業と韓国企業との商談会に携わっていた時のことです。サムゲタン(鶏肉料理)に使用するナツメやクコの実を韓国から仕入れたい、という日本の企業が、それを扱う韓国企業と商談をしました。

商談内容は、食材の質、衛生管理の状況、価格、納入時期などを確認するもので、サンプルでサムゲタンを実際に試作したのち、後日、取り引きするかどうかを連絡するというものでした。

商談の3日後、韓国企業より、「ナツメとクコの実3,000個を輸出する準備ができたので、支払方法はどうするか」という連絡がありました。連絡を受けた日本の企業はとても驚き、慌てて対応を求めてきました。

確かに、その日の商談記録には、「正式な契約は試作品によって後日判断する」と記載しているにも関わらず、早く成約に取り付けたいという、先走った韓国企業によるハプニングでした。

韓国であったハプニング「しつこすぎる問い合わせ」

仕事

シャツやスカートなどの衣料品を製造する韓国企業が、日本市場へ販路を広げるため、日本の企業との取引を希望していました。

しかし、日本の企業の多くは、原価や人件費の安い中国から衣料品を仕入れているため、韓国企業にとっては、参入がなかなか難しいのが現状です。

複数の日本の企業が商談に応じましたが、「どんな製品であれば日本で売れるか、仕入れるのであれば数やサイズはどうするか、しばらく検討したい」という結果でした。

ところが、韓国企業が毎日のように「検討結果はまだか」、「どれぐらいの数量を用意すればいいか」と、電話やメールで何度も問い合わせ、結局、日本の企業側がシャットアウトしてしまいました。

熱心なのか、執拗なのか、日本ではその態度に圧倒されて逃げたくなる韓国のビジネススタイルでした。

韓国であったハプニング「初歩的なミス」

私がまだ日本の大学職員として、学生の海外留学を支援していた時のことです。

韓国の協定校へ3名の学生を派遣する予定でしたが、出発の1ヵ月以上前に、1名の学生がキャンセルしました。

その後、韓国へ留学した2名のうち1人から、「入寮者名簿にキャンセルした学生の名前があり、私の名前がなくてトラブルになった」という連絡がありました。

結局は、キャンセルした学生の部屋に入ることになったのですが、寮長にも自分でその事情を説明しなければならず、韓国語も不自由だった学生にとっては、とても不安な留学生活をスタートすることになりました

また、日本にある韓国の公的機関との連携行事として、大学の役職者が講演を行いました。後日、公的機関のホームページにその講演の様子が掲載されたのですが、肩書に記載された大学名が、誤って他大学の名前になっていました。

もちろんすぐに修正を求めましたが、公的機関にも関わらず、初歩的なミスを犯されたことにひやっとしたハプニングでした。

韓国でのトラブル対処法

これらのハプニングからも分かるように、「慎重さ」、「正確さ」、「着実さ」を重視する傾向の強い日本から見ると、韓国のビジネススタイルは、「せっかちだ」、「適当だ」と思われがちです。

では、韓国で仕事をする上で、どのようにトラブルに対処すればいいのでしょうか。

まずは、日韓のビジネススタイルの違いをよく理解し、それを周囲の人と共有することです。いくら留学経験があっても、仕事の経験がなければ、それを理解しているとはいえません。

韓国人の同僚や上司と共有することで、相互理解を促進させ、より働きやすい環境づくりにつなげることができます。

日本語教師や翻訳・通訳、貿易会社や教育機関など、韓国での仕事もさまざまです。しかし、どんな職業であっても、日本と韓国のビジネススタイルの違いについて、周囲に紹介し、話し合うことはできます。

日本の企業に対して、韓国企業の性質にあらかじめ理解を求めたり、同様に、韓国企業に対してアドバイスをしたり、「韓国で働く日本人」だからこそ、できることがあります。

ビジネススタイルの違いをよく理解しておけば、トラブルを予測し、未然に防ぐこともできるようになります

まとめ

韓国で働いていると、日本では考えられなかったハプニングやトラブルを垣間見ることが多々あります。過ぎてしまえば笑って話せますが、その瞬間は相当なストレスを抱えてしまうこともあります。

そんな時は自分を責めるのではなく、「私は両国の文化や習慣をよく理解できているからこそ、トラブルを乗り越えたんだ」と考えましょう。

そして、その問題を周囲と共有することで、会社には欠かせない貴重な人材として頼られることも多くなるはずです。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る